サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

マイルカードは必需品です


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
ホーム > プーケット島サーフィン情報 > マイルカード

マイルカード

マイルカードとは?

飛行機に乗るごとについてくるポイントをためるカードのことです。
ポイントが貯まると、航空券などと交換できます。

サーフトリップの味方

サーファーが意外と無頓着な人種なのか、ほとんど知らない人が多い。
それは、マイルカード。
マイルカードとは、飛行機に乗ることによってポイントが貰えるサービスのこと。
プーケットを往復すると約3200ポイントが貯まります。
マイルカードの種類によっては、約六回の旅行でプーケット島往復航空券が貰えます。
詳しい解説は、他方に譲りますが、現段階でマイルカードの種類は大きく三つに分かれています。
1、スターアライアンスグループ。
2、ワンワールドグループ。
3、ワールドパークスグループ。
日系の航空会社のJALはワンワールド、ANAはスターアライアンスに加盟しています。
プーケットに行くには、シンガポール航空、タイ航空、JAL,マレーシア航空が有力です。
シンガポール航空とタイ航空はスターアライアンス、JALはワンワールド、マレーシア航空はワールドパークスに所属しています。
人それぞれ、利用する航空会社があると思いますので、ご自身の利用する航空会社が所属しているマイルカードを手に入れましょう。
ちなみに、私は、三つとも持っています。
サーフトリップでプーケット島に行くなら、パスポートとマイルカードは、必需品です。

マイルカードの使い方

航空券と交換

ポイントを使用して無料の航空券と交換することができます。
航空券の種類や行く場所によってポイントがちがってきます。近場だと10000ポイント。遠くだと80000ポイント。ビジネスクラスの場合は、更にその倍ほどのポイントが必要になってきます。

座席のグレードアップ

エコノミークラスの航空券を持っている人が、ビジネスクラスへと変更することをグレードアップといいます。

管理人のマイルカード

マイレージプラス

スターアライアンス系のユナイテッド航空が発行しているマイルカードです。

クレジット機能付きのマイレージカードを持っています。
これは、無料で海外旅行保険が付いてくるのがメリットです。別途、保険に入るとなるとそこそこのお金が必要ですが、無料でついてくるので旅行の際には安心です。
また、ポイントが3倍ほど多くプラスされます。クレジットを使うたびに有効期限が延長されるので期限を気にせずに済むのもありがたい。
ただし、年会費が2520円+ポイントアップが5250円かかります。ですが、年に一回は海外に行くので、保険やポイントアップなどを計算すると、かなりお得なカードです。

シンガポール航空、アシアナ航空、エバー航空、タイ航空など。日系では、ANAの利用でポイントが貯まります。

スカイマイル

スカイチーム系のデルタ航空が発行しているマイルカードです。

持っていますが、あまり使っていません。ただ、有効期限が無限なのでいちおう持ってます。一時期は、大韓航空を利用していましたが、荷物の規定が変わってからは使わなくなりました。
インドネシアを拠点としている「ガルーダインドネシア航空」がスカイチームに加盟しているので、バリ島を利用する方は、持っていたほうがいいですよ。

チャイナエアー、大韓航空など。

AAdvantage

ワンワールド系のノースウエスト航空が発行しているマイルカードです。

持っていますが、あまり使っていません。ただ、有効期限があるので貯まりにくい。クレジットカードなどを使うと有効期限が無くなるけど、そこまでして持っていてもメリットがない。私にはですが。

キャセイパシフィック、マレーシア航空など。日系では、JALの利用でポイントが貯まります。