去年に入れなかったサーフィンポイント「柴垣」へ。リベンジだぜ。
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

石川リベンジサーフィンだぜ〜


GWは岐阜の温泉旅館でバイト
バイト明けに石川へサーフトリップ
波予想はイマイチだったけど来てみれば

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 石川リベンジサーフィンだぜ〜

2014年5月の日記

平成26月5月23日

再び鳥取〜

またまた、鳥取に行ってきました。今回も前回と同じような感じで波が上がる感じです。今回はサイズもそんなに上がらず波が二日続いたらいいような予想です。

快晴で風も弱く、、、的な天気予報でしたが、朝方は曇り空でオンショア。さて、どこがいいか?
いろいろ見たが、どこもイマイチ〜白兎の手前から石脇まで見ましたが、ダメでした。船磯?見たがイマイチ、でしたが、車を走らせながら海岸に船磯を眺めていると、意外に出来そうな感じ。船磯の駐車場から見る波とビーチの正面から見る波では全然違います。波を見る目がまだまだ甘いですな。
入っていると徐々にサイズアップ。最初はセット腹、最終的にセット肩。堤防付近に綺麗なグーフィーが入ってくる。レギュラーの波はダンパーに近い。グーフィーは綺麗だが、テイクオフが厳しく、その後がダラダラ。久々に恐怖感を味わいながらのサーフィンを楽しみました。

3時頃に風が止むのを期待したが、今日は終日オンショアでした。船磯はコンディションを落としたので、移動。前回に波チェックして良かったのが、白兎の東。そこをチェックするといい感じで波が入ってきます。誰も入ってないしね。ただ、近くに駐車場が無いので歩くのが難儀だ。
波は綺麗に入ってきて、セット胸ぐらい。ちょいパワーあり。ただ、ポジション取りが難しかった。そして、ココもテイクオフは若干厳しく、その後がダラダラ。
テイクオフは楽しめたのでよしとしましょ。次回はいい波に乗りたいぜ。


平成26月5月19日

二泊三日山陰サーフトリップ

島根県の千畳サーフィンポイント島根県の有福温泉

北海道の東辺りでウネリが発生。あの辺りでウネリが出来ると山陰にウネリが三日ほど続く事がある。それを追いかけて山陰へ。
初日は波が大きそうなので鳥取西部のリーフへ。車を走らせながらも情報チェック。波高情報を見ているとかなり大きそうだ。リーフでも頭オーバー。これはしんどそう。ということで、島根県に変更〜

島根の千畳へ。セット肩ぐらいのファンウェーブ。たまにワイドな頭ぐらいの波も入ってくるが遊べる感じ。
昼と夕方の二ラウンドを千畳で。見た目よりの十分遊べた満足〜さて、どうしようか?山口に移動するか?島根に残るか?鳥取リーフへ?と思案したが、よくよく考えてみると移動する体力が無い。ということで、千畳の近くの民宿で。
お風呂は、千畳から約15分ぐらいの「有福温泉」へ。共同浴場が二つあって「御前湯」へ。ココは5回目?かなりのヘビーリピーターです。かなりいいお湯です。アルカリ泉で肌に優しくもちもち肌になる。日焼けで痛んだサーファーの体に潤いを与えてくれますよ。

鳥取の東浜サーフィンポイント十分サイズのある東浜

二日目。早起きして千畳へ。サイズは同じぐらいかチョイ下がりの胸肩。ただ、昨日よりも悪そう。波がよれている。入っているサーファーもあまり乗っていない。
波子へ移動。インサイドよりのかなり早い波。というよりダンパーに近い。食らいたくないね。黒松、福光と見るが、どちらもイマイチ。結局、波子へ戻ってきた。入ったけど、ダメだ。波が早すぎる。位置取りが難しい。小一時間で切り上げた。
さて、お次はどうしましょうか?島根は離れることにして、山口に行くか?鳥取に行くか?サーファー仲間が鳥取リーフに居るのでそこに合流しましょ。
車を走らせていると、海にサーファーを発見。行ってみると、玉石リーフのポイント。風の入った腰ぐらいの波だ。サーファーは4人。キャパシティの狭く、完全にローカルオンリーだ。波チェックしているサーファーとお話すると「せっかく来たんだから入って行きなよ。」と、いうことでお邪魔させてもらいました。
見た目通り腰ぐらいのオンショアコンディション。話のネタには好都合だったけど、波乗りは???やっぱり遠慮しながらの波乗りは厳しいね。

お礼を言ってから上がって、さぁ鳥取へ
行ったはいいが、サーファー仲間と合流したら、すでに波乗りを終えてまったりタイムだ。そらそうだ、すでに3時半。
さて、どうしようか?鳥取は、オンショアがきつめ。風を交わすような所は、青谷?行ってみると、かなりのサーファーが入ってる。波もイマイチ。こうなりゃ東浜だ。
東浜の右側でセット胸ぐらいの若干タルメな波が割れている。正面などは誰も入っていない。誰もいないところで入ってみた。誰も入っていないはずだ。ダメだこりゃ。すぐに右に移動。サーファーは多かったが、波数もそこそこあったのでそれなりに楽しめた。東浜のパリッとした波を希望したが、そんな波は無かったね。
明日も残りそう。というか明日が僕の中で今回のトリップの本命。波が落ちてきて小波でビーチを堪能する。これが俺のサーフィン〜〜〜

さて、宿をどうしますか?と、楽天トラベルを調べていると、鳥取市内のビジネスホテル3700円があったので、そこだ、と決定。
チェックインの際に「この部屋、めちゃくちゃいいんですよ。プロ野球選手が泊まるぐらいです」と案内があった。けど、鳥取にプロ野球選手が来る?球場ないじゃん。
近くのスーパーへ。そこで鳥取の日本酒を発見。山根酒造の「伝承強力」「たんぞうにごり」。さすが、地元のスーパーだね。

湯村温泉の荒湯湯村温泉のバイナリー発電

東浜を波チェック。イマイチ〜ここから長い波チェックの旅のはじまり。
岩戸へ向かったが、新しく出来た道路に乗ってしまって通り過ぎたので断念。空港近くのポイントへ向かう。が、9号線が通勤渋滞。
空港の近くはイマイチ。その近くのポイントは面はいい感じだが、サイズがあり過ぎ。厳しい。白兎はイマイチ。水尻はサイズがあり過ぎ。で、結局、青谷まで移動。3時間もかかった。なんだかねぇ〜ポイントがあり過ぎるのも困りものだ、と駐車場で隣り合わせたサーファーと意見が合いました。

青谷の正面でたまのセット肩。ワイドな波か?早い波か?波はイマイチだが、波を食らう心配は無さそうだ。セーフティサーフ〜
昼前と昼過ぎに入水。見た目よりは遊べた。サーファーが少ないのが嬉しいね。久しぶりにストレスフリーなサーフィンに大満足。

夕方の東浜マジックに期待して移動。でも、ダメだった。インサイド寄りでワイドに割れるだけだ。ということで山陰サーフトリップ終了〜温泉に行きます
東浜から約20kmほどにある「湯村温泉」。共同浴場の「薬師湯」へ。泉温98°?高温泉だ。この高い温泉水を利用した発電「バイナリー発電」を行っている施設としても、テレビで取り上げられている。エコですな〜素晴らしい。
温泉は、思ったよりも温泉が薄い?ような気がした。高温泉は、薬効に優れているものですが、イマイチな感じだ。
荒湯。蒸し場。野菜なども茹でる事が出来ます。生卵が売っていたので、温泉卵〜チェンマイの温泉「サンカンペーン」以来の温泉卵づくり。
約11分で美味しい温泉卵が出来ました。硫黄臭が卵に入って美味しかった。二つも食べてしまった。高コレステロール〜


平成26月5月9日

福井で波乗りで〆

福井の三国サーフィンポイントウネリが弱いのでテイクオフが厳しい

早起きして露天風呂に浸かって、酔いを覚まします。外の様子を眺めると、風が強そう。内海なのに流れが見て取れます。
柴垣に着いてみると、やっぱりなオンショアビュンビュン。サイズはセット腹。テンションが上がらないが、ダメもとで入ってみる。今回はダメだった。オンショア強だったのでかなり寒い。これにて終了。

石川から福井の東尋坊へ。ちょっと観光して遅めのお昼ご飯を頂く。海鮮丼だ。2160円とちと贅沢なお昼ごはんとなってしまった。お腹一杯だ。さぁ温泉に入って帰りますか。温泉は越前海岸の越前温泉「漁火」と決めてました。

越前温泉に向かって車を進めていると、ビーチ沿いの道へ。大きな駐車場。看板には三国。駐車場にはハイエースが。ウェットが、、、波乗りできる。駐車場に車を止めて、ビーチを見に行くと、サーファーがいますね〜波は小波だけど、入れなくない。ということで入水。
セット腰。パワーの無い波だったが、入れなくない。遊べるか?と言えば微妙だけど、初めてのポイントでもう波乗り終了と思っていただけにありがたい。

小一時間で上がって、越前温泉「漁火」。露天風呂は、解放感が半端なく、景色はまさに絶景。景観を売りにしているだけあって最高な眺めでした。
さぁ、今度こそ帰ります


平成26月5月8日

石川のローカルサーファーさん

石川のとあるサーフィンポイントその1石川のとあるサーフィンポイントその2

波が残る事を期待して柴垣の近くのビジネスホテルに滞在
早起きして朝一の波狙いで移動。が、波がありまへん。さすが日本海。波が無くなるのが早い〜〜〜ということで波を探しに能登半島めぐりへ。
車を走らせていると、それらしい場所を発見。駐車場に車を止める。ローカルサーファーが居たので話をさせてもらう。話の中で「車に海老とか魚あるけど、要ります?」。ありがたいと通り越して驚きしか出てこなかった。ただ、まだ石川に滞在するかもしれないので、断念。「海に浸かってきます〜」と言いながら去っていきました。かっちょいい〜

輪島の朝市へ。なかなかの売り込みだ。たくさんの露店を想像したが、30件ほど。売っているものも似たりよったり。
お目当ては、干物。ノドグロ、アジ、フグをゲット。ついでに「鮭とば」もゲット。日本酒がススムぜぇー

能登半島の先端まで行ってみるが、特に何もなし。地図上には温泉の文字があったが、浴場は無し。残念〜〜〜観光終了。

柴垣まで戻ってみるが、波に変化なし。内灘に行ってみるが、風が強いだけでサイズは無し。ウィンドサーファーばかりだ。再び、柴垣に戻ってみる。少しサイズアップ。でも、無理やり波乗りしてるだけ。面はない?厳しいね。

波浪予想では、明日はサイズアップする感じ。ただ、風の影響が強そう。でも、可能性にかけて、今日も石川で一泊。和倉温泉「美湾荘」に来てます。
明日は波くれ〜〜〜


平成26月5月7日

岐阜から石川にばく進

柴垣ギャラリー柴垣サーフィン、セット胸

ゴールデンウィークは岐阜県の山奥でリゾートバイト。温泉と賄いを楽しみに温泉旅館へ。神明温泉「すぎ嶋」。きつかった〜〜〜
ゴールデンウィークが終わって仕事が明けたので、さてどこに行こうか?当初の目的は伊良湖。だけど、波が無い。でも、日本海には波がある。だけど、風の影響が、、、え〜〜〜い、ということで石川にひとっ飛び。約200km。以外に近い。。。

岐阜を出たのが12時ごろ。石川に着いたのが3時。ポイント選択に時間を掛けられなかったので前回に入れなかった「柴垣ギャラリー」へ。波はまとまりにかけてたが、入れば、、、と入水。
入り始めはイマイチ。だけど、小一時間ほどで波がまとまり、インサイドまで続くいい波に。乗ってアウトに出て、乗って、、、乗り放題。やっぱり波乗り最高です。
今日は、柴垣近くのホテルで泊まり。明日は波予想だと柴垣が有力か?どこのポイントでもいいので、テンションの上がる波をお願いします。


サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 石川リベンジサーフィンだぜ〜