サーフィンを知れば、他のことなどどうでもよくなる波乗りとは、手に入れてはいけない禁断の果実です
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンゲートは波乗りを応援します


サーフィン情報の総合サイトです!
経験者にしか分らないサーフトリップ情報も公開!!
その他、波乗りに関するありとあらゆる情報を掲載してます!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 

新着情報です

2016年の波乗り情報など

2016/9/22 ---
2016年9月の波乗り日記

2016/8/31 ---
2016年8月の波乗り日記

2016/7/12 ---
2016年7月の波乗り日記

2016/6/27 ---
2016年6月の波乗り日記

2016/5/27 ---
2016年5月の波乗り日記

2016/4/30 ---
4月は低気圧通過で波のある宮崎へ

2016/3/12 ---
今年はサーファーが多い

2016/2/21 ---
パドル力強化へ筋トレ

2016/1/31 ---
サーフボードじゃなくて膝がクラッシュ

2015/12/13 ---
エルニーニョのおかげ

2015/11/30 ---
種子島から宮崎へそして日本海へ

2015/10/27 ---
まだまだまだ宮崎滞在中

2015/9/15 ---
まだまだ宮崎に滞在中

2015/8/29 ---
日本の夏の海


サーフィン初心者ならこれを読もう

1、初心者へ - プロサーファーも最初は初心者だ
2、dvdを見てイメージトレーニング - dvdを見て波乗りのイメージを高めよう
3、サーフボードを選ぶ - ショートボード?ロングボード?どっちにする?
4、入門編です - まずは、波乗りのルール・知識を手に入れよう
5、サーフショップ - サーフボード、ウェットスーツを買いに行こう
6、サーフスクール - 何をするにも教えを請えば、上達が早い
7、上達にはパドリングが不可欠です - 意外と見落としがちな事って???
8、テイクオフの練習です - テイクオフが難しい
9、写真 - 自分の波乗りを客観的に観察するべし
10、動画 - 写真より動画を見ると、もっとよく分かる
11、画像 - 波画像、サーフィン画像などを見てイメージトレーニング
12、大会に出てみましょう - 大会に出てみよう
13、波乗りライフを満喫しましょう - 理想の波乗り生活を送る為に



海外国内サーフィンの情報一覧です

海外のサーフィン情報です

スリランカ情報 - 日本人ロングボーダーを虜にするメローなサーフポイントは必見です
プーケット情報 - 知る人ぞ知るプーケット。初心者サーファー必見です
バリ島情報 - 日本人サーファーにおすすめバリ島。極上の波の虜になりますよ

国内のサーフィン情報です

宮城県 - 極上の三角波が拝めるか?
福島県 - 寒かったけど、また行きたいね
茨城県 - 波崎は南風を交わしてくれる
千葉県 - 国内のサーフトリップで千葉県は外せないでしょうね
神奈川県湘南 - 神奈川県湘南は、サーファー憧れの聖地???
静岡県伊豆 - 伊豆白浜の波情報などをお届けします
愛知県伊良湖 - 台風で真価を見せる先端ポイントで極上の波を味わいたい
三重県伊勢 - 伊勢サーフトリップで始めてトップターンが出来たので、思い出の地。
兵庫県 - 冬型の気圧配置、台風通過後の強風でサーフィンが出来まっせ
徳島県 - 内海であるため、ウネリが大きいときに真価を発揮する
高知県 - 生見方面は、関西サーファーが常にチェックしているポイント
宮崎県 - 宮崎日南には極上のポイントもあり
鹿児島県 - インサイドまで連れて行ってくれる感じの優しい波だった
長崎県 - 波の入る確率が低いけど、入り組んだ地形は極上の波だ
熊本県 - 波のある天草は遠いよ〜でもいい波〜
島根県 - 人が少ないので、満喫サーフィンの可能性あり
鳥取県 - 海岸沿いに無数のポイントが存在し、探せば極上の波に出会える
京都のサーフィンと京丹後波情報 - 葛野のビーチブレイクは、一見の価値あり
福井県 - 福井サーフトリップでは、観光が面白かった
石川県 - ローカルが温かいね
新潟県 - 以外に水温が高かった


サーフィンゲートについて

サーフィンとの出会い

当サイトの運営者は、もちろんサーファーです。
サーフィンと出会ったのは、若かりし23歳の頃。
職場の同僚が波乗りをやっている事を知り、その同僚に連れて行ってもらったのが、波乗りと関わった最初です。
波乗りデビューは、高知県の生見海岸まで行きました。今では、波乗りで高知県まで行くのは、慣れもありますのでなんともないですが、その当時は、ちょっとした旅行でした。驚いたことに、その時、初めてサーフィンしたにも関わらず、サーフボードに立つ事が出来、ものすごく嬉しかった事を記憶しています。
何故かはわかりませんが、それから波乗りをすることなく、2年が経過しました。
その間に、二度病気にかかり、入院する羽目にもなりまして、2度目の退院後にこのままでは体が弱っていく一方だと考え、考え、考え・・・。2年前に行ったサーフィンを思い出しました。
その事を、同僚に話すと、あまりいい顔はしませんでした。
その時は、分かりませんでしたが、今なら、なぜいい顔しなかったのかが、分かります。
サーフィンは、楽しいし気持ちいいのと共に、色いろな犠牲の上に成り立っているのが分かるからです。
波乗りを始めて最初に思ったことは、なんて過酷なスポーツなんだと言うことです。
まず、海に行くのにものすごく時間と体力が必要です。
波乗りで高知県の生見に行くのに約200km、京都の久美浜に行くのに約150km、鳥取県の白兎海岸に行くのに約180kmかかります。
そして、お金もかかります。
それは、のめり込めばのめり込むほど、泥沼です。
その泥沼に完全にはまってしまったのが、最初のインドネシアのバリ島へのサーフトリップでした。
そのバリ島へのサーフトリップに行く前までは、お堅い経理の仕事をしていました。
その職場には、経理マンは一人しかいなかったので、当然、4日間もお休みを取ることが出来ません。
でも、どうしても、バリ島へのサーフトリップに行きたかったわけです。
その前年にもバリ島へのサーフトリップが計画され、まだまだ初心者サーファーだった俺は、完全に除外されたので、その雪辱の意味もあったわけです。
その時も、考え、考え、考え・・・。
最終的に、会社に難癖をつけて、辞めてしまいました。
これが社会的ドロップ、そしてサーフィンジャンキーの始まりです。
それからは、静岡県伊豆の旅館でのリゾートバイトがてらサーフィン三昧生活、福島へサーフトリップ、スリランカへサーフトリップ、バリ島へ2度目のサーフトリップ&プーケットへサーフトリップ、宮崎へサーフトリップ・・・・・・・・。

バリ島ウルワツサーフィンポイントのロケーション最高のロケーションです

何が言いたいかと、「サーフィンは最高」「サーフトリップは、モット最高」ってことです。
俺は、まだまだサーフィンとは、サーフトリップとは、って語れるほど、上手くないですけど、その俺でさえ、波乗りの素晴らしさが分かりますから、もっと上達したサーファーはどんな世界を見ているか覗いてみたくありませんか?
俺は、覗いてみたい。
ただ、海外にサーフトリップに行っている割に上達しないのは、俺に波乗りのセンスがないかららしい。
そして、俺の社会的ドロップ生活もそろそろ終わりを迎えそうです。
なので、これからサーフィンを始める、これからバリ島に飛んで、スリランカに行き、プーケットに泊まってなど海外にサーフトリップに行く機会があるサーファーの少しでも助けになればと思い、当サイトを立ち上げたわけです。
「サーフィンを極める」とすごいらしい。
俺は、見ることができなかったけど、その素晴らしいすごさを体感できるように頑張って欲しい。



サーフィン情報に関するお問い合わせへの対応

サーフィン情報がほしいサーファーからのお問い合わせに対応しています。
わかる範囲ですけど・・・。
連絡先は
info@surfing-gate.com
までご連絡ください。
件名には、サーフィン関係のメールだとわかるようにしていただくと助かります。
迅速に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

携帯電話で問い合わせる方は、インターネットアクセスブロックを解除してください。
せっかく情報を送っても、返信不能で返ってきます。
よろしくお願いいたします。


サーフィンゲート >

Copyright (c) 2006/5 StepUp All rights reserved.
Send questions or comments about this web site to メールで問い合わせ(%を@に変換してね)