波乗りするためには、ドルフィンスルーは必要不可欠な動作です
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

ドルフィンスルー


波を避けるための動作です
ドルフィンスルーができないと沖合に行けません
ダックダイブともいいます

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン用品用語 > ドルフィンスルー

1、ドルフィンスルーとは

ドルフィンスルーとは、波をかわすサーフィンのテクニックです。ダックダイブともいいます。
波乗りをするためには、波の割れる沖へ行く必要があります。その場所に行くまでに、ウネリやスープに捕まってしまうと、なかなか沖へ辿りつくことが出来ません。
これらをかわして、その場所に行くことをゲッテングアウトといいます。ゲッティングアウトを容易にするのがドルフィンスルーの技術なのです。

ドルフィンスルーを簡単に言い表すと、サーフボードごと体を沈め、ウネリやスープから身を守ること。これらに捕まると、せっかく沖に行きかけたのに岸に戻されてしまい、ゲッティングアウトのやり直しです。こんなところで体力を消耗してしまうのは勿体ない。
技術をマスターして波乗りを存分に楽しみましょう。

2、どのように波をかわす

では、どのように波をかわすのでしょうか?
1、ウネリ・スープが近づいてくる
2、サーフボードノーズから沈める
3、ストリンガーの上に膝をつき、反対側の足を上に上げる
4、重心をややテール方向に持ってきて、サーフボードを下に沈める感じにする
5、ウネリ・スープがある程度通過したら、サーフボードに乗せているつま先でテールを蹴ると同時にノーズを上に向ける
6、水面に出たら、再びパドリングを開始する
ざっと、こんな感じです。
どうですか?
「えっ、難しい?」
当然です。
俺の中で、ドルフィンスルーほど難しいサーフィンテクニックはないと思ってますから。
ボトムターンより、全然難しいです。
なかなか、上手いこと出来ません。
いい感じのドルフィンスルーの感覚を掴むことは、相当難しいでしょう。
でも、練習すれば、なんとかなります。
練習あるのみです。
もし、いい感じのドルフィンスルーをする事が出来たら、その感覚を忘れないうちに何度でも練習しましょう。

3、大きすぎる波が来たら

ドルフィンスルーをしたところで意味のない場合もあります。大きすぎる波。
ドルフィンスルーをして、更に海中でドルフィンスルーをします。二度するわけです。
回りにサーファーが居ない場合は、サーフボードを手放して潜ったりもします。サーフボードからジャンプして潜ったりもします。
そして、大きく息を吸ってから潜ります。海中では、冷静沈着、無我の境地。決して焦らない。焦ると心拍数が上がって酸素消費が大きくなります。
大波にチャレンジするサーファーから聞いた話。海の中では平静を保つために歌を歌うんだよ。だって。

サーフィンゲートTOP > サーフィン用品用語 > ドルフィンスルー