夏に限らず、サーフィンをする上において必要なのが、日焼け止め
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

日焼け止め


色が黒くて得する事なんて一つもない
日焼け止め対策でシミを増やさない
日焼け止めは塗りこむことが大事

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン用品用語 > 日焼け止め

1、日焼け止めについて

夏だけに限らずにサーフィンをする時の、必需品です。
日焼け止めの効用は、紫外線から、肌を守ってくれる事です。
肌が黒いと健康的に見えますが、はっきりいって不健康。
何が不健康かと言えば、肌が黒くなるとシミの原因となります。
シミを増やさない為にも、日焼け止めは重要です。
ところで紫外線って何なんでしょうね?

2、日焼け止めが、紫外線を防ぐ仕組み

日焼け止め化粧品には紫外線が肌の内部に届くのを防ぐ成分が配合されています。
その成分には大きく分けて2つの種類があります。

1 紫外線散乱剤=紫外線を反射して日焼けを防ぎます。

2 紫外線吸収剤=紫外線を肌の表面で吸収します。 

3、どのタイプの日焼け止めが効果的

日常生活での散歩や買い物では、SPF値10前後、PA+。
屋外での軽いスポーツやレジャーでは、SPF値20前後、PA++。
炎天下でのレジャーやマリンスポーツでは、SPF値30以上、PA+++。

ちなみに俺は、SPF値50+、PA+++を使用しています。水に強く落ちにくく、ドロッとしたタイプを使用。
長時間、サーフィンしても日焼け止めが落ちません。
サーフィンに適した日焼け止めといえるでしょう。

ただ、これは、俺の体質なのか、夏の強い日差しの時・海外でサーフィンした時、一日で真っ黒になります。
日焼け止めを完璧に塗っているのですが・・・。
紫外線は防いでくれてると願いたいのですが、どうでしょうか?

日焼け止め
日焼け止め
これは、いつもサーフィンに持って行く日焼け止めです。
ウォータープルーフと言われる水に強い日焼け止めですので、サーフィンに最適です。

サーフィンゲート > サーフィン用品用語 > 日焼け止め