バリ、宮崎などのサーフトリップ情報を公開!国内はもちろん、海外のサーフィン情報も必見です。
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

海外国内のサーフトリップ情報


バリ、宮崎などのサーフトリップ情報を公開!
行ったことがあるサーフトリップ先しか掲載していません!!
サーフトリップ初心者は、必見です!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報

サーフポイント情報

海外サーフトリップ情報

やっぱりサーフトリップといえば、海外でしょ。
アベレージサーファーが海外サーフトリップの感想を語ります。

バリ島サーフィン
日本人サーファーにおすすめバリ島。
行った事があるサーファーも行ってみたいサーファーも必見??
近年はサーファー人口の増加とともに、その魅力半減?

ロンボク島
バリ島に飽きたらロンボク島まで足を伸ばそう
手付かずの自然と極上の波があなたを待っていますよ

スリランカサーフィン
アジアサーフトリップシーンで外せないのが、スリランカ。
日本人ロングボーダーを虜にするメローなサーフポイントは必見です。
飯の不味さが難点だが、最近の情報では美味くなっているみたいなので、魅力度アップです。

プーケットサーフィン情報
知る人ぞ知る、プーケット。
同じビーチでも波のサイズを選べるので、初心者サーファーに優しい波です。
プーケットの魅力は、なんといってもご飯の美味さが半端ない。
5月中旬から食べられるマンゴーは、絶対に外せない。

国内サーフトリップ情報

日本各地には、極上のサーフポイントがある。
そんなサーフポイントを訪れたことがある範囲で紹介します。

宮城県サーフィン
極上の三角波にありつける「仙台新港」

福島県サーフィン
寒かったけど、また行きたいね。

茨城県サーフィン
南風を軽減してくれるありがたいエリア

千葉県サーフィン
日本国内のサーフトリップで千葉は外せないでしょうね。

神奈川県湘南サーフィン
サーファーのメッカである湘南は、憧れの聖地???

静岡県伊豆サーフィン
白浜ポイントの海の綺麗さには、驚きますよ。
静波方面は、もしかして日本海???と思わせるような波だった。

愛知県伊良湖サーフィン
台風の接近で真価を見せる先端ポイントで極上の波を味わいたい。

伊勢サーフィン
伊勢サーフトリップで始めてトップターンが出来たので、思い出の地。
南の方に行けば、シークレットが存在するような・・・。

兵庫県サーフィン
瀬戸内海でサーフィン???
冬型、台風でサーフィンが出来ますよ

徳島県サーフィン
内海であるため、ウネリが大きいときに真価を発揮する。
地形が決まれば、極上の波が味わえる。

高知県サーフィン
生見方面は、関西サーファーが常にチェックしているポイント。
中村方面は、南国気分を味わえる。

宮崎サーフィン
なんといっても、コンスタントに波があるので練習には最適。
しかも、宮崎日南には極上のポイントもあり。

鹿児島県サーフィン
インサイドまで連れて行ってくれる感じの優しい波だった。

熊本サーフィン
湾になっている高浜は風を交わすので地形が安定していて波乗りできます

長崎サーフィン
ウネリが入りにくいのでサーフィンできる確率は低いです

島根県サーフィン
鳥取に比べて、人が少ない。なので、サーフィンを満喫できる。
しかも、南西風で波が立つので、鳥取でサーフィンが出来ない場合でも、島根まで足を延ばせば、波乗りますよ

鳥取県サーフィン
海岸沿いに無数のポイントが存在し、探せば極上の波に出会える。
また、ウネリのきつい時は、鳥取の西のリーフポイントが炸裂。

京都サーフィン
冬になると頻繁にサーフトリップに行く、ホームグラウンド???
葛野のビーチブレイクは、一見の価値あり。

福井県サーフィン
福井サーフトリップでは、サーフィンより東尋坊観光が面白かった。
次回は、サーフィンを期待したい。

石川県サーフィン
サーファーの少ないエリアなので混雑とは無縁か

新潟県サーフィン
南北に長い海岸にたくさんのポイントがあります


サーフトリップ情報

サーフトリップに役立つ情報

インドネシアやタイのビザの取り方教えます
航空会社別サーフボードチャージ情報
デルタ航空のマイレージを貯めてアジアに行こう
海外航空券のキャンセル料について


海外にサーフトリップに行く前に

どこに行く???

さて、どこにサーフトリップに出掛けようか?
実際問題として、迷うよね。
一度行った事がある所にしようか?
それとも、未知なる所にしようか?
あそこにしようと思っても、そのサーフトリップ先が波のある時期じゃない場合もある。
例えば、スリランカだったら、10月末から4月末までは南西方面に波がある。
5月頭から、10月中旬までだったら、東海岸に波がある。
このように時期によって行ける場所、行けない場所ってのもある。

どこに行くか考える時は、
1.時期
2.予算
3.レベル
の順に場所を選択する必要がある。

ただ、一般的な日本人が行けるサーフトリップなんて、たかが知れてると思う。
バリ島、オーストラリア、スリランカ、台湾、フィリピン、G-LAND、・・・辺り。
バリ島は、時期・予算・レベルなどを考えなくても行ける場所。
スリランカは、レベルは問題ないけど、時期によって予算に問題がある。
プーケットは、予算・レベルは問題ないけど、時期の問題がある。
その他は、行った事がないので、自分で調べよう。(その内、行って詳細情報を掲載予定)
調べた限りの情報では、
オーストラリアは、時期・レベルは問題ないけど、予算に問題がある。
台湾は、レベルは問題ないけど、予算に若干、時期に問題がある。
フィリピンは、時期は分からないが、レベル・予算に問題があり、安心にも問題あり。
G-LANDは、予算・時期に問題はないけど、レベルに問題がある。

旅行の手配は???

場所は決まったら、次は、サーフトリップの手配だ。
考える事は、一つだけ。
1、自分で手配するか
2、ツアー会社に頼むか。
これだけ。

1、自分で手配する
自分で手配する場合は、航空券を手配する。
1人でサーフトリップに行く場合は、自分で手配することをお勧めする。
といっても、サーフトリップ先が、メジャーな場所、情報が入手しやすい場所ってのが、大前提。
情報が入手しにくい場所を自分で手配すると、かなりの労力が必要になる。
それだったら、ツアー会社を利用したほうがいいだろう。
では、どのように格安激安海外航空券を情報を入手するか???
俺がいつも利用しているのが、YAHOOトラベルとABロードのインターネットサイトでの価格比較。
ここで注意しないといけないのが、旅行代金というのは、航空券代 + 空港利用税 + 航空保険 + 燃油サーチャージ です。
なので、航空券が安いとしても、燃油などが航空会社によって値段にばらつきがあります。
その辺を考慮に入れないと、失敗の元です。
更に、サーファーの悩みの種が、サーフボードのチャージ料金。
サーフボードは大きいので、余分に料金を取られる場合がある。
なので、それも考慮に入れる必要があります。
タイ航空などは、加算料金を取られる場合がありますから、気をつけたほうがいいですね。
で、条件を入力し、航空会社など条件が一致した旅行会社の数社に「総額はいくらになりますか?フライトスケジュールは?その他・・・?」を質問します。
で、総額で一番の安値をつけた旅行会社に発注を出します。
バリ・プーケットを利用する場合は、阪急交通社が一番の安値を提示してくれます。(2008年5月3日現在)
頭に入れておいて損のない情報として、格安航空券を扱う旅行会社は、星の数ほどあります。
それら一軒一軒調べていたら、まじで時間と労力の無駄です。
それこそ、きりがないです。
また、各旅行会社により値段の差なんて、ごくごく僅かです。
なので、YAHOOトラベルとABロードのインターネットサイトを利用すれば、少なくとも20社ぐらいの値段を比較することが出来ます。
ここで安値を付けている旅行会社とこのサイトで調べることが出来なかったその他旅行会社との安値の差は、1000円以下のはずです。
これで、十分だと思います。

2、ツアー会社に頼む
ツアー会社に頼む場合は、どこのツアー会社を利用するか。
人数が二人以上だとツアー会社を利用したほうが安上がりだ。
では、どうやってツアー会社を探すか???
これも、航空券を探す方法と同じです。
YAHOOトラベルとABロードのインターネットサイトを利用すべきです。
俺は、今までもこうしてしてきました。

サーフトリップには、何が必要???

1.サーフボード
サーフボードを持っていかないとお話にならない。
せっかくのサーフトリップが台無しだ。
まず忘れるサーファーはいないと思いますが・・・。
サーフボードを持っていく際の注意点。
梱包をどうするか?
大事な大事なサーフボードが梱包をしっかりしていないと飛行機運搬時にクラッシュしてしまう。
保険などが効かないので、全て自腹だ。
梱包の仕方などは、ベテランサーファーなどに相談しよう。
次に、飛行機に載せるのにかからサーフボードのチャージ料金。
この料金が発生するかどうかは、飛行機会社によっても違うし路線によっても違う。
航空会社を決める際には、入念に下調べをしよう。
問い合わせ窓口がある場合は、電話確認をするほうがいいでしょう。

2.パスポート
これがないとサーフトリップに行けないってのが、パスポート。
パスポートを持ってなくて、サーフトリップに行こうと考える人っていないよね。

3.サーフィン用品
サーフィン用品に関しては、情報が少ないところは別として、現地調達がベスト。
そっちの方が、安上がりだしね。

4.救急薬
サーフトリップでちょっと心配なのが、怪我。
裸でやるスポーツの宿命です。
それに、海外へのサーフトリップだと、リーフポイントでのサーフィンが中心になったりもするから、怪我が付き物。
そんな時に役立つのが、救急薬。
傷口を消毒・滅菌し、傷をガードする。
サーファーって種類の人間は、大雑把な種族?なので傷を放置する傾向が強いですが、結構危険なんですよ。
サーフトリップへ行く先は、だいたいが衛生的に日本より劣ります。
なので、傷が化膿しサーフィンが出来ず、サーフトリップを満喫できなかったサーファーを見てきました。
そんなことが無いように、せめて消毒薬だけでも持参することをお勧めします。
俺の必需品としてあげるなら
1.消毒薬
2.傷をガードするスプレー(黄色い粉末タイプ)
3.絆創膏(現地調達でも可)
4.化膿止め(抗生物質入り)
5.テープ状の包帯(関節付近などの可動部分の包帯にかなり便利です。)

5.遊びグッズ
サーフトリップに行った際、現地でどのように過ごすかで大きく満喫度が変わってくるのが、遊びグッズ。
俺の場合は、音楽・小説・ビジネス書・その他遊びグッズとそれなりに楽しめるようにグッズを持っていってます。
次にサーフトリップに行く時は、パソコンを持っていくつもり。
パソコンの場合は、変圧器が不要。
コンセントの形状が違うので、プラグ変換器を購入しよう。
ツアー会社利用だと貸し出しありの場合もあるから聞いてみよう。

6.クレジットカード
意外に知らない人が多いクレジットカードの威力
お買い物にも使えるし、万が一、手持ちの現金を落とした時にも使える、便利なプラスチックマネーですが、意外にも持ってない人が多いんですね。
更に、持ってないと損する、海外旅行の落とし穴があります。。。
詳細は、クレジットカード



国内でサーフトリップに行く前に

交通手段???

国内でのサーフトリップを考える上で、車は必須だと思う。
せっかくサーフトリップに行くんだからいろんなポイントを廻りたいと思うのは皆共通の思いだろう。
現地でのレンタカーっていう手もあります。
確かな情報ではないですが、新島なんかだと宿泊する宿によっては低価格で車を貸してくれるらしい・・・。
ダメもとで宿泊先に問い合わせてみよう。

交通費を安くするには???

サーフトリップは、お金がかかる。
もしかしたら海外サーフトリップに行ったほうが安かった???みたいな事にもなりかねない。
でも、お得なチケットを購入するだけですごく安上がりになる。
株主優待券って知ってますか?
企業の株主になると、株主特典として企業のサービスを低価格で利用できるようになる券の事です。
車組以外の交通手段は、飛行機か船だろう。
飛行機のチケット代が株主優待券を使うことにより、半額になる。
JAL・ANAだったら、株主優待券を利用できます。
この株主優待券は、オークションなどで入手可能です。
車組での移動手段は、遠くだと船を利用したりもすると思う。
俺も宮崎にサーフトリップに行く際には、神戸から大分まで船を利用した。
その時に株主優待券を利用して、4割引で乗船しました。
高速道路を利用した場合と考えてもガソリン代などがかかるため、船を利用したほうがかなりお得です。
これもオークションで入手できます。
自分が利用しようとしている船会社が株主優待をしているかどうか確認してみましょう。



サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報