ブランド別リーシュコード

サーフィンのリーシュコード屋 > ブランド

GLASSY(グラッシー)

Hand Tide

新しいブランド。ここ数年の間に急速に広まってきたサーフィン用品のブランド。リーシュコード以外にもいろいろとグッズを展開しています。
その特徴は、なんといっても安さ。有名ブランドの半額以下で手に入ります。これだけ安いと手が出やすい。
初めて買う方や、ブランドにこだわりの無いサーファーならコレを選ぶのもあり。というか、お値打ちです。特に、品質に問題はないようなので、「アリ」ですね。
管理人は、すでにサーフィン歴20年以上でFCSを愛用しているので、コレを使うことはありませんが。初心者に勧めるなら、最初の一本として此れもありでしょうね。

creatures(クリエイチャー)

comp

初心者には、これをお勧めします。大きな波ようではないけど、波乗りするのに支障が無いサイズ。扱いやすくて初めての1本にはコレでオッケー。

lite

小波用。
短くて口径が小さい。

reef

以前に使っていました。
使用中に壊れたことがあり、使わなくなりました。劣化が原因で不具合では無かったのですが。なんとなく敬遠するようになりました。

longboardcomp

longboardpro

destination(デスティネーション)

Hand Tide

DAKINE(ダカイン)

KAINUI

フィット感抜群で価格もリーズナブルなレギュラーモデル。
ハワイのビッグウェーブで何度も何度もテストされたリーシュはフィット感抜群で価格もリーズナブルなレギュラーモデル。
耐久性も申し分ない。

XM

ちょっと高めだけどお勧め

ブランドとしての歴史は浅くてちょっと高いですが、いい商品です。
リーシュコードのトラブルを防いでくれます。テイクオフの時に踏んでしまったり、ゴムが絡まったりする事がないような設計になっています。また、足首にフィットするような作りになっています。
前に使ってましたが、海外に行った際に友人にプレゼントしました。海外では手に入らないのですごく喜ばれました。

FCS

管理人の愛用

管理人が使っているモデルです。サーフ用品最大手の名にふさわしいリーシュコードです。今までFCSを何本も使ってきましたが、不具合などは一度もありませんでした。管理人がお勧めするならこの一本ですね。

日本で波乗りするなら、サイズは6feetがベストだと思っています。日本の波は、そんなに大きくなく、それでいて力もそんなにありません。それらを換算すると最適なリーシュコードのサイズは「6feet」になります。