今年四回目の宮崎だ〜〜〜
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

今年四回目の宮崎サーフトリップへ


島根から始まり山口へ
一発目は岡山の湯原温泉からだが、諸事情で入れず
幸先いいスタートを切ったわけですが、いい波に当るか?

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 今年四回目の宮崎サーフトリップへ

2013年11月の日記

平成25月11月23日

実家に帰ってきました

無事に実家に帰ってきました。今回のサーフトリップは11日間と短め。やっぱり寒くなるとテンションが下がりますね。次はどこに行こうかな?
それでは、昭寿園から続きのサーフトリップ日記を

鵜戸神宮鵜戸神宮の御乳岩

宮崎市内で宿泊したが、前日の昭寿園が忘れられず、再訪。ですが、朝はハイタイド付近だったのでちょっと観光してからと思って「鵜戸神宮」へ。
鵜戸神宮は、断崖絶壁にあるので景色が最高です。そして岩をくりぬいたような場所に神社があります。その中にある「御乳岩」。無病息災と御乳の出がよくなるらしい。そこには清水が垂れていてその水で作った飴が「お乳飴」。これがお土産として売られています。お湯に溶かして飲みますが、味は水あめ?少しは体内が浄化されたんでしょうか?

鵜戸神宮で小一時間ほど時間を潰してから昭寿園へ。ですが、サイズも下がってブレイクがインサイド気味の力のないダンパーだ。厳しいですね。ということで、加江田河口付近へ。
サイズは、たまのセット胸ぐらい、ちょっと早い波でした。遊べる波だったのですが、、、そこはサーファーで混雑してたので場所を外して小一時間ほど遊んで、人が少なくなったころ合いを見計らって参戦。これが失敗でしたね。
そこは、波チェック通りちょっと早いけど遊べる波。サーファーも5人でストレスなく遊べるはずなんですが、三人ぐらいで来ていたグループがガツガツサーファー。5人なんだから回せばいいのにと思っていたが、そんな気はさらさらない。来る波来る波、どこへでもガツガツ、、、終いには俺の波も取って行きやがった。それでテンションは一気に下がったね。こんなサーファーもいるんだと思ったら、関西サーファーだった。同じ関西サーファーとして恥ずかしい。関西サーファーは波が乏しいから自然とガツガツとなるのはしょうがないとは思うけど、トリップ先に来たらガツガツしないようにしないとね。

小倉ヶ浜波写真その1小倉ヶ浜波写真その2

市内を離れて日向市で一泊。一日経ったらテンションも回復するかなと思ったが回復せず。小倉ヶ浜を波チェックしたら、セット腹ぐらい。遊べなくはないが、テンションが上がらない。着替える気にならない。ダメだね。昨日の加江田河口でやられちゃった。とりあえず撤退だ。

久住山登山禿の湯

久住山登山へ。初心者コースがあったのでチャレンジ。なんせ初登山なもんだから勝手がわからない。登り口でちょうど降りてきた人に「どれぐらいで登れますか?」と聞く始末。その人に頭からつま先までの装備や服装チェックをされながら的確なアドバイスを頂いた。
紅葉を眺めながらの登山を想像していたが、紅葉はすでに終わってるし雪が降ってるし、登山道がところどころ分かりにくく、岩だらけだったり、風が吹いてるし寒いし。登山とはなんて過酷なもんなんだ。と思いながら無事に登頂。頂上でまったりと昼飯、と思っていたがあまりの寒さに5分で下山。ほんと過酷でした。が、またどこかに上りたい気持ちにさせてくれます。登山って意外に魅力的なもんですね。

登山の後は、熊本の温泉「禿の湯」へ。この展望露天風呂。最高な眺めです。そしてお湯がいい。湯の花が舞っています。白い湯の花です。肌にやさしく、しっとりとしたお湯でした。まさに美肌。

塚原温泉、火口之泉湯元温泉、恩湯

登山で心機一転できるかなと思ったがダメでしたね。宮崎に戻る気分にならない。ということで今回は帰ることに。帰りしなに温泉へ。
塚原温泉「火口之泉」は、たびたびテレビで紹介されるほど泉質抜群な温泉。鉄分が一番多いとか、なんちゃらが多いとか、、、濃い〜〜〜温泉でした。これほど濃い〜温泉は初めてです。
写真は、温泉の近くにある噴火口?です。勢いよく蒸気が噴出されております。あたりは硫黄臭が立ち込めています。風が無い日などはちょっと危ないかも?

別府の「火口之泉」から山口の湯元温泉「恩湯」へ。ココは、前回のサーフトリップでも訪れたが、ふたたびやってきました。ちょっとヌルッとしたアルカリ泉です。源泉かけ流しでお湯がドバドバとそそぎこまれています。適温なので長湯も可能な美肌の湯。そんな良質の温泉が「200えん」で入れます。近くの人の憩いの場となっているので夕方になるとおじいちゃんが集まってきます。そんなおじいちゃんの肌はツルツル。まさに美肌の湯だ。

鳥取の赤碕サーフィンその1鳥取の赤碕サーフィンその2

前日は、大分を朝にでて別府で温泉。山口によって長門で温泉。そして島根までたどり着いて車泊しました。朝早くに起きて鳥取の赤碕へ。
サイズはセット肩。ウネリは綺麗に入っているが、ブレイクがイマイチ。ワイドに割れたかと思うと、後はダラダラ。そしてインサイドでドカン。インサイドには岩があるので要注意。調子に乗ってると大けがをしちゃいます。

昼から船磯で入水。ただ、どこもイマイチだったので船磯にサーファーが集中。めちゃ混雑。
波はセットで肩ぐらい。いい感じでウネリは入るが波が続かない。テイクオフで張った波だが、そこで終わり。戻って戻って戻って、、、厳しいね。

と、こんな感じで今回のサーフトリップは終了。

山口県の大浜のサーフィン動画です。すでに波は小さくなってますが雰囲気だけでも。なんせ水が綺麗です。


平成25月11月18日

昭寿園〜〜〜

朝一は恋ヶ浦のがけ下。
セットで頭ぐらい。たるめな波。たま〜に入ってくるセットはちょっとドカ目。調子に乗ってセットに乗ったけど、テイクオフに失敗して立て直そうとおもったけど、結局パーリング、インサイドにサーファー。思いっ切りクラッシュ???運よくなんともならなかった。いや危ないね〜〜〜俺が100%悪いんだけどね。そそくさと退散しました。

昭寿園サーフィンポイントその1昭寿園サーフィンポイントその2

恋ヶ浦から梅ヶ浜へ。波チェックしたけどイマイチ。その近くの昭寿園へ。
ココはまだ入った事が無い。前に見た時は、サーファーで混雑。波はしょぼしょぼのオンショア。それなのにサーファーで混雑。ココで入る事はないかな?と思ってたけど、念のため波チェック。
んんん???めちゃくちゃ良くないかい。かなり早めの波だけど、テイクオフさえきっちりしとけば「バビューン」と走れる波。そしてサーファーも4人。4人ですよ。波は余りまくってます。信じられない〜〜〜

波チェック通りいい波でした。セットは肩ぐらい。ウネリの入り方で乗れない波もあったけど、切れた波も入ってきていい感じ。やっぱり早い波は楽しいね。ほんとに「バビューン」って感じです。
明日はどこに入ろうかな?朝は伊比井、昼は昭寿園?たぶんどこもいいと思うのでどこでもいいです。いい波を明日もお願いします。

昭寿園の波動画です。いい波には乗りましたが、撮影した動画はいい波ではありません。あしからず。


平成25月11月17日

伊比井が最高

伊比井でサーフィンその1伊比井でサーフィンその2

前日は宮崎の青島で宿泊。健康ランド併設の温泉施設でなかなかいい温泉でした。青島温泉もバカにはできない。

朝一は木崎浜を波チェック。昨日よりもサイズが上がってセット頭。波数が多くてイマイチ〜〜〜。ということで移動。さてどこに行くか?やっぱり伊比井でしょ。
ビンゴでしたね。オンショアが吹く時間帯もあったがその時間帯でさえもいい波だった。たるいセクションもあるけど、インサイドまでズバッと走れる波だ。最高〜〜〜

野生馬〜〜〜都井岬からの夕焼け

恋ヶ浦に移動。ただ、伊比井で波乗りし過ぎで恋ヶ浦に着いた時にはグロッキーでした。ということで波乗りは無しで観光に切り替え。
恋ヶ浦から近くの「都井岬」へ。で発見、野生馬。ほんと道端にウマが居る光景。なんか違和感があるね。

カントリーフィールドの夕食

都井岬の後に「串間温泉いこいの里」へ。弱アルカリでちょっとヌルッとした温泉。なかなかいいお湯だ。施設が大きいから消毒してるのだけが残念。
宿泊は恋ヶ浦にある「カントリーフィールド」。夕食は前回と同じく多めだ。そして美味し。
明日はサイズダウンの予想。恋ヶ浦で入るか?梅ヶ浜で入るか?


平成25月11月15日

山口から宮崎へ

萩温泉で宿泊。朝風呂に入って朝ご飯を食ってゆっくりと出動。

山口の大浜海岸俵山温泉の共同浴場「町の湯」

萩温泉から約1時間で大浜海岸に到着。本日はオフショアで波の面がきれいです。サイズもセット肩ぐらい。いい感じ。
そっこうで着替えて入水。
ワイドに入ってくる波もあるが、切れた波を選べば十分に遊べる。
入った時は15人ほどだったが、どんどんサーファーが減っていき、ついにはピークに俺だけ。波待ちは長かったが、美味しいのを何本も頂いた。一本は会心の波乗り。ん〜〜〜上手くなった?

昼はサイズダウンが進んだ山口。今日は波乗りは終了だ。ということで温泉タイムがスタート。
事前に調べていた「俵山温泉」へ。アルカリ泉だ。美肌だよ〜
街の景観も昔ながらの温泉街で情緒があるね。もちろんお湯も最高。しっとりとした優しいお湯でした。何度も訪れたい温泉だ。近けりゃね〜

小倉ヶ浜サーフィンポイント民宿金ヶ浜の夕食

山口から大分のばぁちゃん家で一泊。そして宮崎の小倉ヶ浜へ。
朝の情報では風もなく、だったが着いてみるとオンショアだった。厳しいコンディションだが、やっぱり宮崎だね。ぜんぜん遊べる。
セットは腹。インサイドまでつながる波だ。うまいサーファーはインサイドまで。上手くなった俺は、、、やっぱりまだまだだね。上手くなった?なんて幻〜〜〜でした。

夜は、金ヶ浜サーフィンポイントも目の前にある「民宿金ヶ浜」に宿泊。ココは、お勧め。二食付きで4500円と格安。でも、飯は美味し。日向方面で泊まる時はいつも利用してます。
明日は朝一はいい感じっぽい。朝早くから出動できるか?お酒の魔力にやられるか?たぶん後者だろうね。今から山口で購入した日本酒で晩酌です。これもまいう〜〜〜


平成25月11月13日

始まりは温泉から

宮崎サーフトリップを決行です。今年四回目です。今回は道中に温泉に入る計画。

湯原温泉の砂湯清掃でお湯の入っていない露天風呂

岡山にある湯原温泉の砂湯。温泉の番付で西の横綱になるほど有名な温泉だ。今回のサーフトリップはココからスタート。
駐車場に車を止めて歩いて温泉へ向かう。道中に清掃をしている方を発見。「おはようございます」「おはよう」と返ってきた。気持ちのいい朝だ。が、思わぬ言葉が返ってきた。「温泉に来たの?今は入れないよ。今日は清掃の日だから」
何???清掃???そんなん聞いてませんが、わざわざ大回りしてココまで来たのに入れないとは、、、いいスタートを切れました。

とある島根のサーフィンポイント波子サーフィンポイント

ウネリの向きから今日の島根は「ココ」だと決めてました。一枚目の写真です。が、イマイチなブレイクです。トップでダラダラ。乗れそうな波が一本もありまへん。こりゃダメだと退散。

千畳の近くの波子をチェック。オフショアが吹いていて、ちょっとインサイド気味だがいい波。
入ってみたら、いい波なんだけど、予想以上に早い波。そしてインサイドはかなり掘れる。そしてドカン具合が半端ない。いつ逃げるかを考えちゃって波乗りは二の次、まだまだだね。

夕方は風も強くなったのでどこもよくなくなった。明日に期待だね。
明日は山口からスタート。前回はオンショアガンガンの山口だったけど、明日は風も弱い予想。ただ、波も小さい。早めに行動しないと無くなっちゃうか?


サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 今年四回目の宮崎サーフトリップへ