スリランカのサーフィンは南西のヒッカドゥワ11月〜4月、東のアルガンベイ5月〜10月に分かれます
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

スリランカサーフィン

スリランカのサーフィン日記を公開!
スリランカサーフトリップ情報も公開!!
掘れた波、メローな波、ロングライドできる波、豊富な波がそろってます!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > スリランカ

スリランカのサーフィンポイント情報

スリランカの地図です ヒッカドゥワ ミディガマ メリッサ

スリランカのサーフィンメッカです

サーフィンポイント ヒッカドゥワ
海底について ビーチ&リーフ
ビーチの方向 西
サーフィンポイントの詳細

さすが海外と言わんばかりのパワーのある波。
サーフィントリップ期間は、10月末から12月末まででした。
はじめは、マンボーゲストハウスという、サーフィン雑誌などに載っている宿の前のビーチ&リーフでサーフィンが出来、徐々に南へ南へとブレイクポイントが変わっていきました。
話によると、砂が移動する関係らしいです。
最もメジャーなポイントが、サーフィンビーチゲストハウスの正面から割れるライトの波
サイズが大きくなってから、真価を発揮するのが、メインサーフィンポイントの更に奥から割れるレフトの波。
ライトの波は、早いが、レフトの波は、メローな感じで、初心者でも満喫することが出来ます。
ただ、テイクオフは、かなり掘れた感じなので、注意。
海外特有の現象で、急にでかいセットが入ってくるので、それにも注意が必要。
調子に乗ってると、セットをくらい、海底のリーフに叩きつけられ、怪我をすることがある。
経験者は語る。
メインポイントから南に数分歩くと、完全にビーチなサーフィンポイントがあります。
滞在期間中、2度しかサーフィンしなかったことを考えると、あんまりいい波が立つ場所ではないみたいですね。


ロングライドできるレフトの波が最高です

サーフィンポイント ミディガマ
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

ここの特徴は、レフトのロングライドが出来るところです。
また地形がビーチ(ライトの波はリーフがあるが)なので、安心して、波乗りが出来る。
また、目の前にゲストハウスがあるので、移動する手間がないことも大きなメリットです。


ロングボーダーを虜にするメローな波です

サーフィンポイント メリッサ
海底について リーフ&ウニ
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

メリッササーフィンポイントは、スリランカサーフィンポイントの中で一番好きなポイントです。
なんと言ってもロケーションが最高。
まさにこここそ、サーフトリップに来た気持ちにさせてくれる。
ヒッカドゥワからトゥクトゥクで約二時間かかるのが難点ですが、ミディガマに宿を取り、移動すると約20分で行くことが出来る。
メリッササーフィンポイントの魅力に取り付かれたら、ミディガマ周辺で宿を探してみよう。
ここの波の特徴は、ものすごくメローな波ってこと。
ロングボーダーは、絶対行ったほうがいいですよ。
メローな波にメローな気持ちで、サーフィンする。
最高。


スリランカのサーフィン情報をお届けします

2004年の情報ですので、2011年時点では値段は倍ぐらいになってるようですので

1.スリランカの宿情報

宿は、ヒッカドゥワサーフィンポイントに点在しています。
値段は、300円から5000円。
ただ、300円の宿は、かなりやばいらしいです。
ビーチ沿いの600円の宿が一番良かったですよ(俺は泊まってませんが)
1000円辺りが妥当な値段ではないでしょうか。
ミディガマサーフィンポイント周辺にも宿があります。
ミディガマ、プランテーション、メリッサなどを中心にサーフィンするなら、こちらで宿を取るのも一つの手です。
俺自身も、ヒッカドゥワに飽きたら、1週間ぐらいミディガマに滞在し、サーフィンを満喫しました。
ポイントの目の前に宿があり、「ヒルテン(確実にヒルトンのパクリです)」一日700円ぐらいでした。
ただ、津波被害で今は営業しているかどうか???
アハンガマサーフィンポイント前にも宿がありましたが、かなり高かったです。(といっても、2000円ぐらい

2.スリランカのサーフィン情報について

スリランカの南西に位置するヒッカドゥワ方面は、10月末から4月末まで、サーフィンが出来ます。
スリランカの東海岸に位置するアルガンベイ方面は、5月初旬から10月初旬まで出来るみたいです。(こちらは、聞いた話なんで、あしからず)

3.スリランカサーフィンポイント情報

#ヒッカドゥワメイン
ライトがメインですが、若干メローなレフトもいい波でした。
#ヒッカドゥワマンボーゲストハウス前
ライトブレイクで11月中旬までがメインみたいです。
#ヒッカドゥワビーチ。(名前は適当です)
何度か入りましたが、かなり早いブレイクでした。
#アハンガマ
パワーのある波らしいです。(見ただけで入ってません)
真っ二つに割れたロングボードを見かけました。
#ミディガマ
レフトがメインのメローなビーチポイントです。
かなりロングライドが出来ます。
#プランテーション。
ライトがメインのまとまりのない波が多かったです。
#メリッサ
かなりメローで、ロングボーダー必見です。
その他、シークレットポイントもあるみたいですが、情報はありません。
ローカルと仲良くなって連れて行ってもらいましょう。
ヒッカドゥワ周辺にあるみたいですよ。

4.スリランカのビザ情報

2012年最新情報 ビザなしで行けたスリランカですが、2012年から制度が変わり、ビザが必要になりました。
ただ、ビザの取得はネット申請でオーケーのようで、他国のビザのように領事館や大使館にパスポートを郵送して、、、などの煩雑な手続きではありません。
滞在の延長は、以前のように6カ月まで出来るようです。手続きに関してはどのような流れ、どこで行われるかは不明ですが、、、」

5.コロンボ空港からヒッカドゥワまでの移動

空港から出口に向かう途中にタクシーの受付が多数あります。

6.スリランカへの持参品

お勧めなのが、蛍光灯か懐中電灯。
電力事情が不安定なので、結構停電がありました。
そんな時に役に立ったのが、簡易蛍光灯です。
現地でも、単三電池が売ってますが、蛍光灯か懐中電灯を持っていくサーファーは、日本で電池を調達しておくことをお勧めします。
電池の持ちが、日本製とスリランカ製では、全然違いますから。

7.スリランカの料理情報

基本的になんでもあります。
イタリアン、フレンチ、簡単な中華。
俺が行った時点では、和食は無かった。(2004年10月〜12月)
スリランカの主食料理は、カレー。
日本人的カレーではないけど、いわゆる本場のカレー。
美味い店もあれば、不味い店もあり。
スリランカローカルが食べるカレーは、いまいちのが多かったですね。
めちゃくちゃ安いけど・・・。
ホテルのレストランで食べた方が、無難です。
名前は、忘れたけど、ビーチ沿いのホテルのレストランの卵カレーは、そこそこ美味かったな。
食べたらダメなのが、肉料理。
肉が、硬い硬い。
ゴムみたいでした。
噛んでも噛んでも、なかなか千切れない。
豚肉は、まだマシだったけど、牛肉だけは、勘弁だね。
スリランカには、約二ヶ月居たけど、最後の方は、飯に飽きて、パンとかクッキーを食べてました。
料理には、期待しないほうがいいですよ。


スリランカのサーフィン旅行記をお届けします

2004年の情報ですので、2011年時点では値段は倍ぐらいになってるようですので

サーフトリップへの道

夏のリゾートバイトが終わり、お金をそこそこ貯め込んだ僕は、海外へ行くことを考えました。
サーファーである以上、波のあるところが第一の条件です。
いろいろ考えた結果、以下の候補が上がりました。
1、バリ島
2、スリランカ
3、オーストラリア
第二の条件として貯めたお金と少々の貯金で滞在中の生活費がまかなえる事。
リゾートバイトで約30万円ほどを貯めました。
海外へは、長く滞在して半年ぐらいを考えていたので、月の滞在費が7〜8万円ぐらいの場所が妥当でした。
そう考えていくと、オーストラリアは無くなり、バリ島とスリランカが残りました。
で、消去法的に、一度行った事があるバリ島を削り、スリランカへ行く事が決定しました。

スリランカサーフィン情報を入手

行き先は決まったものの、スリランカのサーフィン、生活、料理情報など完全な無知状態です。
そこで、定番の「地球の歩き方スリランカ」を買いました。
今もその本を持っていますが、これは秀逸です。
全く情報を持っていない旅行者は、まずこの本を買うべきです。
値段は、そこそこしますが、価値以上の物を手に入れる事が出来ます。
本を読んでいくと、ちょっとづつスリランカ情報が入ってきます。
通貨はルピーでレートがだいたい1.2、首都がコロンボ、空港から滞在予定の場所までが遠い、ホテルの相場が500円〜1500円、一ヶ月以内の滞在だとビザが無しでオッケー、ビザの延長もイミグレーションで申請すれば簡単にオッケー・・・。
知りたい情報は、これ一冊で手に入りました。

スリランカ旅行の準備

次に旅行の手配です。
まずは、航空券の手配です。
滞在日数が半年の予定だったので、半年オープンのチケットにターゲットを絞りました。
航空会社をどこにするか迷いましたが、やっぱりシンガポール空港にしました。
次にホテル。
地球の歩き方に掲載されていたゲストハウスにメールを送ると、返信があったので、そこに決めました。
朝食込み、水とファンのみ、一泊800円ぐらいでした。
ホテル名は、タンデムゲストハウス、意味を聞くと二輪車だそうです。
問題は、空港から滞在場所までの移動です。
旅行初心者の俺にとって何事も手配をしていないと心配だったのですが、手配の仕方がまるで分からない。
インターネットで情報を検索してみても、これだという情報が出てこない。
仕方がないので、スリランカ情報を扱っている掲示板に質問を出すと、在住の方から返信を頂きました。
そこで、その方にタクシーの手配をお願いしました。
これで旅行もバッチリです。

トラブル発生するも無事にスリランカに到着

旅行の出発当日となりました。
関西空港に行き、搭乗手続きをし、シンガポール航空でチャンギ空港でトランジットを数時間し、再び飛行機に搭乗し、真夜中にスリランカ空港に到着しました。
入国手続き、荷物の回収し、空港を出てから、はたと困りました。
そういえば、待ち合わせ場所などを詳細に決めていませんでした。
飛行機の到着日時などを伝えてはいましたが、待ち合わせの場所の指定が「空港を出てロータリーで待ってます」だけだったのですが、そのロータリーが見当たりません。
空港を出るとタクシー会社のカウンターしか無いんですよ。
これは、非常に困りました。
英語も出来ないし、旅行初心者だったのでプチパニックです。
しょうがないので、数あるタクシー会社の中から一つを選び、タクシーを手配しました。
確か、4000円ぐらいだったと思います。
スリランカへ行かれる方は、空港を出るとたくさんのタクシー会社がありますので、事前に手配する必要はないですよ。

ヒッカドゥワまでが長かったし死ぬかと思った

空港から滞在場所までは、時間にして約5時間。
それはそれは、長旅です。
飛行機で疲れ、タクシーで疲れ、更に道が悪く交通道徳の悪さに疲れ、三重苦です。
約5時間の長旅を終えて滞在場所に到着しました。
が、目的のゲストハウスがどこにあるか皆目検討がつきません。
タクシーの運転手もあきらめ顔です。
面倒くさくなったのか、そこら辺にある適当なゲストハウスに入っていきました。
で、タクシーの運転手が勝手に宿を決めてしまいました。
その宿での記念すべきスリランカ一発目の写真がこれです。
スリランカのホテルにて
朝の5時にこのホテルに到着し、とりあえず寝て、昼に起きて、目的のゲストハウスを探しました。
ココから、南に下ること約1kmの場所にタンデムゲストハウスがありました。
部屋に荷物を降ろし、速攻でサーフボードの梱包を解き、海に向かいました。
水が綺麗で暖かく、更に波が良くて最高です。
今までの疲れも一気に吹き飛びました。
スリランカでのサーフィン初日は、最高な出だしとなりました。
ヒッカドゥワはスリランカを代表するサーフィンポイントです

サーフトリップの醍醐味は、現地で食べる飯にあり

夕方までサーフィンをして、宿に戻りシャワーを浴びて、夕ご飯の時間です。
ここで問題です。
ある程度の料理事情を手に入れてはいたんだけど、実際のところはどうなのよ???
情報によるとカレーしかないみたいだし・・・とりあえず、街を散歩していると、レストランが点在しています。
その多くは、ホテルに併設されているみたいです。
ただ、俺の好きなレストランというのは、こじんまりとしていて人が少なく、ローカル風食堂のようなところです。
散歩をしていると理想的な食堂を見つけました。
これで俺の常食食堂が見つかりました。
さて、メニューですが、中華風のようです。
とりあえず、一発目の食事は、当たり外れの無いチャーハンとビールを頼みました。
ビールは、旨くは無いけど、不味くも無く、まぁ合格点レベルです。
問題はチャーハンです。
不味くは無いんですが、旨くも無く、微妙な判定です。
更に問題点は、料理の量が半端なく多い。
ゆうに三人前はありそうです。
もちろん、食いきれません。
滞在中はこの食堂をほぼ毎日利用しましたが、他のメニューもデカ盛りでした。
スパゲティー、カレーなどももちろんデカ盛りで、サラダまでデカ盛りです。
最後のほうは、残すのが勿体無かったので、量を半分にしてもらいましたが、値段まで半分になってました。
そういうつもりで言ったんじゃないんですけどねーーー。

旅の醍醐味は、現地人との触れ合いにあり

俺が滞在したゲストハウスには、同じ年ぐらいの従業員がいました。
名前は、デミ(発音が難しいんですが・・・)
俺もサーフィン以外はやる事がなかったし、デミとちょこちょこ会話するようになりました。
といっても、かなりカタコトの英語なので、本当に通じているのか微妙でしたが。
買い物を頼んだり、宝くじを買ってきてもらったり・・・長期滞在だったこともあり仲良くなりました。
そんなある日、「家に来い」とお誘いを受け、家にお邪魔しました。
招待された家は、掘っ立て小屋とは言わないが、日本だったらまずないような粗末な家でした。
家に着くと、お母さんが出迎えてくれて、帽子をプレゼントしてくれました。
家にはココナツの木があり、その実をご馳走になりました。
それから、家に入り、お昼ご飯をご馳走になりました。
もちろん、スリランカの主食であるカレーです。
レストランでも散々カレーを食べましたが、コレが一番美味しかったです。
特にオクラのカレーが美味かった。
こういった現地生活を体験し、人の優しさに触れることがサーフトリップの醍醐味でもありますよね。

長期滞在に向けた短期滞在ビザの延長

ビザなしで来ているので、一ヶ月で滞在期限が切れます。
そこで、ビザが切れる前にイミグレーションに行く事にしました。
イミグレーションの場所は、滞在場所から車で約4時間。
しかし、貧乏旅行者だったし、便利が良さそうだったので、電車で行く事にしました。
海外での初電車だったので、緊張しました。
切符の買い方は地球の歩き方に書いてあります、イミグレーションの場所も書いてあります、なんでも書いてありますわ。
朝に出発し、イミグレーションに着いたのが昼前、手続きが終わったのが昼過ぎ、近くにケンタッキーがあったのでお昼を食べ、電車に乗って首都のコロンボに向かいました。
コロンボは、ちょっと近代的な都市でしたが、一歩外れるとガラッと風景が変わります。
で、夕方前にコロンボから電車に乗り、滞在場所に戻りましたが、失敗しました。
ちょうど、帰宅ラッシュ時間と重なりました。
電車は、満員御礼です。
こういっちゃ何ですが、こちらの人は体臭が・・・なのです。
ある意味、非常に疲れました。

バナナは、誰も裏切らない

滞在場所からちょっと離れたところまでサーフィンに行きました。
ちょっと小腹が空いたなーーーなんて思っていると、道端にバナナを売っているおじさんがいます。
バナナを一本ちょうだいと言ったのですが、一房渡してきます。
いやいやいや、一本でいいからと言っても、一房渡してきます。
面倒くさくなったので、一房をもらい、お金はいくらか聞きました。
すると、10ルピーだと???
安過ぎないですか???
こちらの物価を考慮したとしても、かなり安過ぎです。
おじさんにとっては、タダで手に入るバナナを高く売ることはできないようです。
サーフィンに行く道中にバナナを食べましたが、かなり旨い。
海外に行っていつも思うのは、バナナだけは裏切らない。

ホテルなのに従業員が居なくなるって・・・

滞在場所から車で約3時間の場所にサーフィンポイントのミディガマがあります。
ミディガマの波はそこそこ良くて、人も少ないので最高のポイントです。
ミディガマサーフィンポイントです
ポイントの目の前にホテルがあり、そこに一週間ほど滞在しました。
名前がヒルテンというんですが、完全にヒルトンのパクリです。
ヒルトンホテルのパクリ?ヒルテンホテル
食事はというと併設のレストランがあるのですが、これが不味い。
スリランカ料理独特の香辛料というか葉っぱを入れるので、かなり癖があります。
葉っぱを抜いてくれと何度も頼みましたが、いつも葉っぱが入っています。
ヒルテンに滞在して四日目に支配人らしき人物がいなくなりました。
急に実家に戻ると言い出しました。
次の日には、一人の従業員も実家に戻ると言い出していなくなりました。
次の日には、もう一人居なくなりました。
で、残った従業員は、たったの二人になりました。
この従業員がダメダメで、「皆居なくなった、どうしたらいいか?」と俺に聞いてきます。
そんなの俺の方が聞きたいぐらいです。
先に宿代として払ったお金はどうなるんだよ。
次の日にオーナーであるイギリス人がやってきました。
お金を先に払っている旨を伝えると、それは大丈夫と言ってくれました。
それにしても、突然従業員がどんどんいなくなるなんて、一体全体、なにがどうなっているのか?

飯が限界じゃーーー

スリランカに滞在して二ヶ月目を迎えました。
サーフィンは満足してたんですが、飯が限界です。
ご飯を食べたくないので、クッキーを食べたりもしていました。
そんな時、現地で知り合った日本人と旨いものを食べに行く事になり、日本食レストランがあるコロンボに行きました。
めちゃくちゃ旨いわけではないけど、久しぶりの日本食に大興奮です。
特に酢の物が懐かしかったです。
これが決め手となりました。
もう、限界だといわんばかりに、この食事をした次の日には、帰りの飛行機の手配をしました。
半年の予定が三分の一の二ヶ月で帰国の運びとなりました。


サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > スリランカ