サーフィンには、テイクオフが不可欠です。パドルの後には、テイクオフの練習です
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンとテイクオフ


サーフィンが上手くなりたかったら、テイクオフを練習しましょう
まずは、陸上トレーニングでテイクオフを練習します
その陸上トレーニングで練習したテイクオフを海で反復反復反復します

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン上達にはテイクオフの練習です

テイクオフを身につけよう

さぁ、テイクオフです
大概の初心者サーファーは、テイクオフが一番重要と考えているようです。
が、それは間違いです。
パドルです。
パドルが一番重要です。
パドルの次にテイクオフです。
なので、テイクオフの練習に入りたいサーファーは、パドルが出来てからにして下さい。
パドルがある程度できてから、テイクオフの練習に入ってください。
テイクオフを簡単に解説します。
1、沖合いからウネリが来る。
2、それに乗るためにパドルを開始する。
3、ウネリを見ながらパドルをする。
4、ウネリとサーフボードが一体となった瞬間、サーフボードが「スーーーッ」と動き出す。
5、動き出した瞬間にサーフボードの上に立つ。
どうでしょうか???
文字だけを見ると、簡単そうですよね。
実際は、非常に難しいです。
初心者サーファーの第一の関門と言えるかも知れません。
ただ、これも練習練習、反復反復で克服するしかありません。
テイクオフは、陸上トレーニングの練習によって補える部分があります。
サーフボードの上に立つ動作です。
この動作がスムーズに行えるように陸上トレーニングで練習することが出来ます。
陸上トレーニングする際には、「パドルしながら立つ」動作を練習しましょう。
この時もウネリが近づいているイメージを持ちながら練習したほうが上達が早いです。
そのイメージを頭に描きながら、海に入りましょう。

サーフィンのテイクオフ詳細解説
1、沖合いからウネリが来る。
ウネリは、分かりますか?
ウネリが分からないとテイクオフ上達は、あり得ません。
2、それに乗るためにパドルを開始する。
パドルは、マスターしてますか?
ウネリが崩れる場所へとパドルして行きましょう。
3、ウネリを見ながらパドルをする。
サーフィンが上手くなると、この作業はあまり必要ではありません。
が、初心者の内は、ウネリの状況が分からないので、出来るだけ見るようにしましょう。
4、ウネリとサーフボードが一体となった瞬間、サーフボードが「スーーーッ」と動き出す。
パドルのスピードとウネリの速さが重なると、サーフボードが動き出します。
その時の擬音が「スーーーッ」です。
この感覚とつかみましょう。
5、動き出した瞬間にサーフボードの上に立つ。
(1)脇腹あたりのサーフボードに腕立て伏せをする感じで手の平を置く。。
(2)腕をプッシュしながら上半身をそらせる。
(3)上半身を反った反動を使い、腰をあげる。
(4)胸と前足の膝をくっつけるつもりで体を曲げる。
(5)自分のスタンス位置になるように足をつく。
(6)腰を落としてバランスをとる。
(7)手をサーフボードから離す。
この一連の動作を高速で行うとサーフィンでいうテイクオフとなります。
ですが、初心者サーファーが高速で行うなんて無理です。
最初は、スローテンポで行います。
で、徐々に高速で行えるようになりましょう。
これは、陸上トレーニングでカバー可能です。

陸上トレーニング
ぶっつけ本番で上手くいくわけがない。更に言えば、ウネリを見つけて本番となると、、、時間もかかるし、体力もつかうし、上達するものも上達しない。。。時間がかかり過ぎる。
そこで、取り入れたいのが陸上トレーニング。陸でテイクオフの練習をして、海での本番を迎える。。。これは、非常に大事。。。上達も早い。。。特に週末サーファーには、、、。
トレーニングの方法ですが、、、何も難しくない。テイクオフの姿勢を取り、ウネリが来ました〜〜〜パドルしますよ〜〜〜立ちますよ〜〜〜でオッケー。。。その時にこの立つ動作を早く行う事を気を付けるだけ。
簡単でしょ。これだけで上達速度が「グッ」とあがります。

スープで練習
陸上トレーニングで本番に備えたら、次に、本番の予行演習を行いましょう。それが「スープ」での練習。
スープとは、ウネリが崩れた後の、、白い泡状の波の事。アレでテイクオフの練習をするんです。
さっきも言いましたが、ウネリで練習するほど、波が来ないし、他のサーファーの邪魔になるし、そうなったら怒られるし、、、ということで、スープで練習。これが思いのほか効果大なんです。
スープが来ました、パドルを開始、サーフボードが「スーーーッ」と走り出したら、テイクオフ。。。ウネリでの練習となんら変わらない。そして、スープはどこにでもあるから練習し放題。。。こんなお得な練習方法を取り入れないなんてもったいないですよ。

備考
スタンスがグーフィーのサーファーもテイクオフの要領は同じです。
違う点は、上記(4)のスタンスの部分です。
レギュラースタンスは、左足を胸にくっつける感じにしますが、グーフィースタンスのテイクオフは右足を胸にくっつける感じにします。
それ以外は、まったく同じです。
また、ロングボードについても同じです。

一言
テイクオフは、いかに早く立つかが重要です。
早く立てないと、レイトテイクオフとなります。
初心者だとレイトテイクオフだと確実にパーリングか波に置いていかれるかのどちらかです。
ただ、上級者だとわざとレイトテイクオフをする場合があります。
それは、チューブを狙う時にタイミングを見計らないながらレイトテイクオフをする場合です。
これは一般的ではないので、初心者くれぐれも真似をしないように。
テイクオフは如何に早く立つ事が出来るかが勝負です。