寒い寒い日本の海は寒い。特に河口ポイントは寒いぞ
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

今年の日本の海は寒いぞ〜〜〜


今冬は寒波が押し寄せた日本
その影響が海水温は例年よりも低下?
それにも負けず波乗りに行きます

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 今年の日本の海は寒いぞ〜〜〜

2014年4月の日記

平成26月4月18日

中村サーフトリップ

中村入野ビーチ中村双海ビーチ

太平洋を東進した低気圧の波を求めて、高知県の中村へサーフトリップ。
最初に到着したのが入野ビーチ。ココで波チェックをして他のポイントの状況を把握する。波はサイズ十分の、、、というかデカイ。セットは頭ぐらい。波数も多くゲットハード。一発目にココはきつい。入野でこれだと双海や平野は更にハード。見に行ったけど、やっぱりハード。
こんな時は入野ビーチの隣?グランド前へ。ココは若干サイズが落ちる。隣なんだけどね〜〜〜セットは肩たまに頭。風もなく面もきれい。ただ、サイドに流れるカレントが邪魔だ。ポジションキープがたいへん。
それでも、いい波だったので満足。それにサーファーが少ないのがいいよね。ストレスフリ〜〜〜

昼は風が入ってダメだったけど、夕方になると風が弱まって、止んで、オフショアになってコンディションが整った。
入野の右で入水。インサイド気味のダンパーの波が多かったけど、切れ目を選べばいい波だ。楽しぃね。

中村平野ビーチ左中村平野ビーチ正面

今回のトリップで何度も双海や平野を見たけど、ほぼダメだった。平野はできなくはないけど双海はダメダメだ。潮の具合で変わるかなと思ったけど、干潮時も満潮時もどちらもダメ。砂がないのか?
平野は左端では出来るけど、正面や右はダメだ。なんだろうね???

中村市街の国道中村にある藤娘酒造の地酒

夜の中村を散歩。ココは国道。なのに真っ暗。でも、まだ夜の8時だよ。こんなに人気がないなんて、寂しぃ〜〜〜
近くのスーパーでゲットした地酒。この国道の近くにある藤娘酒造の純米酒。ちょっと辛口だけど、なかなか旨い。

三日間もお世話になった「民宿さくら」。サーファーパック?サーファーなら素泊まりで3000円。中村駅から近く、駐車場完備。部屋にはエアコン、テレビ。共同で湯沸かしポット。
ただ、平日にも関わらずお客さんが多い。最終日は最初は満室で断られたが、折り返しの電話をいただき両親が経営している民宿を案内していただいた。とてもありがたい。そして、その民宿はめちゃ綺麗。ポット、無料でコーヒー、電子レンジあり。

大岐の浜の入り口大岐の浜の全景

中村は何度も訪れていたが、大岐の浜は初めて。もっとコンパクトなビーチかと思ってたら、かなり長いビーチにビックリ。でも、ココがもっとコンパクトだったらもっといい波だったに違いない。
ハイタイド時からロータイドに向かう時間帯で波乗りしたが、ハイタイドのほうが波が良かったね。ロータイドになると波が割れずらく、インサイドで一気に崩れる。鬼鬼パドルでウネリからキャッチできると別だけどね。

足摺岬足摺岬の絶景
四国霊場38番金剛福寺足摺温泉「ジョン万次郎足湯」

大岐の浜から南へ約20kmで足摺岬へ。四国最南端だ。
足摺岬の看板の後ろの人物は、竜馬ではなく「ジョン万次郎」だ。船に密航してアメリカに渡った?チャレンジャーな人物。それにしても絶景だ。

足摺岬には四国霊場38番「金剛福寺」がある。なので平日にもかかわらず観光バスがお遍路さんを大勢引き連れてくる。
ご利益があるかどうかは分からないが、お遍路さんになったつもりでお参りしてみた。

断崖絶壁のそばに遊歩道が整備されている。約10kmもあるらしい。少しだけ歩いて有名な「白山同門」を見る。海水に浸食されて大きな穴があいている。自然の力は偉大だ。
歩いて疲れた足を癒してくれるのが足摺温泉の「ジョン万次郎足湯」。無料で足湯が楽しめる。放射能泉だ。なかなかいいお湯だった。

岩間の沈下橋大正温泉

中村サーフトリップを終えて観光へ。
観光雑誌に載ってた「岩間の沈下橋」へ。沈下橋とは、川が増水すると海面下に沈んでしまう。また、流木などが流れてきて壊れないように橋の欄干が無い橋が多いのが特徴です。実際に車で渡ってみましたが、非日常でスリルがあって怖かったです。

サーフトリップの〆は、やはり温泉。
郷麓温泉に行きたかったが、山道の細さに断念。時間がある時に訪れることにして、その手前の「大正温泉」へ。
冷たい温泉なので加熱が必要だが、泉質は申し分ない。ヌルヌルとしてしっとりとした温泉です。美肌の湯ですね。今回のサーフトリップでは、ほぼ晴れていたので肌を痛めましたが、最後に温泉が癒してくれました。やっぱ温泉はいいな。


平成26月4月12日

今年初の鳥取サーフィンへ

鳥取東浜の左側鳥取東浜の右側

朝一だけの波乗りのつもりで鳥取へ。
まずは、東浜を波チェック。小ぶりな波だが、波乗りできなくはない。波があるだけでもありがたい。東浜で入るか迷ったが、波が無くなる可能性もあったので他は見ずに東浜で入水。
たまのセットは腹ぐらい。インサイド寄りの波だが、十分遊べる。サーファーもほとんど居ない。何よりも風がほとんど吹いてないので寒くない。5mmジャージ、ノーブーツ、ノーグローブでも全然大丈夫。
寒く無かったので2時間半ほど入水。その頃には波も無くなってきました。満足じゃ〜〜〜

波乗りの後に、浦富海岸沿いにある「山陰海岸学習館」へ。
ダイオウイカが展示してあるという話だったが、まだ未定との事。せっかくなので館内を散策。入口の大きな水槽にはいろんな魚が泳いでる。その他の水槽には「リュウグウノツカイ」なども。
そして、極めつけが「3D映画」の上映。約20分ほどのフィルム。内容は山陰海岸について。しかも二本立て。
なかなか楽しい学習館だった。そして、これらはすべて無料。お時間のある方は足を向けてみよう。


平成26月4月4日

ファンウェーブだと思ったら

宍喰のちょっと荒れた海宍喰爆裂〜〜〜

ファンウェーブの波予想を信じて高知県へ。の途中の宍喰で波チェック。あれ???波でかいよね。
写真を見ても明らかにデカイ。セットで頭ぐらいはある。インサイドはテトラが投入されているのでこんなところで波乗りしてると怪我するだけだ。
小松まで戻るとファンウェーブに違いない。ということで徳島へ戻る。疲れる〜〜〜

小松海岸の波画像小松海岸もちょっと荒れ気味

小松もそこそこのサイズあり。セット胸ぐらい。ちょっと早い波で、たまにワイドに入るからポジションが難しそう。テイクオフが遅れるとリップから降っちゃうね。ビーチでストレッチをしている間にも何人ものサーファーが降ってた。嫌だね〜〜〜
それにしても、オフショアの北西風が強すぎる。波待ちの間中、海水混じりの風が後頭部を叩きつける。おかげで冷え冷え。それに、小松は川の水が流れ込んでいるので冷たすぎ。波はいいんだけど、苦手なポイントだ。
早そうな波やポジションがきわどい波には手を出さなかったので降る事はなかったけど、あんまり乗れなかったね。でも、怪我が無くて良かった。


サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 今年の日本の海は寒いぞ〜〜〜