日本海に面した鳥取県のサーフィン情報をお届けします。青谷白兎岩戸など
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

鳥取県青谷などサーフィン情報


鳥取県のサーフィン&波情報を公開!
鳥取県には、度々サーフトリップに訪れています!!
鳥取県には、青谷、白兎、岩戸など無数のサーフィンポイントが点在しています!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 鳥取県青谷など

鳥取のサーフィン&波情報

サイズが小ぶりでも走れる波があるのも東浜の特徴です

サーフィンポイント 東浜
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

大坂サーファーを始め兵庫などからもサーファーが集まるので、たまに混雑している時があります。
ビーチが穏やかな時は海水もかなりきれいですが、サーファーがそれを目にするときは、サイズが足りない時、、、だから残念。
でも、サイズが小さくてもコンパクトなクリーンな波で楽しめるのも東派までのサーフィンの魅力。
ただし、カレントがきつい時があるので、注意が必要。


鳥取でも風を交わすポイントですので、オンショアが強い時は要チェック

サーフィンポイント 羽尾
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここの特徴は、左に山があるために、北西のうねりを軽減してくれることです。
日本海の波の立つ条件は、冬型の気圧配置である、西高東低がきまり、風が吹き、その風によって、うねりが発生することなので、そのうねりを軽減してくれる羽尾は、かなり重宝するはずだ。


鳥取の東では、白兎に次ぐメジャービーチが浦富です

サーフィンポイント 浦富
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここいらで、一番のメジャーポイント。
とりあえず、浦富を波チャックしてから、他を見に行くみたいな感じ。
たまに決まって、無風時には、形のいい波がインサイドで立つ。
ただ、アウトで割れた波がインサイド付近で消されたりするので、かなり地形に左右されるのも「浦富サーフィン」の特徴。


アウトに堤防が入ったためにでか波でもサーフィン可能です

サーフィンポイント 岩戸
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

昔は波も良かったんですが・・・。
今では堤防がウネリを遮ってしまって、でか波じゃないと岩戸でサーフィンが出来ません。
堤防が無ければ、白兎に続き岩戸もサーフィンポイントとして有名だったんですよ。
でも、でか波の時は、いい感じの波乗りが出来ます。
堤防があるおかげで波に切れ目が出来てキャッチしやすい。
何度か美味しい波を頂きました。
堤防が出来て良かったのかも???


鳥取のメジャービーチが「白兎海岸」です

サーフィンポイント 白兎海岸
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

この付近で最も、有名なポイント「白兎海岸」でサーフィン。 冬型の気圧配置で、一番敏感に反応するサーフィンポイントで、ここが無ければ、他もないだろうって感じで、まず、最初に波チェックするポイントです。
白兎海岸でのサーフィンは、左の岩場付近と正面、右側と大まかに分けて三つのポイントがある。
どこがいいかはその時の地形次第だが、岩場付近が地形が決まりやすいようでいい波が立つ時が多い。
ただ、他も地形次第では面のきれいな波乗りを堪能できる事が多いのも白兎海岸でのサーフィンです。


若干、湾になっているので風を軽減してくれるし地形が決まり易いみたいです

サーフィンポイント 小沢見
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここでのいいライディングのイメージはないな。
でも、自分以外の人の話では、いい波が立つみたいだ。
次回に期待。


左側が堤防になっているので、アウトに出るのが非常に楽です

サーフィンポイント 船磯
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

左側の堤防から割れるグーフィー、ビーチ正面から割れるレギュラーがメインブレイクです。
堤防のおかげか、地形が決まり易いので、サーファーで混雑する時があります。
そんな場合は、他所へ移動しよう。


アウトのタルメの波とインサイドの掘れた波が楽しめる

サーフィンポイント 青谷
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

青谷サーフィンポイントは、鳥取を代表するビーチブレイクです。
代表するようなポイントなので、土日はもちろん平日でも波が上がればサーファーが集結します。
特に土日は混雑必至。
満喫サーフィンがしたいなら青谷を避けて、白兎や船磯、浦富など他のビーチブレイクへ行ったほうがいい。
青谷でのサーフィンは、右側が堤防などの影響でタルメの波、中央や左側はダイレクトに波が入ってくるのでキツメの波です。
ロングボーダーと初心者サーファーは、右側で波乗りするのが無難です。
中級者は、中央か左側で波乗りしましょう。
青谷は全体的にウネリがまとまりやすいようで他のポイントがダメでも、ここなら大丈夫という日が多い。
青谷は、とりあえず、波チェックは外せないサーフィンポイントです。
注意事項
青谷サーフィンポイントは、非常に駐車場が狭いです。
トイレの周りに数台止めれる駐車場と漁港横に駐車場がありますが、いずれもサーファー用ではありません。
でも、平日にかかわらず土日もサーファーの車で一杯になります。
更にそこに止める事が出来なかった車は、なんと路上駐車をする始末です。
更にひどいのになると、私有地にまで車を止めています。
あまりにもマナーが悪いので、一度、青谷はサーフィン全面禁止になった事があります。
今は解除されましたが、路上駐車は禁止、私有地に止めるのも禁止です。
駐車場がなかったら、白兎や船磯など他のサーフィンポイントに移動しましょう。
青谷でサーフィンがしたかったら、禁止事項は厳守するように。


ウネリがダイレクトに入るようで、鳥取の他のポイントより1サイズ大きい

サーフィンポイント 石脇
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

入ったことはあるが、ここの記憶は、ないな。


鳥取西部に行くと、リーフが楽しめるが赤崎はその入口にあたるポイントだ

サーフィンポイント 赤崎
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフポイントの詳細

ここの特徴は、なんと言っても、リーフなので、形が整いやすい。
ここでの思い出は、大事にしていた板をクラッシュしたことだ。
調子に乗って、ガツガツ波に乗っていたら、インサイドにいた人をよけ切れず、突っ込んでしまった。本当に申し訳ない。
鳥取は、これより西にたくさんぽいんとがあり、ビーチ・玉石・リーフなどなど、非常にたくさんの変化に富んだ波乗りできる場所があるので、是非探してほしい。

鳥取にはたくさんのサーフィンポイントがあります。それらをまとめたサイトがあるのでご紹介します。鳥取サーフィン情報です。


鳥取でサーフィンする時に気をつけたいこと

声を大にして言いたい「ポイント選択に迷わないこと。いい感じ、と思ったら海に入れ」です

鳥取は東西に長い海岸線を持ち、その大部分で波乗りが出来ます。嫌になるほどポイントが多いんですよ。その結果、波チェックに時間がかかっていい時間帯を逃す、いろいろ見て回った挙句に最初に見たポイントがよかった、日本海マジックである波チェックの間に波が無くなっちゃった。なんて事が多々あります。ということで、いいなと思ったら迷わず入る。行く前に決め打ちで「今日はココで入る。」ぐらいの気持ちでもいいぐらいです。と言いながら管理人もポイント選択には今でも悩まされています。一時間なんてざらですからね。

そんな迷えるサーファーを救うため?に、自分のために鳥取のサーフィンポイント情報が掲載されたサイトの紹介です。行く前にこれを見て、今日のウネリの向きだったらココだな、今日の風向きだったらココだな、などなど妄想するのも楽しいですよ。波情報などを掲載している「鳥取サーフィン情報」もお勧めです。



サーフィンゲート > 国内海外のサーフトリップ情報 > 鳥取県青谷など