常夏の国、微笑みの国、初心者サーファーにもってこいのプーケットでサーフィンを満喫してみませんか?旅行記もあります
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

プーケットサーフィン情報

常夏の楽園プーケット
物価が安く、飯が旨く、波がやさしい
初心者サーファーに最高なプーケットサーフィンです

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > プーケットサーフィン

プーケットのサーフィンポイント&波乗り情報

プーケットのサーフィン地図 パトンビーチ カタヤイビーチ カタノイビーチ

情報

シーズン

乾季

11月から4月。観光には最高のシーズンです。ただし、たくさんの観光客が押し寄せる乾季は、物価がかなり上がります。特にホテルは高いです。それに引き換え、雨季のホテルの値段は、半値以下の場合がほとんどです。

雨季

5月から10月

そして、サーフィンが出来るのは、「雨季」になります。乾季でもシーズンに1回か2回は波が入ってきますが、それは例外中の例外。波乗りを楽しみたいなら雨季です。

シーズンの入り始めと終わりにいい波が立つときがある。これは、風の向きに影響があります。プーケットの雨季の時期は、風がほぼオンショアになります。しかし、シーズンの初めや終わりには、オフショアになっているときがあります。なので波がいいのですね。ただ、タイミング次第です。確実ではありません。

ローカル

プーケットにもローカルは存在します。それぞれのビーチにローカルが居ます。ただ、日本人には優しいローカルがほとんどで、トラブルはほとんど聞いたことがありません。ただ、マナーはルールは守った上での話。日本で波乗りするときのルールとマナーを守りましょう。

アクセス

ビーチへのアクセスは、バリ島のようにキャリアーがついたレンタルバイクが無いので、徒歩になります。なので、波乗り目的でプーケットに行くなら、徒歩圏内のホテルに滞在するか、現地ガイドの「常夏屋」にお願いすることになります。

レンタルボード

各ビーチにはレンタルボードが置いてあります。ただ、大きめなサーフボードがメインとなります。借りる主体が外国人ということが大きい。ロングボードがファンボードでちょっと楽しみたいという方なら問題ありませんが、ショートボードだと難しいですね。

ショートボードなら現地ガイドの「常夏屋」さんにお願いしてお借りしましょう。日本人経営なので、平均的なサーフボードを多数取り揃えていますよ。

在住日本人サーファー

私はあくまでもトリップサーファーです。ただ、渡航歴が長いし、渡航回数も多いので、在住日本人サーファーといえば。あの人とあの人とあの人ぐらいかな?と数えても4人ほど。常夏屋さん、「redsnapper」のオーナーさん、ボディーボーダーの人、ダイビングスタッフの人。もうちょっと増えてるかもしれないけど、そんなもの。そんなに多くはありません。

プーケットサーフィン情報の確実性を考えるなら、その中でも常夏屋さんが一番ですね。それこそ、プーケットで波乗りが出来ると知られていないころから住んでますから。

情報サイト

プーケットのサーフィン情報を掲載しているサイトが増えてきましたが、果たして信頼できる情報なのか?はなはだ疑問なんですよね。この中には、明らかに行ったことが無くてネット情報を適当に拾ってきただけの情報しか散見されないサイトが多数あります。

中でも波乗りシーズンについて。確かにプーケットで波乗りが出来るのは雨季だけ。ではありますが、ごくごくまれに乾季にも波乗りが出来るとときがあります。南アフリカ沖からのグランドスウェルが入ってくることがあるのです。そんな時は、最高の波ですよ。狙っていけるか?と言われれば難しいのですが。「乾季でもごくごくまれに波乗りが出来る」が正しい。

エアポートリーフ

海底

リーフ

ローカル

まったくいない。人気が無い。

所感

いい波ではありますが、どこで波が割れているのか分からない。見ただけではココで出来るの?と疑うしかない。でも、サーフィンが出来るのです。しかも、ほぼ貸切。一人で行くと、孤独しかない。ちょっと危険です。

風に弱いので、ココで波乗りが出来る機会があればぜひとも入ってほしい。ですが、そのタイミングはかなり難しい。コンディションを完璧に把握していないの入るべきではないし、行くべきでもない。

プーケット空港近くの国立公園にあるサーフィンポイント

ナイトンビーチ

海底

ビーチ

ローカル

ほぼ居ない

所感

波チェックだけして入ったことはない。ただただ、ダンパーな波だった。ココでいい波だったと聞いたことが無い。たまたま地形が決まった時なら入る価値はあるだろうけど。その機会が来るのかどうか?

バンタオビーチ

海底

ビーチ

ローカル

ほぼ居ない

所感

ココも波チェックだけで入ったことはないし。入るような波は立っていない。かなり長いビーチで、南北に約6kmもある。どこかでいい波が割れてるかもしれないが徒労に終わることになるだろう。

スリンビーチ

海底

ビーチです。綺麗な砂地です。

ローカル

居るけど、ほとんど気にならない。

所感

一番好きなビーチです。雨季のビーチは人もそんなにいなくて空いています。波は、プーケットで一番反応するので、他のポイントで波がなくてもココなら少しはある可能性が。

小さい波でもパワーのある波で、それでいて浅い地形なので、注意が必要。一度だけサーフボードが刺さって折れたことがあります。かなり薄いサーフボードだったこともありますが。

海沿いにレストランがあり、その裏には屋台があり、一日居ても飽きないビーチです。プーケットに行ったら、一度はサーフィンで訪れる価値のある「スリンビーチ」です。

スリンビーチ沿いのレストランからの眺め

カマラビーチ

海底

ビーチ。

ローカル

居ます。そこそこの人数のローカルがいます。あまり気になりませんが、ルールとマナーは守るように。

所感

カマラビーチは南北に長いビーチで、約2kmほどの長いビーチ。一応全域で波乗りが出来るが、メインは北の端、真ん中あたりの正面。

右端に岬があり、それが風を軽減してくれ、地形の安定にも役立っているようで、コンスタントに波乗りが出来ます。

地形が安定しているカマラビーチ

パトンビーチ

海底

ビーチ

ローカル

居ます

所感

プーケットの一番の繁華街にあるパトンビーチ。海水浴のお客さんが多いので、十分に注意して波乗りをするように。

レンタルサーフボードもそこそこ充実しているが、波乗りのメインポイントではないので、波に関しての期待はしないように。基本的によれている波が多く。パワーも弱め。それでいてダンパーが多い。乗り代がゼロな残念な波のコンディションが多い。

サーフィンには不向きなパトンビーチ

カロンビーチ

海底

ビーチ

ローカル

多くはないけど居る

所感

カロンビーチも南北に長いビーチ。ただ、波乗りが出来るのは、北側だけ。サークルがあって、その前あたりだけ。他は、地形が悪く、砂がつかないのでサーフィンには適していない。何度も行って確かめたから間違いない。といっても、砂次第だから、砂の機嫌がよかったら波乗り出来るかもしれない。

カロンビーチは北側だけしか波乗りできません

カタビーチ

海底

ビーチ

ローカル

居ます

所感

プーケットでサーフィンをするなら、まずはココに行こう。ウネリをよく拾うので、雨季ならほぼ毎日サーフィン出来ます。

また、サイズが大きくても波にパワーが無いので、安心です。その意味で初心者サーファーにお勧めだといえます。

また、ココはビーチが南北に長いので、いろんなところで波が割れています。サイズの大きさも場所によって違い、南から北に向かうに連れて、ウネリが小さくなります。もしサイズが大きくなったら、初心者サーファーは、北側で波乗りをするようにしましょう。

ウネリに敏感で地形が決まりやすい
夕焼けと波乗りの見事なプーケットビーチ

カタノイビーチ

海底

ビーチ

ローカル

居ます。移住さんがローカル風です。

所感

波がいいのに北側の端っこ。いわば付近から割れるれぎゅーらー方向の波。小さな波でも綺麗に割れるので楽しめることが多いです。

ただ、ポイントブレイクに近いので大人数でのエントリーは諦めましょう。

岩場付近から割れる小波が最高です

ナイハンビーチ

海底

ビーチ

ローカル

ほぼ居ない

所感

いい波が立つときがあるけど、ココまで波チェックに行くのが遠いのでなかなか行く機会はない。なので、ココでサーフィンするサーファーは少ないので他で混雑しているような時でも少人数で波乗り出来る。

北側は遊泳エリアでブイを浮かべているので気をつけよう。波乗りは、正面でするか、南のほうでするか。南のほうはグーフィーのいい波が立つときがある。意外にパワーがあり、掘れてる波も。

ナイハンビーチを見下ろすホテルなら波チェックが簡単

常夏屋

老舗

プーケットで波乗りが出来ると知られるよりも前からガイドの仕事を始め。旅行会社などがガイドをお願いするときは、「常夏屋」を利用しています。プーケットサーフィン=常夏屋。

レンタルボード

海沿いにもレンタルボードが何本も何本も並んでいます。ロングやファンボードの長さに関してはまったく問題ないでしょう。ただし、程度は???お世辞にもいいとはいえない。お試しサーフィンをやるなら海沿いは便利だから利用価値はあるけど。せっかくプーケットまで来てボロボロのサーフボードで波乗りするなんて勿体ない。

常夏屋さんなら、状態のいいサーフボードを多数取り揃えています。平均的な日本人サーファーの体系に合わせた品ぞろえ。ロングやファンももちろんあります。オーナーさんがショートボーダーなのでそちらも豊富です。

ガイド

その日のベストポイントに連れて行ってもらえる「ガイド」も利用価値ありです。

プーケットのお役立ちサーフィン情報などをお届けします

タイプーケット旅行記2008
プーケットのお土産
プーケットの観光でおすすめと言えば
マイルカードは必需品です
プーケットのご飯とレストラン
プーケットのおすすめビーチを教えて
日本人が運営するプーケットのお薦めレストラン


サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > プーケットサーフィン情報