乾季まっただ中のバリ島は水温が冷たいのでインドネシアサーファーは休んでる?
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

バリ島に来出して早10年が経ちました
まだまだ初心者のレベル域ですが
ようやくバリの波で遊べるようになってきました

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > バリの波で遊んでみれば

2014年7月の日記

平成26月7月29日

鳥取サーフトリップ

船磯サーフポイント東浜サーフポイント

中村に続きまして、鳥取サーフトリップを敢行。台風崩れの低気圧が日本海を東へ進み、そこからのウネリが山陰地方に届きます。その波を狙って、どこに行こうかなと考えまして、鳥取へ。

サイズがそこそこありそうだったので北東ウネリや北東風を交わす「青谷」を目指す。が、思って以上にサイズが無い。ダラダラな波だけ。
井出ヶ浜、石脇と見るが、どこもイマイチ。青谷の前にチェックした「船磯」がまだマシだ。

船磯は、そこそこ綺麗にウネリが入ってくるが、サイズはあるんだけどタルメ。そして、グーフィーオンリー。
入った時は数人だったが、後からグループが入ってきて、ちょっと混雑。波もイマイチだったので退散。

波乗りは諦めて温泉に行くか、東の方に波を求めてドライブに行くか?結局、ドライブを選択。いろいろ見て回ったが、サイズが足りない。が、東浜は、そこそこサイズがある。同じ鳥取なのに違うもんです。
東浜。サイズはそこそこあるが、地形がダメだ。インサイドに砂が溜まっていて、その辺りで一気に掘れ上がる。切れてない〜アウトで割れる波は、ダラダラ〜波を当てるのは難しいの〜

波乗りは諦めて、温泉へ切り替えだ。今日は、東浜から車で20分ほどにある「七釜温泉 ゆーらく館」へ。
ココが意外に穴場だった。近くに湯村温泉があるので、観光客はそちらに流れるのだろう。入った時は独泉できた。ありがたや〜波乗りで落ちたテンションが一気に上がりました。温泉さいこ〜


平成26月7月27日

中村サーフトリップ

中村温泉?カツオの塩たたき、鶏ヒモ、清水サバの刺身を地酒でいただく

台風ウネリの残り香を求めて高知県の中村サーフトリップを敢行。いつもは一人行動だけど今回は三人。運転が楽〜

波はずいぶんと下がって、たまのセット腹。どこもイマイチだが、双海だけは入れそうだ。平日なのでサーファーが少なくてありがたい。セットはダンパーなので小波で遊ぶ。ただ、潮が引いてくるに従いほとんどの波がダンパーになってしまった。

それにしても暑い。どんだけ暑くなるんだ。頭がパンクしそうになるぐらいに「うだるような暑さ」。木陰に車を停めて車の中で休憩をとったら、汗だくになった。マジでやばい。水分補給をこまめに〜

干潮から上げ潮にかけて浮鞭に入水。インサイドよりのセット腰。サイズは厳しいが砂付きがよかったのか、そこそこ遊べた。早めに切り上げて宿へ。そして、ルービータイム。旨い。五臓六腑に浸み渡るぜ〜

早めに夜ご飯へ。お目当てに居酒屋に行くと、「予約で一杯です」二軒目も「予約で一杯です」。20分ほど歩いたので喉がカラカラ。とりあえず、生ビールを飲みたかったので近くの居酒屋へ。イマイチだったので早々に退散。
中村に詳しい友人に聞いてみると「味劇場ちか」が旨いらしいので行ってみる。これが当り。乾杯は地酒。300mlの小瓶を三本頼む。地酒の飲み比べだ。「藤娘」「司牡丹」「土佐鶴」。満場一致で「藤娘」。
当ては、「カツオの塩たたき」「清水サバの刺身」「鶏ヒモの煮つけ」。これがね〜どれも旨いんだな〜ほんとに旨かった。その後に、「出汁巻き卵」「カンパチのモツ煮込み」「カンパチの粗炊き」。ほんとにお腹が一杯だ。でも、お会計は6500円。と安い。中村に行ったらおススメですよ。

二日目は、サイズがやばそうだったが、なんとか残ってくれた。でも、土曜日なのでサーファーが多い。ちきしょ〜。朝に双海、昼に浮鞭と一日目と同じ行動。そして、同じような波。
今回は、波には恵まれなかったが、三人で行動し、夜は居酒屋で宴会、宿に戻ってきてからも宴会。楽しい楽しい中村トリップでした。
次はどこにイコカナ。ただ、次は単独行動だろうな。


平成26月7月18日

エコノミー症候群

天気快晴なクタビーチ波の無いクタビーチ

無事に家に帰ってきました。長かったようで短かった。三周燗なんてあっという間だ。でも、今回のバリトリップはかなり濃密な波乗りが出来ました。別にいろんなポイントに行ったわけではなく、むしろクタビーチでしか入っていない。にも関わらず濃密でレベルの高い波乗りが出来た。やはりクタビーチの波は最高だ。

最終日は、残念ながら波が無かった。セット腰。テイクオフがギリギリ。インサイドの切れた波を選んで、なんとかライド可能。まぁ、上手いサーファーが乗れば、別なんだけどね。ほんと別の波乗りになるから不思議だね〜

ちょっと脱線。飛行機から降りて空港に向かう通路で一人の乗客が前のめりで倒れた。たぶん「エコノミークラス症候群」になったと思われる。本当に不幸だ。こんなのは簡単に防ぐことが出来る。でも、なってしまったら、致死率の高い病気だから厄介。
エコノミークラス症候群を防ぐには、適度に運動をする、座席に座っている時に膝の上下運動をする、足のマッサージをする、水分を摂取する、水分はスポーツドリンクが最適、などで防ぐことが出来ます。飛行機の座席の真ん中や窓側の方は通路側の方に遠慮してしまって、声を掛けるのをためらいがちです。でも、なってしまっては遅いので遠慮せずにドンドン声を掛けて、飛行機の中を歩きましょう。それが「エコノミークラス症候群」を防ぐ方法です。

次のトリップはどこに行こうかなぁ〜どれだけ上手くなったか楽しみだぜ〜


平成26月7月13日

オベロイサーフィン

オベロイで波乗りアヤムゴレン、テンペ、パパイヤな夕食

大好きなオベロイな波乗り。写真は別の日に撮影したのです。
風がサイドから入ってたので面はちょいガタガタ。サイズはセット頭。波が悪かったから?ポジションにサーファーは俺だけだぜ〜貸切だぜ〜
ウネリの向きが悪いのか、いつも割れるあたりで割れない。割れる時はワイドに割れる。たま〜に、極たまに切れたのが割れるのを待つのが長い。でも、それも続かない波なのよね。オベロイの波を当てるのは難しいの〜

ある日の夕食。アヤムゴレンにテンペ、フルーツにパパイヤ。これだけ食っても250円。昔と比べたら高くなったけど、それでも安いよね。もちろん、旨いのは間違いない。


平成26月7月11日

ハーフウェイのレフトが決まりまくり

写真が無いのが残念だけど、クタビーチのハーフウェイのレフトの波がめちゃくちゃいい。ココまでいい波なのも久しぶりに見る気がする。乗れたら最高だろうけど、競争が激しいので他人に譲ります〜
ライトの波を狙ってましたが、競争も少なくストレスフリーな波乗りが出来ました。

昨日の朝にエアポートリーフ「トロトロ」へ。風は弱かったが、それでも面に影響する。サイズは頭オーバー。人が少なくなってからピークに行こうと思ってたけど、結局、少なくなる事はなかった。次から次からサーファーが入ってくるんだもん。ちょーショック。


平成26月7月7日

ガッツリサイズが上がりました

ダンパーチックなクタビーチの波小波に見えるけどそこそこデカイ波だよクタビーチ

一気にサイズアップのバリ島です。
ロータイドだから余計にハードでインサイドでドカンと割れます。厳しいコンディション。

とりあえず入りました。インサイドで小波狙いでしたが、ポジションキープが難しく、スープを交わすのも一苦労。なんせ半端ないパワー。ドルフィンなんて効かないね。
明日も同じような波予想。さて、どうしようか?エアポートリーフ狙いか?


平成26月7月2日

水温が冷たい時期がおススメ

バリのローカル飯「ナシクニン」ホテルの守り神

今日もクタビーチ。バリ島に来て一週間が経ちますが、未だクタビーチでしか入ってません。なんだかんだ波がいい。
今日は朝一と昼からの二ラウンドを満喫。波はそんなによく無かったけど、いいのをゲットできたのでちょ〜ラッキー。

それにしても、いつものバリトリップよりもたくさん波に乗れる。なんでかな?と考えてたが、ようやく納得の答えが見つかった。最初は「俺が上手くなった?」と思ったがそんな事はない。ようは、いつもたくさん入っているインドネシアサーファーがあんまり入ってない。それだけの話。
何で入ってないか?答えは「寒いから」の一言に尽きる。この時期のバリ島は水温が低い。おまけに最近は風が常に吹いているので体温をごっそり奪われる。寒さに負けて海に入ってこないのだろう。ということで、この時期のバリ島トリップはチョーお勧めです。次に来る時もこの時期にしようと心に決めたのでした〜


サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > バリの波で遊んでみれば