あなたの理想とするサーフィンライフは、どんなものでしょうか?
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンライフを満喫しましょう


理想のサーフィンライフとは?
週末サーファー?ビーチ沿いに移住?海外に移住?
理想のサーフィンライフを送るために、行動を起こしましょう

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィンライフを満喫しましょう

理想のサーフィンライフを送る

あなたの理想のサーフィンライフは、どんなものでしょうか?
1、週一サーファー
2、ビーチ沿いに移住
3、サーフトリップ漬け
4、海外に移住
日本のほとんどのサーファーが、週一サーファーです。
これも先進国の宿命なのでしょう。
平日はお仕事、土日などの休みを利用して近場でサーフィン、長い休みが取れるゴールデンウィークやお盆、年末年始を利用してサーフトリップってのが、週一サーファーの定番ですね。
僕の周りのサーファーもほとんどがこのパターンです。
僕的には、この生活が我慢できなくて、なかなか職に就く事が出来ません。

意外に多いのが、ビーチ沿いに移住。
ちなみに私もプチ移住したことがあります。
プチ移住なので、二ヶ月ほどでしたが・・・。
移住地として、宮崎・千葉・湘南あたりが多いようです。
移住先として一番多いのは、やっぱり離島でしょうね。
奄美大島、種子島などが有名ですね。
移住で問題になるのが、やっぱり生活の基盤となる仕事の存在。
ネットを介した仕事が出来るサーファーは、今すぐにでも移住サーファーとなれます。
最近は、離島へ先に移住したサーファーのコミュニティーがあるので、移住の相談に乗ってくれるみたいです。
離島への移住を検討しているなら、相談してみましょう。
親身になって相談に乗ってくれますよ。

サーフトリップ漬けとは、半年間ぐらい日本の工場で働いてお金を貯め、そのお金で半年間ぐらい海外にサーフトリップに行く。
いやーーーここまで行くとサーフィンジャンキーですね。
昔は、あこがれたもんですが、真似出来なかったですね。
これの問題点は、工場などで仕事をするので、まとまった時間が土日しかない。
更に、工場の立地場所によっては、サーフィンポイントが近くにない場合がある。
更に、サーフィンに行く足が無い場合がある。
なので、働いている間は、ノーサーフっていう場合もあるので、ちょっと残念なサーフィンライフを送る羽目になる。

それ以上にサーフィンジャンキーなのが、海外に移住するサーファーですね。
もう、サーフィン漬けです。
ただ、働きながらのサーフィンなので、一日中サーフィンが出来るわけでもなく。
でも、毎日一時間、二時間はサーフィン出来るので、かなり上手くなります。
海外に移住するには、サーフィンが好きなのはもちろん、その国が好きじゃないと難しい。
その国が好きで、そこに住んでいる人が好きで、そこの空気・文化が好きで・・・。
その延長線上にサーフィンが好きがあるサーファーだけが満喫できるわけです。

さて、どのようなサーフィンライフを送りたいですか?
今の私のサーフィンライフは、サーフトリップ漬け&週一サーファーという、かなり曖昧なサーフィンライフです。
サーフトリップは好きだけど、ずーーーっと行くと疲れるので日本に帰ってくる。
でも、帰ってきたら、やっぱりサーフトリップに行きたくなる。
でも、何度も何度もサーフトリップに行くにはお金が必要。
でも、働いていないので、お金がない。
それでも、サーフトリップに行きたい。
解決策として、働かなくてもそれなりにお金が入ってくる。
そうすると、お金の心配をしなくてもサーフトリップにいくことが出来る。
バンバンザイです。
まぁ、そんなにいいぐあいにサーフィンライフを送れるわけがないんですけどね。
理想のサーフィンライフを送るために、がんばりましょう。