サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

プーケット島のご飯とレストラン


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
プーケット島のご飯とレストランホーム > プーケット島サーフィン情報 > ご飯

ご飯

プーケット島の魅力を語る上で欠かせないのが、ご飯についてです。
ご飯がめちゃくちゃ美味い。
どこのレストランで飯を食っても、大きく外すことは稀です。
そんなプーケット島で美味しいレストラン&食堂を紹介します。

カオマンガイ(蒸し鶏ご飯)

蒸した鳥の身をご飯の上に盛り、その上に鳥のスープとタレをかけていただくものすごくシンプルな料理です。
ただ、これが美味い。
シンプルイズベストとは、この事をいうのだなと思いました。
このカオマンガイが食いたくて、プーケット島を訪れていると言っても過言ではないです。
そんな美味いカオマンガイがパトンビーチの繁華街にあります。
が、何の目印もないので地図で示さないと分かりにくいです。
一応、場所の説明を加えると
まず、一方通行のパトンビーチ沿いを北へと進みます。
パトンビーチは一方通行が多いので、パトンビーチ沿いの道路に入ってから、三番目の両方通行できる道路に入ります。
ただ、見た目的には、二番目なので注意が必要です。
道路の名前を記載すると、SAWATDIRAK ROADです。
この道を入り、次の大きな交差点の左側に青い屋根というか雨よけというか、見たら分かりますが、一角があります。
その一角にカオマンガイ屋があります。
店の中ほどで鳥を吊るしている食堂が、その目当てのカオマンガイ屋です。
このお店は、カオマンガイとカオムーデーング(焼き豚ご飯)と飲み物しかメニューにありません。
本当に美味しいので、機会があれば是非食す事をお勧めします。

鳥のから揚げ

タイでは、鳥のから揚げの事をガイトーと言います。
ガイは、鳥。
トーは、揚げる。
日本的な鳥のから揚げは、どちらかというとシンプルな味付け。
ですが、さすがタイ。
若干、辛目の味付けで、色目も赤味がかっています。
このガイトーは、屋台で売っている事が多い。
一番のお勧めは、カリムビーチのガイトー屋さん。
一本18バーツだったから、日本円にして50円。
安いねーーー。
美味いねーーー。
プーケット最高だねーーー。
ガイトー屋では、ご飯も一緒に売っている。
ご飯といってももち米で、カオニャオ。
これを合わせて食べると最高。
カオニャオとガイトー二本を食べるとお腹一杯になります。
揚げたてだとモット最高。
屋台で見つけたら、すかさず食すべし。

レストラン

タイ食堂

カタビーチの近くにあるred
ここは、いわゆるタイフードを扱っているちょっと小奇麗なタイ食堂です。
ここのお勧めは、
バミーナームルークチン(小麦メンの汁ありつみれ入り)
タイのローカル食堂でこれを食べるとバミー(小麦メン)が焼きそばのメンのように若干太めでこしがないので、汁ありで食べるには、何か物足りない。
が、この食堂は、こしのある細メンを使っているので、汁との相性がバッチリ。
そして、ルークチン(魚のつみれ)
処理の仕方が絶妙なんだと思うのですが、臭み苦味がないので、めちゃくちゃ美味い。
そして、ナーム(汁)。
日本人風なと言いますか、タイ風といいますか、とにかく美味い。
郷に入っては郷に従えで、タイ人風に辛味・甘味・酸っぱ味・塩味で味付けをするのがタイ人の食べ方なので、真似をしてみるのもいいかも???
場所は、カタビーチからプーケットタウン方面に向かい(道路名で言えば、KOK TANOD RD)ファミリーマートを過ぎ小さな左カープ右カーブを過ぎた右手にTHAI FOODと大きく書いた看板があります。