海外に長期で行く場合は、ビザが必要です。サーフィンが出来るインドネシア・タイなどでのビザの取り方・申請方法など教えます
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

インドネシアやタイのビザの取り方


インドネシアでは30日までの滞在はビザなしになりました
タイでは空路での入国で30日までの滞在ならビザなしでオッケーです
各国ではそれ以上の滞在だとビザの延長やビザの取得が必要です

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > インドネシアやタイのビザの取り方教えます

インドネシアのビザについて

インドネシアへ入国するにはビザが必要です。
ただ、30日までの滞在なら空港に到着してからビザを取得することが出来ます
これは非常に簡便な方法です。
1、空港の「VISA ON ARRIVAL」に行く。
2、パスポートと25ドルを渡す。
3、領収書とパスポートを返却してくれる。
4、入国審査で領収書とパスポートを提出する。
5、パスポートにビザのシールを貼ってくれる。
これで30日間の滞在が許可されます。
さらに、滞在を延長したい場合は、申請書と帰国便の航空券のコピーとパスポートの写真ページとビザページのコピーとパスポートを持って、入管事務所に行くと延長申請を受け付けてくれます
滞在の延長をすると更に30日間の滞在を許可されます。
五日後に入管事務所に行き、手数料250000ルピアを支払うとビザシールの貼ったパスポートを返却してくれます。
申請書は入管事務所にあります。
入管事務所の隣にはコピーをしてくれるところもあります。
1、申請は本人が行う。(エージェントがいるので本人でなくてもオッケーかも???)
2、滞在期限の7日前までに申請する。
3、延長手続きは5営業日が必要。
4、2010年1月25日まで入国した方は延長できない。
上記はあくまでもルールです。

2016年12月情報

現時点では、ビザは必要ではなくなりました。ビザ代金として35ドルを支払ってきましたが、それが無くなりました。その分で遊べますね。
ビザなしで滞在できるのは、30日間だけ。入国から出国までを含めて30日。それ以上の滞在にはビザが必要です。前まで有効だった「滞在の延長」はビザなしではできなくなりました。延長をする方は、引き続き、空港にて「VISA ON ARIVAL」を取得しましょう。

タイ(プーケット)のビザについて

タイは、空路での入国で30日、陸路での入国で15日までの滞在ならビザなしオッケーです。
それ以上に滞在するなら、ビザが必要です。
プーケットに滞在する場合は、タイのビザを取得しにマレーシアに行きます
プーケットからマレーシアまではミニバスで約10時間と考えようによっては近い。
これはいろいろな旅行会社が運行してまして、ビザランと呼ばれています。
ビザを取りに行くツアーですな。
マレーシアでの滞在ホテルやビザの申請書の書き方なども教えてくれるので大変便利ですね。
マレーシアに行く場所によって違いはありますが、ビザ代を含んで4500バーツ〜6000バーツ(13500円〜18000円)です。
このビザを取ることにより滞在を2カ月延長することが出来ます。
15日間だけ延長したい場合は、ミャンマーへ出国する方法もあります。
このビザツアーも旅行会社が扱ってまして、往復11時間の日帰りツアーで1500バーツ(4500円)です。
一カ月だけの延長なら、隣国へ飛行機で出国し、日帰りするという手もあります。
安いチケットがあれば、この方法もありかなと思いますが、直前にこの方法を採用するとなるとかなり高額なチケット代が予想されます。
なのであまりお勧めは出来ません。

サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > インドネシアやタイのビザの取り方教えます