高知県でサーフィンをした事が無い関西サーファーは、ほぼいないはずです
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

高知県サーフィンと波情報


高知県のサーフィンと波情報を公開!
高知県には、度々サーフトリップに訪れています!!
思い出は、双海。サーフィンで初めて死にそうになりました!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンTOP > 海外国内のサーフトリップ情報 > 高知県サーフィンと波情報

高知県サーフィンと波情報

高知県のサーフィン地図です 入野 双海 平野 生見サーフィン 尾崎

中村方面を代表するサーフィンポイントです

サーフィンポイント 入野
海底について ビーチ
ビーチの方向 東〜南西
サーフィンポイントの詳細

ここは、高知県の中村を代表するサーフィンポイントです。
広いビーチには、無数のポイントが点在しています。
更に、駐車場、トイレやシャワーなどの設備が充実しているので、安心してサーフトリップに訪れる事が出来ます。
ここのポイントは、右側に堤防があり、右側が地形が決まりやすいのか、結構いい波が立つ。
しかし、そこは、ローカルが多く、ビジターは遠慮したほうがよさそうです。
まぁ、そこ以外でもいい波が立つので、問題なし。

サーフィンを始めて、最初にみんなとサーフトリップに行ったのが、ここ入野です。
忘れもしない、トリップの前に台風が通過してて、サイズは、頭ぐらい。
一年目の自分に何ができるのか?
何もできません。
パドルもまともに出来ず、セットをよけ切れず、もろに波を被り、生死の境をさまよった。
後にも先にもあれほど、パニックになった事はない、そんな思い出の場所だ。


地形が安定しやすいので満喫出来ますよ

サーフィンポイント 双海
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

中村で一番好きなポイントです。
ここで、初めてインサイドまで波を乗り継ぐことが出来たから。
その時の感動は、忘れもしない。
ここは、右側と岩を挟み真ん中、少し離れて、左側と3箇所がだいたいのブレイクポイントだ。
右側は、ローカルが多い。
入ったことは無いが、もしかしたら、いい波かも・・・。
ここは、ダンパーが多いが、たまに決まったときは、かなりのクオリティーを発揮する。
何度でも訪れたいポイントだ。


近くには安くて綺麗なお宿があります

サーフィンポイント 平野
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

ここは、波チェックが難しいポイントだ。
というのも、ビーチに下りるのにかなりの階段を下る必要がある為、波チェックは、崖の上からとなる。
その為に一回痛い目にあった。
台風が来る前々日ぐらいに、平野波チェックに行ったら、いい感じで、割れてて、早速入ることにしたが、失敗。
めちゃくちゃでかかった。
海岸から、波チェックしているだけで、足が若干フルフルしてきて、入ったは、いいが、最悪。
一本、乗って直ぐに退散。
波チェックは、慎重にしなければ・・・。

波のほうは、かなりのクオリティーを発揮します。
レギュラーのパーフェクトウェーブが訪れる事もあります。
中村方面にサーフトリップに来たら、是非波チェックに訪れよう。


生見は、高知県を代表するサーフィンポイントです

サーフィンポイント 生見
海底について ビーチ
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

ここ生見は、関西サーファーのメインポイントと言ってもいいぐらいのサーフィンポイントです。
波乗りを少ししかかじった事が無いサーファーでもココ生見の事を知っている。
それほど、有名なサーフィンポイントです。
東西に伸びたビーチには、無数の波が割れています。
出来るだけ人の少なそうな場所を探しましょう。


玉石なので地形が安定しやすいです

サーフィンポイント 尾崎
海底について ビーチ&玉石
ビーチの方向
サーフィンポイントの詳細

右にある岩付近から割れるレギュラーがいい波。
だけど、いい波だけに競争が高いし、、、ですので、避けたほうが無難ですね。
岩付近以外でも、波が割れている個所があるので、問題なし。
一番近くのサーフィンポイント「生見海岸」よりワンサイズ大きい。
ただ、サイズがあまりないとインサイドブレイクで危ないので要注意。
掘れている波が多い日もあるので、初心者サーファーは「尾崎」は避けて「生見海岸」で波乗りしましょう。


関西サーファーなら高知県へサーフトリップ

サーファーなら誰もが一度は経験するサーフトリップ。
どこに行きましょうか???
海外もいいし、国内もいいし、近場でもいいし、車でちょっと遠出もいいし・・・。
どこに行くかで結構迷うと思います。
そんな時は、関西サーファーなら迷わず、高知県へ行きましょう。
まず、間違いがありません。
あくまでも波があるのが前提ですけどね。
高知県は、生見方面と中村方面があります。
どうせ行くなら、中村方面へサーフトリップに出かけましょう。
基本的にはビーチのポイントですが、それぞれが趣の違った雰囲気を味わう事が出来ます。
まずは、入野ポイントで入り、双海と平野をチェックして、サイズが大きくなったら、ウネリをかわす田ノ浦ポイントへ。
更に大きくなったら、中村から南へ下り、大岐の浜ポイントへ。
大岐の浜でもでかかったら、サーフィンショップへ行って、リーフポイントの場所を教えてもらおう。
教えてもらう場合は、せめてワックスかリーシュを購入するなりしてショップへの貢献をした後にするように。
最低限のマナーです。

高知県にプチ移住してサーフィン三昧

サーフィン三昧生活を送りたくて、移住するサーファーがこのところ増えています。
代表的なところとして、種子島など離島、千葉県、宮崎県などがよく聞きます。
関西サーファーのプチ移住先として、たまに聞くのが高知県。
ただ、他の場所と違って大きな問題点があります。
それが生活の基盤となる職の問題。
高知県は、他の地域と比べても圧倒的に仕事が少ない。
なのでかなりの狭き門です。
ちなみに、生見ポイントでは、民宿での住み込みバイトをたまに募集しています。
中村方面だとパチンコ屋や工場などでアルバイトをしているようです。

サーフィンTOP > 海外国内のサーフトリップ情報 > 高知県サーフィンと波情報