自分のイメージするサーフィンに近づくためには、そのイメージに合ったサーフボードが重要になってきます
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンとサーフボード


サーフボードはサーファーの生命線です
サーフィンを楽しめるかどうかは、サーフボード次第です
自分のイメージするサーフィンには最適なサーフボードが必要です

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィンとサーフボード

サーフボードを手に入れよう

サーフボードには
1、ショートボード
2、ファンボード
3、ロングボード
と大きく分けて三つのタイプがあります。
ショートボードは、動きが素早く、飛んだり回転したりサーフボードを大きく動かします。派手なアクションで見せる波乗りをする場合。
ロングボードは、ゆっくりとした動きで、メローな気分でサーフィンを楽しみます。
ファンボードは、・・・???正直、不要かな???
さて、どのタイプのサーフボードを選びましょうか?
ここが一番重要です。
先ほど紹介したサーフィンdvdを見て、自分がやりたいサーフィンのイメージは描けたでしょうか?
それに合いそうなサーフボードは、ショートボード?ロングボード?どちらでしょうか?
よく考えてください。
ここが今後のサーフィンライフを左右する大きな分岐点になります。
自分が選んだサーフボードでサーフィンしているイメージが描けるようになるまで、頭をフル回転させましょう。
なんせ、タダだからね。
まじで、ここが重要なので、一生懸命考えましょう。

ショートボードとロングボードの違いは、派手な動きかゆっくりな動きか?と分類しましたが、ロングボードの上手い人なら派手な動きも出来るようになります。そんなに違いは無くなってきます。