旅行中に荷物の破損や盗難などの損害を保険でカバー
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

マイルカード


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 用品用語 > マイルカード

マイレージカードについて

マイレージカードは、一言で言えば、ポイントカード。
マイレージカードは、ポイントを貯めることにより、無料航空券がもらえる特典が一番の魅力。
ポイントを貯める詳細は、後で述べますが、20000ポイントを貯めると、北アジアを無料で旅行できます。
サーファーなら、もちろん、サーフトリップですよね。
で、何が良いかって言うと、マイレージカードを持ってても何の損も無いって事。
しかも、持って無いと損をするって事。

ポイントを貯める

マイレージカードでのポイントの貯め方は、大きく分けて二種類。
1、マイルカード発行会社か提携会社の飛行機に乗る。
2、発行会社が提携しているサービスなどを利用する

1、マイレージカード発行会社か提携会社の飛行機に乗る。

どのマイレージカードを利用すればいいかといいますと、サーファーに限った場合では、利用価値があるのは二つのマイレージカードです。
ユナイテッド航空のマイレージカード。
ノースウエスト航空のマイレージカード。
この二枚のマイルカードを持っていれば、ほぼ間違いなしです。
なぜ、この二枚でいいか?
マイルカードのポイントの有効期限が、ほぼ無期限。(厳密には、サービス利用から三年以内にポイントを貯めると、そこから更に期限が三年延長されます。)
サーファーが行く、サーフトリップ先の航空会社をほぼ網羅している。
この二つのカードで、全日空、ガルーダインドネシア航空、シンガポール航空、タイ航空、マレーシア航空、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空、オーストラリア航空、カンタス航空・・・。
この二枚を持っているとほぼ全ての航空会社でマイレージカードでポイントを貯めることが出来る。
キャセイ航空だけは、どことも提携していないので、残念なんですが・・・。
後は、持ってて損がないのが、JALのマイルカードですが、これは利用有効期限がありますので、ポイントが無駄になるかも・・・。で、ポイントの貯め方は、飛行機に乗る際に、受付カウンターでマイレージカードを提示するだけ。
もし、持って行くのを忘れたとしても、後から申請すれば、オーケー。
長くて二ヵ月後には、ポイントが付与されている。
ポイント数については、飛行距離と座席と航空券の種類によって決まっています。
この前、羽田神戸間の飛行機を利用して195マイルを獲得しました。
関西バリ間だと、片道約3000マイルです。

2、発行会社が提携しているサービスなどを利用する。

俺がポイントを貯めるのに利用するサービスは、友人を紹介、保険の見積もりを取る、資料を請求するなどの、商品の購入以外のサービスです。
商品を購入して貯めるポイントよりも、これらの方が、ポイントが貯まります。
商品の購入でお得なのが、証券会社のサービス利用。
20万円の投資信託の購入で5000ポイントも獲得できます。
興味のある付随サービスなど、利用してみる価値はあります。

最新情報

とうとうJALが航空会社グループに本格的に参加しました。
参加したグループが、ワンワールド。
ワンワールドには、アメリカン航空、ブリティッシュ航空、キャセイパシフィック航空、日本航空(JAL)、カンタス航空・・・など21社航空会社が入会しています。
その中でどの航空会社のマイレージカードがお徳か?
ずばり、アメリカン航空のマイレージカードです。
まず
1、日本語対応のホームページがある。
2、サーファーの利用がある、日本航空(JAL)とキャセイパシフィック航空が入会している。
3、有効期限が、一年半以内になんらかでポイントを貯めれば永年。
一番のお得は、やっぱり有効期限ですね。
たとえば、日本航空のマイレージカードは、約三年です。
ちなみに三年で貯めることが出来るマイレージポイントだけでは、海外にサーフトリップに行くことが出来ません。
なので、せっかくのポイントが無駄になるわけです。
と言うことで、ポイントが永年になるアメリカン航空のマイレージカードがお得なわけです。
ただ、注意が必要なのが、一年半以内に何らかのポイントを集めなければなりません。
1、提携航空会社に搭乗する。
2、その他サービスを利用する(提携キャンペーンへの参加、提携ホテル・レンタカーの利用・・・)
3、マイレージカード付クレジットカードを作って、買い物をしてポイントを貯める。
一番いいのは、飛行機に搭乗することですが、それが難しい場合は、マイレージ付クレジットカードを作ることですね。
これなら、何の問題も無くポイントを貯めることが出来ます。
ただ、クレジットカードの年会費がそこそこしますから、持つか持たないかは微妙な感じです。
ここでお勧めしたいのが、ネットマイル。
これは、ネットマイルに入会し、キャンペーンへの参加、各種資料請求などでポイントが貯まるサービスです。
ここでポイントを貯めると、航空会社のマイレージカードポイントへ交換することが出来ます。
交換できるのが、ワンワールド系アメリカン航空、ワールドパークス系ノースウエスト航空、スターアライアンス系ユナイテッド航空。
いわゆる、サーファー必携のマイレージカード全てに対応しています。
なので、ネットマイルに入会するべきですね。

マイレージカード一覧表

スカイマイル

ノースウエスト航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、大韓航空、マレーシア航空、シンガポール航空

スターアライアンス

シンガポール航空、全日空、アシアナ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、

AAdvantage

アメリカン航空、日本航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空

サーフィンゲート > 用品用語 > マイレージカード