海の無い山ばかりのチェンマイへ。マッサージのお勉強をしに行ってきました
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

サーフィンネタではないですが


バリ島を旅立ちチェンマイへ
チェンマイではマッサージ学校でお勉強&観光
バンコク経由で日本に帰ってきました

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > サーフィンネタではないですが

2014年3月の日記

平成26月3月23日

チェンマイとバンコクへ

チェンマイのドイステープ寺院の仏塔チェンマイ市街にあるターペー門

バリ島を離れクアラルンプール経由でタイのチェンマイへ。チェンマイは3週間ほど宿泊し、その後、バンコクに1週間ほど宿泊する予定。これらはあくまでも最初の予定だ。予定は未定。旅はどうなるか分からない。だから楽しぃ〜〜〜

チェンマイ観光で外せないのが、ステープ山の山頂にある「ドイステープ寺院」。黄金の仏塔の中にはブッダの遺骨が納められているらしい。その為、観光客は外人よりもタイ人のほうが多い。
チェンマイ旧市街中心部にあるターペー門。ココも観光名所。チェンマイ旧市街には他にもいくつか門がある。旧市街はお濠で囲まれていて、情緒たっぷり。

チェンマイのサンデーマーケットチェンマイのサンカンペーン温泉

チェンマイでの楽しみは、サンデーマーケット。道路を歩行者天国にして両側、場所にっては真ん中に屋台が並んでる。並んでるというより、ひしめきあってる???もちろん、人もひしめきあってる。めちゃくちゃ活気がある。
チャンマイから少し離れているが、温泉もある。しかも、105度。間欠泉があり、勢いよく温泉が噴き出してる。その温泉で「温泉卵」。硫黄臭のする卵、めちゃウマ。

カオソーイゲーンハンレー、ナムプリックヌム

外国に来たらその土地の飯を食わないと始まらない。チェンマイはタイの北部なので北部ならでは、チェンマイならではのご飯が食べれる。
カオソーイ。カレーラーメンといえば分かりやすい。スパイスのきいたカレーにココナッツミルクを混ぜ、平たい卵麺と揚げ麺。これが、めちゃくちゃ旨い。もし機会があれば食べてほしい。日本でも食いたいけど、無いだろうなぁ〜〜〜
北部料理のゲーンハンレーとナムプリックヌム。
ゲーンハンレーは、北部のカレー。このカレーが最高に旨かった。ちょっとピリ辛だが、スパイスが効いていて味わい深い。これもまた食べたいね。
ナムプリックヌムは、しし唐を大きくしたような唐辛子などを焼いてソースにしたもの。それに温野菜などをつけていただく料理。

少数民族、モン族の村にて

チェンマイからステープ山を登り、ドイステープ寺院を越えて、更に山を進んでいくと少数民族の村に行きつく。正直に言うと、ココに行くつもりはなく、山道を進んで行ったら勝手に着いた?たまたま見つけた?的な村。
村の入り口にはコーヒー屋。一杯いただく。可もなく不可もなく。店の横ではコーヒー豆を天日干し。栽培もしているようだ。
コーヒーを飲んでて、何気に横を見ると、コーヒーを淹れてくれたおばちゃん?お姉さん?が赤ちゃんに授乳しようとしている。完全にボロンと出しちゃってるね。見えてるもん。やばい、と思って違う方を見たけど。少数民族おそるべし。

ワットポー水上フェリー

チェンマイを離れてバンコクへ。

バンコクは二度目。前に来たのは10年前。その時は、観光らしい事はせず、航空券を買うために訪れただけ。なのでバンコクの思い出はあんまりない。
ワットポー。涅槃像で有名。これすごいデカイ。ちなみに日本人らしき方が移ってますが、私と何の関係もございません。この涅槃像のお方、寝ながら悟りを開いたとか、、、寝る子は育つと言いますが、育ちすぎですな。
水上フェリー。いろんなところに乗り場がある。これがまた気持ちいいんだ。そして楽しい。

バンコクのバス

バンコク名物のバス。普通の観光客は利用しない。というか利用出来ない。システムが分からないし、どこへ行くか分からないからね。
使い方は、バスの番号で判断。○○番だったらどのルートを通る、って分からないと使えない。難しい。でも、楽しいよ〜〜〜

バンコクに数日滞在してから、日本に帰ってきました。帰ってきた日の日本は寒かった。酷暑のバンコクから厳冬の日本。温度差が半端ないね。
帰ってきてから、まだ波乗りには行ってません。だって、寒すぎだね。いつになったら行けるやら?やっぱり海外か?どこに行こうかな〜〜〜


サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > サーフィンネタではないですが