メローな波に乗りたい
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

メロー


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 用品用語 > メロー

1、「メロー」とは

僕もしばしば口にすることがある。
「あの波はメローでしたね〜〜〜」「あそこの波はメローですよ」
サーフィン用語の「メロー」とは、波のある状態を指す言葉。
その状態とは?
一言で言うと、優しい。
波には力強さで「パワーのある波」「パワーの無い波」「普通の波」に分けることが出来る。
またフェースが、「掘れる波」「たるい波」「普通の波」に分けることもできる。
サーフィン用語の「メロー」な波とは、力は普通の波でフェースが普通の波に分類される、まぁ〜〜〜至って普通の波なんですが、ただの普通の波じゃないんです。
テイクオフはイージーで、フェース面がしっかりしているのでアップスン、ボトムターン、トップターン、カットバックなどの練習にもってこいで、ただ、掘れてないのでリッピングなどのアクションはかけにくく、パワーがあるのでスピードもそれなりに出やすく、なんせゆったりした気分でサーフィンが出来るのが「メロー」な波なんです。

一番メローだったポイント

スリランカの「ミディガマ」。あそこは、最高にメローな波でした。
日本人サーファーなら虜になること間違いなし。
スリランカに行った時に、ちょうど日本のロングボードの大会がありまして、その人たちがミディガマにサーフトリップで来てましたが、そのメローなサーフィンに感激していました。
僕の友人にも勧めまして、そのサーファーからも感謝されました。あそこほど、メローなサーフィンが出来る場所も珍しいですね。

2、「メロー」の語源とは

「メロー」???確実に日本語じゃない。
和製英語???調べてみました。簡単にありました。
「mellow」ですね。
意味は、柔らかい、豊かで美しい、です。
まさにその通りですね。
サーフィン用語の「メロー」は、柔らかくて豊かで美しい。メローな波でサーフィンしている人を見ると、ゆったりとして柔らかく、ライディングは見ていて美しい。まさにメローなライディングです。

サーフィンゲート > 用品用語 > メロー