初心者サーファーは、ルールなど入門知識を身につけて安全なサーフィンを心がけましょう。
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィン入門編です


入門知識は必要です
サーフィン入門として覚えたいのが、ルール
サーフィンルールは、最低限知っておくべき入門知識です

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン入門編です

サーフィンルール

ワンウェーブワンマン
この言葉を覚えておきましょう。これを守れないのなら、サーフィンをする資格なしです。
一つの波に乗っていいのは、一人のサーファーだけ。
例外は、一つの波が右方向と左方向に進める場合だけです。それ以外は、一つの波に一人のサーファー。
このルールを守らないとどういうことが起きるか?追突や衝突などの接触事故です。 このルールはしっかりと守ってください。
初心者サーファーは、心に余裕が持てないせいか、このルールを忘れがちです。「ワンウェーブワンマン」
来る波来る波に乗ろうとして、人の邪魔をしています。
せっかくいい気分でサーフィンしていたのに、そのせいでぶち壊しになったら、どう思いますか?
いやーーーな気分になりますよね?
それが原因で怒鳴られたりしたら、お互いの気分が悪くなります。
楽しいサーフィンなんだから、ルールを守って楽しみたい。

ピーク優先
ワンウェーブワンマンの続きとして、ワンウェーブのワンマンには、誰がなる事が出来るのでしょうか?
ワンマンになるには、ルールがあります。
そのルールの一つとして、「波のピークにいる人がワンマンに成れ、波乗りできる」
一点だけ注意点がありまして、サーフィンポイントによっては「ピーク優先」「先乗り優先」などがありますが、基本的にはピーク優先が標準ルールです。

先乗り優先
先にサーフボードに立って、サーフィンを始めた人がワンマンに成れるというものです。
これの問題点は、ロングボーダーが必然的に有利になってしまうという事が上げられます。
最近は、ロングボーダーが多くなっていますので、問題点の多いルールではあります。

海について

カレント
サーフィンに入門するなら、この言葉も是非覚えておきたい。
これは、非常に危険です。
生死にかかわることですので、是非頭に入れておきましょう。
海には、カレントと呼ばれる海の道があります。
海の道といっても目に見えるわけではありません。
日本では、離岸流と呼ばれることが多いです。
読んで字の如しで、岸から離れていく流れのことを言います。
岸には波が押し寄せてきます。
押し寄せてきた波は、大量の海水を運んできます。
その運ばれてきた大量の海水は、岸に留まることが出来ないので、どこかへ行きます。
そのどこかへ行くときに、同じ場所からどこかへ行きだすと、そこに海の道が出来るわけです。
で、いったん海の道が出来るとそこへ岸に押し寄せてきた大量の海水が更に流れ込んできます。
悪循環か好循環なのか、海の道の流れはどんどん強くなっていくわけです。
それを知らずに海に入ると、一気に沖合い数十メートル、数百メールまでながされてしまいます。
自分でカレントの位置を把握できればいいのですが、初心者サーファーには、ほぼ無理です。
なので、海に入る際には、近くにいるサーファーにカレントの状況を聞きましょう。
万が一沖に向かうカレントに捕まったら、左右に逃げましょう。
間違ってもカレントの流れに逆らってパドルをしないようにしてください。
体力が消耗するだけで一向に進みません。
むしろ、どんどん沖に流されていきます。
仮に沖に向かうカレントに捕まり、左右へも逃げられない時は、近くのサーファーに助けを求めましょう。
たまに初心者サーファーがカレントに流されて、死んでしまう事故が起きています。
あってはならない事です。
よくよく注意してください。

人の少ない所へ行こう
初心者サーファーの陥りやすい過ちに、混雑しているところでサーフィンしようとする傾向があることです。
これの問題は、まず危ない。
人が多いということは、人との接触回数が必然的に増えます。
怪我をする確率が増えてしまいます。
さらに、他のサーファーの邪魔になるので、あらぬ波風をたててしまいやすいです。
更に更に、人が多いので、練習が出来ません。
せっかく休日をまるまる一日を使ってサーフィンしに来てるんだから思いっきり練習したいですよね。
ということで、初心者サーファーに限らず、少しでもサーフィンがしたいなら、混雑を避けて海に入るようにしましょう。