サーフィン初心者とプロの違いは、どれだけ早く始めたかの違いです
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンの初心者へ


初心者からの脱出
正確な知識を身につける
反復練習がサーフィン上達には不可欠です

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィンの初心者へ

みんなサーフィン初心者だった

プロサーファーもサーフィンの上手い人も最初はみんなが初心者サーファーだった。当然ですよね。
サーフィン初心者とサーファーとの違いは、練習量だけ。同じだけ練習すれば、同じぐらい上手くなります。
それでも上達の早い人もいれば、遅い人もいるわけです。どうせなら、早く上手くなりたいと思いませんか???

サーフィンゲートでは、サーフィン初心者が少しでも早く上達できるように応援します。
正確な知識を身につけ、サーフィン初心者を脱出しましょう。

波乗りの始め方

手っ取り早いのがサーフショップへ行く事。そこには、望むものがすべて手に入ります。
サーフボードなど関連商品、海への行き方、波乗りの知識など。敷居は高いかもしれませんが、勇気を出して。お勧めなのが、「ムラサキスポーツ」などの大手スポーツ店。ココなら敷居は高くないでしょう。

また、サーフショップなどではサーフィン講習・スクールを定期的に開いています。ココへの参加もお勧め。道具などは向こうが揃えてくれるので、お試しのつもりでも問題なし。
管理人も一度だけ、ロングボードの講習を受けたことがあります。目からウロコが落ちるとは、この事でした。
最初に正確な知識を身につけ、サーフィン中にも思い出し、反復練習です。勉強でも予習復習が大事ですよね。もちろん、サーフィンでも予習復習が大事です。スクールを受けると先生がアドバイスを常にくれます。お勧めです。

一番お勧めしないのが、初心者同士で道具をそろえて海へ行く事。夏になると、一定数のそのような方達がいます。ちょっと危なっかしい。そして無謀です。
海の知識が皆無なのに、「道具があれば大丈夫でしょ」と。果敢に挑戦する。ちょっと待ってほしい。
海の中は危険が一杯です。自分が受ける危険もあれば、自分が相手に与える危険も。受ける危険には、遭難などもあります。衝突などもあります。本当に危険です。せめて、初心者の中に、二年や三年ぐらいの経験者を入れてください。そして、海での過ごし方などを聞いておいてください。

サーフィン初心者脱出教材


日本でサーフィンをするなら、気象に関する知識も知っておかないと。
日本には四季があり、その季節季節の気圧配置があります。
その気圧配置からどのように波がサーフィンポイントに入ってくるか???
知っていると、なるほどねーーーですよ。