旅行中に荷物の破損や盗難などの損害を保険でカバー
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

国際免許・国外免許


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 用品用語 > 国際免許・国外免許

国外免許について

国際免許の方が通用するかも。
正式には、国外免許です。
日本以外の外国で、車・バイクを運転する場合に取得が必要です。
国外免許を取得していると、外国でも運転免許として通用しますので、捕まったりの心配はありません。

申請方法

国外免許の取得は、移住地域の管轄運転免許更新センターなどに行く必要があります。

国外免許取得申請に必要な書類は
1、運転免許証
2、写真(縦5cm・横4cm、背景は無地、半年以内に撮影)
3、印紙代(2650円?)
4、印鑑(シャチハタ以外)
5、ボールペン(申請場所にあります)
以上を揃えた上で、申請時間に行けば、込んでいなければ直ぐに発行してくれます。

注意点

国外免許・国際免許を取得していると海外で運転ができます。
ただ、注意が必要です。
「移住地域で運転免許を持っていると、海外でも運転していいいですよ」という協定を結んでいる国、限定の制度です。
なので、協定を結んでいないと、国外免許を持っていても、基本的には通用しません。
ちなみに、サーファーのよく利用するバリは、協定を結んでいません。
なので、警察に捕まった時、助かるかどうかは、五分五分です。
運を天に任せましょう。
もう一点の注意事項は、日本で取得した区分のみ有効って事です。
原付免許しか持っていない場合は、原付しか運転できません。
間違っても、バイクを運転しないように。
ちなみに、バリでバイクを運転する場合は、中型免許が必要です。バリのバイクは100ccとか125ccです。
昔、中型免許を持っていないときに、警察に捕まった時に、「バイクの免許がないから、罰金を払え」と言われました。

サーフィンゲート > 用品用語 > 国際免許・国外免許