レイトテイクオフについて解説します
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

レイトテイクオフ


ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 用品用語 > レイトテイクオフ

1、レイトテイクオフとは

テイクオフとは、サーフボードの上に立つ事です。
テイクオフは、如何に早くサーフボードの上に立つ事が出来るかです。初心者サーファーは、その為に陸上トレーニングをしたり、海でもみくちゃにされながら練習するわけです。
では、レイトテイクオフとは一体なんでしょうか?

初心者のレイトテイクオフ

テイクオフが遅れる事です。
初心者サーファーがよくやるのが、テイクオフが遅れて波に捕まったり、波に置いていかれたりする事があります。それらも一応、レイトテイクオフです。
ただ単にテイクオフの失敗としてレイトテイクオフと言います。

上級者のレイトテイクオフ

わざとテイクオフを遅らせます。
それは、チューブの波を狙う時など。早くにテイクオフをしてしまうと波がチューブを形成する前に先に走って行ってしまう時にタイミングを見計らい、ここだと言う時にテイクオフをします。
この一連の動作をレイトテイクオフと言います。ゆっくり立つのではなく、遅れて素早く立つのです。
ただ、タイミングを間違えばパーリングだし、チューブを形成するような地形ですから、大怪我の元です。そんな波では上級者以外は遠慮したいですね。

2、レイトテイクオフにならないために

レイトテイクオフにならないためには、早く立つ。これしかありません。
そのためには、パドルを一生懸命に漕いでスピードを出しておく、波をよく見てタイミングを計る、サーフボードが押された瞬間を見逃さない。これらは、テイクオフの基本です。これらをマスターしておけば防げます。
繰り返し繰り返し練習し反復し、いい動きがあったら忘れないよう頭の中に叩き込み、間違ったら反省し二度としないように注意。
海の中での反復練習と陸でのイメージトレーニングが大事になってきます。

サーフィンゲート > 用品用語 > レイトテイクオフとは