旅行中に荷物の破損や盗難などの損害を保険でカバー
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

携行品保険


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 用品用語 > 携行品保険

1、携行品保険について

携行品保険とは、日本から持っていった物を、盗難・紛失などで無くした場合に補償してくれる保険のことです。
海外は、日本と違い、治安が悪い。
かくいう俺も、海外で三度ほど盗難に会いました。
そんな時の強い味方が、「携行品保険」なのです。
一事故に付き、免責(補償を受けるための自己負担)で、だいたい3000円ぐらいかかります。
減価償却(盗難・紛失に遭った商品の経過年数に応じて商品価値を減額)。

紛失・盗難に遭った商品の金額の合計 − 免責 − 減価償却 = 保険金 が支払われます。

携行品保険の支払いを受けるには、もちろんこの携行品保険に入っていないといけません。
一概には言えませんが、年会費の掛かるクレジットカードには、あらかじめ付いています。
年会費無料のクレジットカードでも、「携行品保険」が付いている場合がありますので、ご自身で使い勝手のいいクレジットカードを探してみてください。

2、携行品保険の支払いを受けるには

携行品保険の支払いを受けるには、
1、事故証明書(事故があった場所の管轄の警察で手に入れる)
2、パスポートのコピー(顔写真入の面、出国・入国のスタンプの押してある面)
3、申請用紙(カード会社に電話して手に入れる)
以上をそろえる必要があります。
上記1が無い場合は、カード会社から送られてきた書類に盗難・紛失に遭った状況などを詳細に記入する必要がありますので、若干面倒くさいです。
俺も最初の盗難の時に、事故証明書を手に入れていなかったので、かなり面倒くさかったです。
なので、盗難・紛失に遭った場合は、速やかに最寄警察署に行き、証明書を手に入れることをお勧めします。
ちなみに、バリ島で盗難に遭った場合は、警察署で事故証明書を手に入れると、手数料を要求されます。
約10万ルピーが相場ですので、気持ちよく払ってあげましょう。
なれていないと、それ以上要求されますが、10万ルピーで十分です。

サーフィンゲート > 用品用語 > 携行品保険