徳島県のサーフィン情報を公開!北部の内海では、シェイプされた極上波でサーフィン!!
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

徳島県サーフィン


徳島県のサーフィン情報を公開!
徳島県には、度々サーフトリップに訪れます!!
真価を発揮するのは、台風通過後。!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 徳島県のサーフィン情報

徳島県のサーフィン&サーフトリップ情報

いい波が立つ鳴門ですが、波情報を積極的に公開してないようなので

サーフィンポイント 鳴門
海底について ビーチ
ビーチの方向 南東
サーフポイントの詳細

ここのポイントは、台風時か大きな低気圧の通過が条件です。
あまり情報誌にのっていないので、これぐらいで、勘弁。


徳島の小松海岸は地形とウネリの向きが決まれば最高です

サーフィンポイント 小松
海底について ビーチ
ビーチの方向 南東
サーフポイントの詳細

ここも情報誌に載ってないので、一言だけ。
基本は、ダンパーの波。


内妻でのサーフィンはロータイド時がメインです

サーフィンポイント 内妻
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

この近辺で南のうねりに敏感に反応するのが、ここ、内妻ポイントだ。
基本的には、ローカルポイントとなっていて、しかも、車を駐車するスペースが、少ないため、あまり、行く機会がない。
ここの波の特徴は、サイズがないときは、かなりのたるめで、メローとはいいがたいがなかなかだ。
ただ、基本的に東ウネリが大きくなった時にかわすポイントです。
なので、あまりいい波とは言えない。
ほとんどがダンパーの波です。


河口なので力のある波ですが、見学だけでお願いします

サーフィンポイント 海部川河口
海底について 河口
ビーチの方向 南東
サーフポイントの詳細

まず、最初に断っておきますが、ココはローカルなど特殊など人以外は入らないようにお願いします。
河口ですので、見た目よりパワーがあります。見た目に惑わされ危険な目をしているサーファーも多いです。
また、あまり上手くないサーファーが入ると、上手い人の迷惑です。人の迷惑も顧みないサーファーがどこかへ行きましょう。
ココは、見学だけにすること。お願いします。

河口だけあって、パワーはかなりあります。そして波は掘れています。
その時に地形にもよりますが、まぁ〜〜〜パーフェクトです。
テイクオフから掘れてまして、上手い人ならテイクオフからチューブ狙い。その為テイクオフもレイト気味でポケットになったところへ、「スッ」と入っていきます。
見ていて気持ちがいいですね。
河口のポイントですので、長く乗れるわけではないですが、波が綺麗だからアクションも掛けやすいですね。
これも見学だけでもじゅう〜〜〜ぶん勉強になります。
では、そんな動画をどうぞ。


宍喰でのサーフィンはロータイド時がメインです

サーフィンポイント 宍喰
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここの特徴は、インサイドにテトラが投入されているので、潮が引いたときにしか、サーフィンが出来ないことです。
昔は、右側の堤防付近での波乗りが出来たが、いまでは、堤防左にテトラが投入されて、すっかり地形が変わってしまった。
カレントが強烈に発生す時があるので、初心者サーファーは要注意が必要です。

ここでの思い出は、カレントの怖さを知ったことだ。
マジで、やばいと思ったところへ、たまたま波が来て、それになんとか乗ることが出来、無事生還。
カレントは、初心者には、猛毒です。


宍喰でのサーフィンはロータイド時がメインです

サーフィンポイント 鳴門北インター
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここの特徴は、インサイドにテトラが投入されているので、潮が引いたときにしか、サーフィンが出来ないことです。
昔は、右側の堤防付近での波乗りが出来たが、いまでは、堤防左にテトラが投入されて、すっかり地形が変わってしまった。
カレントが強烈に発生す時があるので、初心者サーファーは要注意が必要です。

台風や低気圧の通過で徳島県や高知県の太平洋に面したビーチがクローズすると鳴門北インター付近までウネリが入ってきます。
ただ、正式名称?サーフィンポイント名があるかどうかは分からない。みんながみんな「鳴門北インター」と呼んでいるだけの話。
鳴門北インターを降りて南に少し走ると漁港があり、そこがサーフィンポイントだ。
テトラのせいか、カレントが発生する場合があるので注意が必要。僕の知り合いも流されたことがある。くれぐれも注意が必要です。


台風などで波が大きくなった徳島県が狙い目です

最近の傾向ですが、あまりにもサーファーが増えすぎました。
一昔前だと、徳島県へサーフィンに訪れるサーファーも少なく、それなりに満喫出来ました。
が、最近の徳島県は、サーファーだらけです。
サーファーの増加とともにやはりマナーも悪くなりつつあります。
一番マナーの悪いのが、前乗り。
非常に危ないし、喧嘩の原因になるので気をつけましょう。
万が一、自分が前乗りをしてしまったら、大きな声で謝りましょう。

サーファーの宝物である台風。
台風が発生すると喜ぶのはサーファーだけじゃないでしょうか?
ただ、嬉しい台風ですが、休みに合わせて移動してくれるわけもなく。
せっかくの休みの日にサーフィンポイントの近くに居る場合は、ただの邪魔者でしかない。
そんな時、関西サーファーなら迷わず、徳島県へサーフィンに出かけよう。
台風が近くに居る時は、鳴門など。
もっと近くに居る場合は、徳島県をあきらめて兵庫県へどうぞ〜〜〜。
ちょっと近い場合は、小松など。
遠ざかっている時は、宍喰などがいい感じで波乗りが出来ると思います。
ただ、初心者サーファーは自分の力量を見極めた上で海に入りましょう。
後の祭りにならないようにしてください。


サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 徳島県のサーフィン情報