海外サーフトリップに行くときに悩むのが、サーフボードの運搬。ただでさえ大きくて持ち運びが大変なのにサーフボードチャージを取られた日には、泣くに泣けない。
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

航空会社別サーフボードチャージ情報


サーフボードチャージは航空会社によって違います
規定ではサーフボードチャージを取られるのに取られない場合も
まずは航空会社別サーフボードチャージ一覧をご覧ください

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフトリップ情報 > 航空会社別サーフボードチャージ情報

日本航空(JAL)のサーフボードチャージ

日本航空(JAL)のサーフボードチャージは、かなりややこしい規定ルールがあります。
まず、アメリカ・カナダ・ブラジル発着便は間違いなくサーフボードチャージが必要です。
デンパサール便はサーフボードお預かりキャンペーンをしているので必要なし。
オーストラリア・ニュージーランド発着便は、エコノミークラスだと受託手荷物許容量20kgまでは必要なし。
上記以外のヨーロッパ・アジア発着便は、サーフボード一本目277cm以下だと5kg超過料金、277cm以上だと8kg超過料金、二本目は通常の手荷物料金が必要です。
どちらにしても、300cm以上のサーフボードを預ける場合は、最寄りの営業所に問い合わせる事が必要との事です。

全日空(ANA)のサーフボードチャージ

全日空(ANA)のサーフボードチャージは、日本航空と同じ規定が採用されています。
さすが、日本の航空会社です。
横へ並べですな。

ガルーダインドネシア航空のサーフボードチャージ

ガルーダインドネシア航空のサーフボードチャージは、取られません。
サーフボードは一点15kgまでなら無料で他の手荷物とは別で預ける事が出来ます。
二人で預けるから30kg、では無くて、一点15kgまで、ですのでお間違えのないように。

注意点

ガルーダインドネシア航空の荷物の規定はひんぱんに変更されます。コロコロ変わります。ただし、サーファーの利用が多いガルーダインドネシア航空にとってサーフボードチャージを有料にすることはあり得ません。チャージに関して心配する必要はありませんが、たくさんのサーフボード、たくさんの荷物を載せる方は注意しておきましょう。

タイ航空のサーフボードチャージ

タイ航空のサーフボードチャージは、ほぼ100%取られます。
行きの往路は100%の確率でサーフボードチャージがかかりますが、帰りの復路は空港職員によって違いがあります。
タイ航空の規定ルールでは、サーフボードチャージがかかる旨の記載があります。
なのでタイ航空を利用するサーフトリップサーファーはサーフボードチャージを用意しておこう。
聞いた話だと、片道2万円かかったようです。
往復で4万円だと、安いサーフボードが一本買えますね。
ただし、抜け道もあります。
サーフトリップツアーを扱っている旅行代理店を通すとサーフボードチャージがかからない場合があります。
詳細に関しては旅行代理店に問い合わせてみましょう。
追加情報です。
タイ航空を利用してバリ島へ旅行に出かけた方からの情報ですが、サーフボードチャージがかからなかったそうです。その方は、マイレージを利用した特典旅行でしたので、サーフボードチャージが発生しなかったのか?バリ島へ行くタイ航空がサーフボードチャージを取らないのか?そのあたりの詳細は不明ですが、サーフボードチャージがかからなかったそうです。チケットを手に入れる際には、航空会社に問い合わせするのが無難のようです。

更に追加情報です(2016年2月、管理人がタイ航空のチェックインカウンターで調べました)

バリ島を経由する飛行機であればサーフボードチャージはかからないそうです。タイ航空を利用したバリ島旅行の楽しみが増えましたね。

シンガポール航空のサーフボードチャージ

シンガポール航空のサーフボードチャージは無料です。
更にスポーツ用品に該当するので、サーフボード一点は受託手荷物許容量から除外して預ける事が可能なようです。
シンガポール航空の手荷物許容量はエコノミークラス20kgですが、それ以外にサーフボードを預ける事が出来ます。
これは非常にありがたい制度です。
ただし、これも空港職員によってマチマチです。
空港職員に直接聞いた話では、27kgぐらいまでは無料で預ける事が出来ると言う事でした。
とりあえずシンガポール航空ではサーフボードチャージは必要ありません。

マレーシア航空のサーフボードチャージ

マレーシア航空のサーフボードチャージは無料です。
マレーシア航空のエコノミークラスにおける受託手荷物許容量は20kgです。
20kg以内に収まっていれば無料です。
20kgをオーバーすると超過料金が発生するので気をつけましょう。

チャイナエアラインのサーフボードチャージ

チャイナエアラインのサーフボードチャージは有料です。
チャイナエアラインのエコノミークラスにおける受託手荷物許容量は20kgです。
アメリカ発着以外は、サイズ規定がないので20kg以内だと有料です。
20kg以内に収まっていれば無料です。
ただし、チャイナエアラインに関しては情報が錯綜しています。
チャイナエアラインの規定ルールでは、サーフボードチャージは無料のはずですが、超過料金を取られたり、一本は取られなかったけど二本目は取られた、などなど。
行きの往路は取られなかったけど、帰りの復路は取られたなど・・・。
行きの往路も帰りの復路も取られなかったなど・・・。
いろいろな話があります。
サーフトリップの達人の話では、サーフボードケース一点は無料で二点目は有料。

注意点

チャイナエアラインの規定ルールでは、3辺(縦・横・高さ)の和が203cmの大型荷物を預ける場合は、チャイナエアラインに連絡する必要があるようです。
更に、サーフボードを預ける場合は、予約の際に申請する必要があるようです。
その際にサーフボードチャージについて聞いてみるのも一つの手だと思います。

大韓航空のサーフボードチャージ

大韓航空のサーフボードチャージは有料です。
どんなに頑張っても、どんなに運がよかろうが、有料です。

2011年12月時点の情報

サーフボードチャージの料金が変わりました。従来より大幅に安くなり片道6000円ほどです。(バリ島に行くとき)
サーフトリップでの使い勝手が大幅に上がりました。

2016年11月時点の情報

サーフボードチャージは無料です。ただし、預け荷物が一個だけになりました。二個目から有料です。サーファーは二つ、三つと荷物が多いので使い勝手が悪くなりました。

エバー航空のサーフボードチャージ

エバー航空のサーフボードチャージは有料です。
どんなに頑張っても、どんなに運がよかろうが、有料です。

2016年11月時点の情報

サーフボードチャージが無料になっているようです。乗継に難がある航空券が多いですが、サーフボードチャージが無料だし、航空券も安いので検討してみては。

キャセイパシフィック航空のサーフボードチャージ

2011年12月時点の情報

2010年12月よりサーフボードチャージが無料になりました。これでサーフトリップへ行くときにキャセイパシフィック航空を利用することが出来ますね。

2016年12月時点の情報

サーフボードチャージは引き続き無料のようです。ただ、事前に航空会社に電話してほしいとのことでした。荷物のスペースの問題などのようです。

エアアジアのサーフボードチャージ

格安航空券の代表格のエアアジア。有料でサーフボードを預ける事ができます。スポーツ用品は、普通の荷物とは別で預ける必要があります。

利用料金は、重さで決まっています。15kg、20kg、25kgという感じで料金設定がなされています。ご自身の梱包後のサーフボードの重さを調べてから予約しましょう。チェックインまでなら変更が可能です。

アシアナ航空のサーフボードチャージ

サーフボードチャージは無料です。日本から格安で移動できるので使い勝手がいい航空会社です。

ベトナム航空のサーフボードチャージ

2019年3月時点の情報

3辺の合計が300cm以下で、重量が預け荷物の許容量の範囲内なら無料です。

ただし、預ける場合は、リクエストが必要です。ベトナム航空から航空券を直接買った場合は、電話でリクエストします。旅行代理店経由で購入した場合は、旅行代理店にリクエストをしてもらいます。

サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 航空会社別サーフボードチャージ情報