デルタ航空のマイレージ「スカイマイル」は、なんと2万マイルでアジア往復旅行券がタダでもらえます
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

デルタ航空のマイレージを貯めてアジアに行こう


デルタ航空のマイレージはものすごくお得です
サーファーがよく行くアジアがなんと2万マイルでいいんです
2万マイルだと3回の旅行で手に入るんですよ

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > デルタ航空のマイレージを貯めてアジアに行こう

マイレージについて

マイレージとは、航空会社のポイントサービスです。
そのポイントは、航空券に交換する事が出来るのでタダで旅行に行けるお得なサービスです。
では、どのようにポイントを貯めるのか?
基本は、航空会社を利用するとポイントが貰えます。
ポイントがどのように付くかは、飛行機の運航距離と航空券の種類によります。
ファーストクラス>ビジネスクラス>エコノミークラスの順にポイントが貰えます。
また、航空券の種類によっては、ポイントが貰えない事があります。
その辺りの詳細は、航空券を手配した旅行会社に問い合わせましょう。

インドネシアへ入国するにはビザが必要です。

マイレージのグループ

航空業界には、大きく分けて3つのグループがあります。
デルタ航空主体のスカイチーム、アメリカン航空主体のワンワールド、ユナイテッド航空主体のスターアライアンス
各航空会社は、それぞれのチームに所属しています。
もちろん、どこにも所属していなかったり、入りたいけど入れない航空会社もありますが・・・。
ちなみに日本人サーファーがよく利用する「ガルーダインドネシア航空」はどこにも所属してません。
というか、除外されました。
一時期、立て続けに飛行機事故に見舞われたので、除外されました。
いつ復活する事やら・・・。
さておき、日本人サーファーに関係のありそうな航空会社のチームごとにまとめました。

マイルグループ

スカイチーム

ノースウエスト航空、チャイナエアライン、中国東方航空
中国南方航空、大韓航空、マレーシア航空

スターアライアンス

シンガポール航空、全日空、アシアナ航空、タイ国際航空
ユナイテッド航空、

ワンワールド

アメリカン航空、日本航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空

このグループは提携関係にあります。
日本の会社でいえば「T-POINT」のようなものです。
「T-POINT」を発行しているのは、「TUYATA」ですが、ファミマでもブックオフでも、もちろんツタヤでもポイントが付きます。
これと同じで、たとえばデルタ航空の「スカイマイル」に入っているとします。
すると、チャイナエアラインでも大韓航空でもマレーシア航空でも、これら航空会社を利用するとスカイマイルにポイントが付きます。
ということは、マレーシア航空のマイレージ「エンリッチ」でも、各航空会社を利用すると「エンリッチ」にポイントが付きます。
ただ、使い勝手という面でいろいろな制約があります。
それは、ポイントの有効期限。
だいたいの航空会社が有効期限3年としている中で、有効期限がない航空会社があります。
それが、チーム主体のデルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空です。
有効期限がないと言いましたが、実は有効期限がありまして、1年半です。
ですが、その間に一度でもポイントが付くとそこから1年半なので、ほぼ有効期限がないといえます。
なので、マイレージを貯めようと思うなら、デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空がお薦めです。

サーファーがマイレージを持つなら

とりあえず、3つ入りましょう。
デルタ航空「スカイマイル」、ユナイテッド航空「マイレージプラス」、アメリカン航空「AAdvantage」
3つ持っていると日本からの発着便のほぼすべてをカバーできると思います。
その中で特に力を入れたいのが、デルタ航空の「スカイマイル」のマイレージ。
それはなぜか???
マイレージにはポイントがつくわけですが、そのポイントと航空券が交換できます。
そのポイント数に格段の違いがあるからです。
なんと、デルタ航空のマイレージでは、2万マイルでアジアの往復航空券が交換出来ます。
他の航空会社では4万マイルも必要なので、半分で航空券が手に入ります。
これを見逃す手はありません。

デルタ航空提携のクレジットカードでマイレージを貯めよう

飛行理を利用してポイントを貯める事が出来ます。
その他にもポイントが付くサービスとして、クレジットカードの利用があげられます。
これは、デルタ航空が提携しているクレジットカードの利用でポイントがつきます。
100円の利用で1ポイント付きます。
なのでアジアの航空券と交換するなら、200万円の利用で航空券が手に入る計算になります。
一般的な社会人なら年間100万円ぐらいクレジットカードの利用を見込めるので2年でアジア往復航空券が手に入ります。
飛行機を利用して、クレジットカードを利用して、お得にデルタ航空のマイレージを貯めよう。
そして、タダでアジアへサーフィンだぜ。

ユナイテッド航空提携のセゾンカードでマイルを貯めよう

このクレジットカードの利点は、年会費の安さ。なんと一般カードは1575円と他のクレジットカードを圧倒する安さ。
ただし、この一般カードだと100円利用で0.5ポイントしかマイルが貯まらない。それをカバーするのが、年会費にプラス5250円することでマイルが100円利用でプラス1ポイントが付いてくるマイルアップメンバーズ。
これで100円利用で1.5ポイントもマイルがたまるので、他のクレジットカードよりも抜群に使い勝手が高い。
もちろん、海外旅行保険にも対応しているので、海外トリップ中の不意の事故にも安心だ。
更にお得なのが、このクレジットカードはお財布携帯用のクレジットカードとしても登録できるので、サーファーがよく利用するコンビニでの支払いとしてもマイルを獲得できる。
このマイルを利用できるのが、シンガポール航空、タイ航空、ANA、など東南アジアへの使い勝手はぴか一と言えるでしょう。なんといってもシンガポール航空を使えるのはうれしいね。
また、東南アジアへは三万マイルで航空券をゲットできるのもうれしい。

サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > デルタ航空のマイレージを貯めてアジアに行こう