美味いタイメシをがっつり食ってやるぞーーー
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

プーケットサーフィン旅行記

プーケットサーフィン
常夏のプーケットでのサーフィン
美味いタイメシを食いつつ、シンハービールを堪能しつつ、サーフィンしつつ!!!

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > 日記 > プーケットサーフィン旅行記

2008年09月のサーフトリップ日記


平成20年09月30日
プーケットで夜遊び

今回のプーケットサーフトリップで初の夜遊びに出かけました。
とりあえず、日本人が経営しているレストランで食事をとり、いざ出陣。
カウンターがあるだけの小さなバーが軒を連ねる一帯のとある店に入りました。
夜遊びの達人のような人と一緒に遊びに行ったんですが、その人がゲームを始めました。
これがなかなか面白いゲームです。
日本の五目並べならぬ、四目並べ。
更に、テトリスのように上からメダルを投入していくタイプで、そこそこ頭を使います。
お酒を飲みながらゲームをするので、酒が進むともう負けっぱなしですね。
その他にサイコロを二つころがし、出た目の合計か単体かが1〜9までの数字を9回で出せば勝ちといういたって単純なゲームもありました。
かなり単純なギャンブルです。
ゲームなどはそれなりに楽しかったのですが、悲しいお知らせが。
だいたいこういったお店は、店頭に女の子がいて呼び込みをします。
ツーリストが通るたびに手招きをしたり、声を掛けてくるわけです。
ですが、俺がお店の前を通っても一向に呼び込む気配がない。
どのお店も声を掛けてこない。
ははーーー俺をタイ人だと思ってるんだな。
こうなりゃやけくそです。
声をかけてくるまで歩いてやろうと思いました。
やっと声を掛けてきました。
お前、おかまじゃねえかよ!!!
いやーーーショックでした。


平成20年09月29日
ミャンマーへ出国&タイへ入国

過酷な一日ツアー。
その名もVISA RUN。
予想通り車に乗ること五時間でタイを出国&ミャンマーへ入国&出国し、再度タイへ入国、そして車を走らすこと五時間でホテルに到着。
このツアーは、名前の通りビザの取得が目的です。
なので、ミャンマーへ行くことは行くけど、ミャンマーでの滞在時間は、約十分。
それにしてもいい加減に話で、ミャンマーへの入国と出国のスタンプをパスポートに押すわけだけど、そのスタンプをツアーに同行したスタッフが押してるんですよ。
他の国だったら、ありえない事です。
それだけ、このツアーの需要が多いという事ですね。
出入国の簡素化???
それにしても、疲れました。
プーケットに三ヶ月滞在する予定なので、もう一回行く必要があると思うと憂鬱です。
なんとか、日本人だから許してもらえないでしょうか???


平成20年09月28日
フィンの収納

急に話が舞い込んできた。
フィンをサーフボードに収納する方法の特許があるらしい。
特許といっても、まだ出願中で、実際に特許として成立するかどうかは微妙だけど・・・。
ただ、特許を取ってもそれがビジネスとして成り立つかどうかは、全然別問題。
で、その特許を出願中の会社に出資しないかと。
断っておきますが、俺に依頼が来たわけではなく、俺の知り合いに来た話です。
で、出資してどうだろうかという相談が俺に来たわけです。
確かにフィンが邪魔になるときはある。
だけど、そんなに頻繁に思うわけじゃない。
サーフボードを家に保管しているときと、海外にサーフトリップに行くとき、サーフボードをリペアに出すとき、この三パターンでしか邪魔だなーーーと思ったことがない。
保管する場合でも、置き場所が十分にある場合は、全く邪魔にならない。
俺みたいに自分の部屋に何本も置く場合だけの話。
という事は、フィンが邪魔になるなんてある意味特殊なときだけです。
という事は、あまり魅力のある話ではないような・・・。
更に、今の主流のFCSに取って変わるほど、魅力たっぷりではない。
という事は、ビジネスとして成立するのは・・・???かなりの疑問符が付きそうです。
やっかいな話で、もし出資ということになると、サーフィンをしている関係で俺がそのビジネスに関わらないといけなくなりそう。
面倒くせーーー。
でも、サーフィンの歴史の一ページを作れるかもしれないビジネスに関わるわけだから、それなりにやりがいもある。
がんばるしかないよね。


平成20年09月28日
VISA RUN

明日は、過酷な過酷なVISA RUNの日です。
VISA RUNとは、タイではノービザで入国すると三十日間の滞在が可能です。
三十日を越えて滞在したい場合は、三十日になる前に一旦出国し、再度入国し、三十日の滞在期間を得るという方法を取ります。
その入国・出国をするツアーの事をVISA RUNといいます。
タイのVISA RUNで入国する先は、通常、ミャンマーです。
プーケットからミャンマーの国境までの距離がかなり長いので、VISA RUNで一日が潰れます。
朝の六時ごろにホテルを出発し、夕方の七時ごろにホテルに到着するというかなり過酷な旅です。
更に車での移動が約十時間+ミニバスに大柄な欧米人と一緒なのでかなり車内は、窮屈です。
更に更に欧米人がいかがわりい香水でも振り掛けていようものなら、それはもう・・・です。
ですが、車内で一緒になる欧米人を指定できるわけもなく、また一人でVISA RUNに行くほど、お金も無いので、運任せの旅になるわけです。
四年前に一回だけ行きましたが、かなり過酷でした。
このVISA RUNが嫌だったので、プーケット行きを渋っていた面もあったぐらい、僕にとって過酷な旅です。
そうはいっても、行かなければいけないわけです。
明日の運が最高でありますように。


平成20年09月27日
KARON VIEW POINT

朝は、カタビーチ。
昼からは、カマラビーチでサーフィンしました。
朝のカタビーチは、セット胸ぐらいでチョッピーコンディション。
もちろん、あまり良くない。
昼からのカマラビーチは、オンショアですが、面には影響が少なく、それなりに楽しめた。
やはり、ビーチを移動してのサーフィンがベストのようです。
でも、波があまり良くないときは、じたばたしてもしょうがない。
ビーチマットでゆっくりと時を楽しむのが正解です。
ビーチ沿いのレストランで、海を眺めながら食べるご飯と飲むビール。
これがまた美味い。
いやーーー最高の時間です。
また、観光に行くという手もあります。
俺のお勧めは、KARON VIEW POINT。
快晴の日に、そこから見る景色は、圧巻の一言につきます。
最初見たとき、あまりの綺麗さに感動を覚えました。
景色を眺めながら飲むビールも最高です。
南国っていいよねーーー。


平成20年09月26日
満喫サーフィン???

サイズは、昨日の予想通り上がりました。
カタノイビーチでセット肩ぐらいの波が割れています。
が、サイズの到来とともにオンショアも到来しました。
なので、イマイチなコンディションです。
北部のカマラビーチで入りましたが、ここは風に強いらしくそれなりのライディングでした。
が、昼からのラウンドは、カタノイビーチで入ったんですが、オンショアがばりばりのコンディション。
イマイチだなーーー。
消化不良だったので、夕方にカタビーチで入りましたが、風が入って面がゆらゆらしていました。
でも、それなりにサーフィン出来たので、よしとしましょうか???
さて、明日もサイズをキープするそうなのですが、どうでしょうか?
満喫サーフィンでお願いします。


平成20年09月25日
ようやくサーフィンが出来るでーーー

ここ二週間は、サイズの乏しかったプーケット。
僕がプーケットに来てから、波の小さい日が大半を占めています。
プーケットにとって俺は、疫病神のような存在です。
そんなプーケットサーフィンですが、ようやくウネリが到来してきました。
サイズは、まだ小ぶりですが、明日はそこそこのサイズに成長しそうです。
いやーーー久しぶりに満喫サーフィンがしたい。
さて、サイズが上がったプーケットの波はどんなでしょう???


平成20年09月24日
日本食INプーケット

無性に酢の物が食べたくなりました。
という事で、皆でプーケットタウンにある日本食レストランに行きました。
メニューに目当ての酢の物を発見したので、速攻で注文し、そのほかに、寿司・天ぷら・そば・とんかつ・わかめサラダ・豆腐サラダ・・・を頼みました。
酢の物が来ました。
様子がおかしい。
見た目があきらかに酢の物ではない。
日本人的には、サラダ???に近いように思いました。
なぜか、カシューナッツも入ってるし・・・。
まぁ、食えたらいいんですよ。
食えたもんじゃねーーー。
辛い辛い辛い・・・。
日本人の味覚に合わせたわけでは、無さそうな味付けです。
酢の物を食いに、わざわざ日本食レストランに行ったのに。
ショックでした。
ただ、一つ発見がありました。
ビールに氷が、最高にマッチする事を知りました。
タイでは一般的な飲み方で、冷えてないので冷やす意味もありますが、タイのビールは味が濃いので、氷で薄めて飲むのがちょうどいいようです。
酢の物が食いたい。
こうなれば、自分で材料を買ってきて作るしかない。
キュウリを細切りにし水気を切り、たこを適当な大きさでぶつ切りにし、合わせ酢で味付け。
合わせ酢は、酢・砂糖・塩少々・お好みで出汁の素を少々。
だったような気がしたけど、どうだろう???
作る場合は、ネットで情報を手に入れたほうがよさそうです。


平成20年09月23日
南国での時間の使い方

まったりと過す。
これが一番です。
日本では、まったりする時間がないから、南国に休暇に来てるんだから、せっかくなので普段出来ないような時間の使い方をするのが正解です。
で、俺は???
まったりと過した時間が少ないのに気づきました。
海を眺めながら、ぼーーーっと過す。
そこに冷えたビールがあれば最高なんだけどなーーー。
缶ビールでも全然オッケーです。
そこにサンセットが加わればベストですね。
明日は、これに決まりか???


平成20年09月22日
初心者天国のプーケットサーフィン

四年前のプーケットサーフトリップ、今回のプーケットサーフトリップを通して感じた事。
プーケットのサーフィンは、初心者に向いています。
初心者に向いているということは、中級者・上級者には、向いていない。
例えば、バリ島でのサーフィンを考えると、波のサイズが上がると初心者は、海に入ることは難しい。
ポイントを選んでも厳しいですよね。
また、どこへ行っても(一部の無名なポイントを除いて)サーファーが多いので、初心者が波を取ろうと思うと・・・難しい。
その点、プーケットでは日本のように波を交わすポイントがあるので、初心者でも波が大きいときでもサーフィンが可能です。
また、波にパワーがないので、初心者でもガンガンに波にトライ出来る環境です。
正直な話、中級者にとっては、プーケットでのサーフィンは物足りないんじゃないかなーーー。
バリ島のように潮の上げ下げで、波が立つことがないので、スモールサイズが数日続いたりします。
でも、そんな時は、例外を除いて快晴でブルースカイ?を眺めながらのサーフィンが楽しめます。
南国に来たことを実感させてくれます。
また、ポイントを選べば、貸切?サーフィンを楽します。
最近の日本では味わえないですよーーー。


平成20年09月22日
トラブリング

昨日の夜から、トラブル続きです。
昨日の夜のトラブルは、完全に俺が悪く、人の車のキーを持って帰ってしまった。
おまけに携帯電話を宿に置いたままにしていたので、外出していた俺と連絡が取れなかった。
おかげで、後ろの車を動かすのに、大変苦労したそうです。
更に、朝は、車を運転していると、どうも車の音がおかしい。
カタカタカタカタ。
それでもなんとかかんとか走ってました。
が、急な上り坂を上がっていると、ドンドンパワーが無くなって来る。
サードから坂に入り、セカンドでもパワーがなく、ローギアでもパワーが出なくて、とうとう止まってしまった。
完全にお手上げです。
とりあえず、携帯電話で応援を呼んだのですが、応答がない。
すると、ポリスマンが近づいてきた。
これぞ、天の恵み。
が、よくよく考えてみたら、俺って英語が出来ないのよね。
んーーー英語はやっぱり必要です。
なんだかや、会話のキャッチボール?をしていたら、警察官がどこかへ電話を掛け出した。
数分後にバイクでタイ人が到着。
どうやら、自動車工場の人間のようです。
親父の話によると、どうやらタイミングベルトが切れたみたいです。
そりゃーーーパワーが出ないですよ。
そうこうしていると応援を頼んだ人から電話がなって、その人が来てくれる事になりました。
その人の話によると、レンタカー屋の人間が30分後の来るから、それまでここで待ってるように、だって。
この30分が曲者でした。
タイ人は、相当に時間にルーズです。
待てども暮らせども、一向に姿を現す様子が無い。
一緒にレンタカー屋が来るのを待ってくれた親父のバイクを借りて飯を買いに行ったり、飲み物を買いに行ったり・・・。
ちなみに飯で食ったチキンのピリカラ焼き、めちゃくちゃ美味かった。
ただ、おかまのにーちゃんが売り子で、そいつに「 I like you 」と言われた。
こっちのおかまは、男だったら誰でもいいみたいです。
飯を食いながら待つこと、約1時間半ぐらいで、レンタカー屋が到着。
しかし、レンタカー屋は、ただ来ただけで修理をするでもなく、俺を乗せて、俺の宿のあるカタビーチまで戻ってきた。
なんじゃそりゃーーーと思いながら、まぁこれが南国スタイルなんでしょうね。
結局、外出したけど、逆戻りしただけ。
三歩進んで三歩下がる。
元居た場所じゃん。
それにしても、マジで疲れました。


平成20年09月21日
お久しぶりねーーー

一週間ぶりのサーフィンです。
一ラウンド目は、プーケット島北部のスリンビーチで入りました。
サイズは、セット腰腹でサイドショアで、一週間ぶりということもあり、それなりに楽しめました。
ニラウンド目は、定番のカタビーチ。
カタノイビーチも波チェックしたのですが、潮が上げすぎていたので、割れずらい状況です。
カタビーチでサイズは、セット腰、夕方にかけて若干のサイズアップでセット腹ぐらいでした。
明日は、若干のサイズアップからのスタートとなりそうです。
さて、明日の波は、どんなでしょうか?
久しぶりにいい波に乗りたいところですが、状況的に厳しそうです。


平成20年09月20日
今日もノーサーフデー

今日もノーサーフデーです。
といいつつ、やっぱり波チェックは、一日の日課なので一応見に行きました。
案の定というか、やっぱりと言うか、今日の力の無いダラダラの波です。
セットで腰ぐらいですね。
ただ、カタノイビーチは、サイズは小ぶりながら、それなりに楽しめそうな感じです。
今から上げ潮なので、いい感じに決まりそうな予感です。
ですが、怪我のこともありますので、今日もノーサーフデーです。
それにしてもここ数日のプーケット島は、波の無い日が続いています。
なんか、俺が来てからイマイチの日が多くなったような・・・。
やっぱり、プーケット島と相性が悪いのかな?
怪我が治るまでは、波の小さい日が続いてもいいですが、怪我が治ってからは、サイズを下さい。
せめて、胸肩ぐらいを希望します。


平成20年09月20日
英語が出来たら・・・

海外にサーフトリップに行って、毎回思うこと。
それは、「英語が話せたらいいのに」って事。
で、サーフトリップから戻るととりあえず英語の勉強を始めます。
だけど、それも長続きせず一週間坊主?。
で、サーフトリップに行くと思い出したように、「英語が出来たらいいのに」と思ってしまう。
今回も痛烈に感じました。
宿の主人と話していたときに、ゲストハウスのホームページを持っているのか尋ねました。
メールは持っているがホームページは持っていないとの事だった。
僕は、このホームページを運営しているし、他にも多数のホームページを運営しているので、その旨を伝えた。
すると、「ゲストハウスのホームページを作って欲しい」と言われた。
さて、ここで問題です。
ホームページ自体を作ることは、いたって簡単です。
ですが、中身を吟味し、文章を校正し、内容を伝わりやすくそして見栄えのいいものにするのには少々時間と根気が必要です。
更にいえば、そのホームページをいかに見えてもらうようにするかが、一番の難点です。
ホームページを見栄え良く素晴らしいものに仕上げたが、誰も見に来なかったら無用の長物です。
実際、このホームページもいかにサーファーの目に触れてもらえるようにするか、それはそれは一苦労も二苦労も必要なのです。
更に・・・。
ホームページを作るのは簡単だが、それに付随してくる作業が煩雑というか時間のかかる作業なのです。
ですが、実際の作業は時間が必要なだけで、それほど難しい事は何一つ無い。
ホームページに掲載する文章に関しては、宿の本音の部分をさらけ出せば済む事です。
いかに人の目に触れるようにするのかは、他のホームページとリンクをすることに力を入れればいいことです。
なので、技術的に難しいことは何一つ無い。
がーーーそれを宿の主人に説明するのが、難しい。
非常に難しい。
というか無理な話です。
だって、俺の英語は、アメリカ人の二歳ぐらいの語彙しかないんだから。
やっぱり思いました、英語ぐらい話せないと。
サーフトリップに行ったら、異文化と触れ合うまたとない機会なんだから、機会を生かさないと。
といいつつ、部屋で映画を見ている僕でした。


平成20年09月19日
左手が・・・

昼過ぎに波チェックに行ってきました。
今日のプーケットは、セット腰ぐらいの力の無い波がわれています。
たまーーーに上手いサーファーは、乗り継いで乗り継いでアクションを決めてますが、一般サーファーにとっては、厳しいコンディションのようです。
ロングボードは、それなりに楽しめそうですが・・・。
ただ、天気は快晴に近いので、ビーチは大盛況です。
それにしても、観光客が多い。
前に来たときは、数える程しかいなかったように記憶してるんですが。
レストランを見ても、客はちらほら。
乾季と雨季の観光客の違いがなくなってきたのか???
まぁ、商売をしていない俺にとってはどうでもいい事です。
とりあえず、波を下さい。
そして、怪我を治してください。
今まで書いてなかったんですが、左手が若干使用しづらいです。
多分、バイクで転倒したときに手の付け根を打撲したせいだと思います。
かなり治ってきましたが、数日前は、フォークを持つのも微妙でした。
俺の体は、どうなったの???と不安になりました。
怪我をするとろくな事がないです。
安全安心な行動をしましょう。


平成20年09月19日
タイコーヒー

今日もとりあえず波チェックに向かいました。
宿の玄関で宿のオーナーに話かけられました。
「お前、コーヒーを飲むのか?」
「イエス、イエス」
「俺の友達の日本人ががコーヒーショップをしている」
「へーーー」
「ちょっと俺に付いて来て」
なんてやり取りをしました。
宿の主人は、バイクにまたがり俺を催促しています。
しかたがないので、後ろを付いて走って、ものの20秒ぐらいで目的の場所に到着しました。
そこは、家の玄関といった風情です。
が、家の前には綺麗な作ったばかりの椅子や机が並べられており、いわれてみればお店のような・・・。
家の中を除くと、なるほど、椅子と机が数セット並べられており、置くにはドリップマシーンが置かれていて、家ではなくコーヒーショップでした。
奥から人が登場です。
何度かビーチで見かけた人でした。
ん???ビーチで見かけたときは、タイ人かチャイニーズだと思ってたんですが、バリバリの日本人でした。
「お前が言うなよ」とつっこまれそうですが・・・。
話をしてみると、お店をオープンしたばかりだそうです。
プーケットには、10年ぐらい行ったり来たりを繰り返していて、もちろんタイ語も話せます。
なんで、プーケットでコーヒーショップ?と疑問に思いましたが、どうやらタイでもコーヒー豆を生産しているそうです。
その豆を使ったコーヒーショップなので、一応の疑問は解決です。
コーヒーを飲みましたが、美味しかったです。
お店で焙煎し、ドリップ機械もイタリア?製だそうで、そこそこ本格的なコーヒー屋さんでした。
昨日食べた偽者パスタも見習って欲しいものです。
最後に一つの疑問が残りました。
宿の主人は、何故俺がコーヒーを飲むことを知っていたのか???
ふと思い出しました、昨日コンビニで缶コーヒーを買ったことを。
さては、部屋掃除をするときに俺のゴミ箱の中身を見たんだな。
まぁ、ふと目に入ったのだと思います。
プーケット滞在中に何度か訪れたいと思います。


平成20年09月18日
サーフトリップでは、波と飯が重要

僕の中でサーフトリップで外せないのが、もちろん波とそれから飯。
波は自然環境によって変化するから個人の力ではどうしようもない。
ただ、飯だけは、自分で美味い飯屋を選択する自由がある。
そんな僕の好きな飯の一つがパスタ。
いわゆるスパゲティーで単純な料理です。
パスタが好きなので、自宅でもパスタをちょくちょく作ります。
市販のトマトソースをベースに調理をしたり、生トマトからソースっぽいものを作ったトマトパスタ?をよく作ります。
最近のお気に入りは、カルボナーラ。
カルボナーラは、生クリーム・チーズ・黒こしょう・ベーコン・卵の黄身(多分、この材料だと思うんですが・・・)を使った、至って簡単な料理です。
注意する点は、麺と卵の黄身を合える時の火加減ぐらいかな???
僕が家でカルボナーラを作るときは、生クリームのかわりに牛乳を使い、ベーコンを使用しないものを作ります。
でも、これがなかなかどうして、もちろんお店のパスタには負けますが、十分食するに値するものです。
そんなパスタ好きなので、もちろんサーフトリップに行った際もパスタを何度も食べます。
もちろんバリ島には、僕のお気に入りのパスタ屋があります。
300円ぐらいでなかなかのパスタを食せます。
今日もパスタを食いに行きました。
で、カルボナーラを注文しました。
不味い。
マジで不味い。
まず、黒こしょうがかかってないので、まったくパンチがない。
更に追い討ちで麺が茹で過ぎでボロボロなのでパンチ力が更になくなっている始末です。
そして、味付けとしてアサリか魚介類の汁を加えているのが、カルボナーラの味を全く別物へと変化させている。
正直な話、今までこんなに不味い飯をレストランで食べたことがない。
それぐらい衝撃的な料理でした。
店に入る前に、味見が出来るシステムがあればいいのにね。


平成20年09月18日
擦り傷の治療法・治し方

今日もノーサーフデーです。
でも、一応波チェック。
今日の波は、セットで腰腹の力の無いトップのみのダラダラな波です。
つくづく思うのは、怪我で海に入れない時期に波が無かったことが、唯一の救いです。
ただ、波が無くても海に入りたいのは、サーファーなら誰しも思うこと。
その為にも一日でも早く擦り傷を治さないとどうしようもない。
という事で、ネットで「擦り傷の治療法・治し方」を探してみました。
すると、僕の擦り傷の治し方がいかに間違っていたかが良く分かりました。
僕は、バイクで転んだ初日二日目三日目といかに傷を消毒するかに気を使っていました。
そして、消毒の後は、傷口に軟膏を塗り、ひたすら乾かす。
これが全て間違った考え方だったようです。
いわばこれは、昔の治療法で最新の治療法は、これの真逆といってもいいものでした。
まず傷口を水で洗浄する。
傷口にワセリンなどをぬり、乾燥をふせぐ。
さらに食品ラップなどで傷口を多い、テープで縁を止め、更に乾燥を防ぐ。
最新の治療法は、ひたすら乾燥を防ぐことに努めるだけの単純な治し方でした。
早速、スーパーと薬局に行き、食品ラップとワセリンを購入して、治療開始です。
これで一日でも早く治ってくれたらいいのですが・・・。
ただ、波が上がれば海に入ると思いますが・・・。


平成20年09月17日
サーフトリップでの最低限のルール

今日もノーサーフデーです。
一応、波チェックはしましたが、オンショアのトップのみのダラダラの波でした。
サイズは昨日よりも下がった感じでセットで腹ぐらいです。
今日も海に入れないので、少しサーフトリップにおけるルールといいますか常識といいますか、書きたいと思います。
僕みたいにサーフトリップに一人で来ると問題はないのですが、大勢でサーフトリップに行く日本人は多いと思います。
これを見ているサーファーの中にも大勢でサーフトリップに行った経験があると思います。
もちろん、僕も多人数でサーフトリップに訪れた事があります。
多人数のほうが一人よりも楽しいですからね。
ただ、楽しいからといってそれに他人を巻き込んではいけない。
特に日本人に多いのですが、同じポイントで皆で一斉に入る場合には注意が必要です。
プーケットでも目に付きましたが、僕が一人で波乗りをしていると一斉に五人ぐらいが同じ場所に入ってきました。
ワイワイと楽しそうにしています。
内心うらやましいなーーーと思いながらも、かなり鬱陶しい。
そうです、前から入っているサーファーにとっては、新参者でしかも多人数で入ってきたサーファーは、かなり迷惑なのです。
ゆっくりした時間を過ごしているところに、他人の迷惑も顧みず土足で踏み込んでくる輩は、ただの邪魔者です。
人数を分けて入ってくるか、ポイントをずらして人がいない所とか、時間をずらすとかして、前から入っているサーファーの邪魔にならないように注意してほしいですね。
僕は、そういったルールを守らない輩には容赦しません。
来る波来る波を全て譲らずに乗ってやりました。
心が狭いと思われるでしょうが、最低限のルールぐらい守ってサーフトリップに来て欲しいからあえてしています。
僕が日本人だからまだいいのですが、これがローカルサーファーだったら、どう思うでしょうか???
良く考えて他人の迷惑にならないように楽しくサーフィンしましょう。


平成20年09月16日
ムゥートォーッガティアム

もちろん今日もノーサーフです。
でも一応、波チェックに出かけました。
今日の波は、チョッピーコンディションです。
ちょうどハイタイド時だったのでかなり割れずらそうな波でした。
サイズは、セットで腹ぐらいです。
ロータイド時はいい感じに割れそうです。
が、俺はノーサーフデーです。
最近の俺のお気に入りのタイメシは、「ムゥートォーッガティアム」。
常夏屋のオーナーに教えてもらった言い方です。
細かく切った豚肉をにんにくで炒め、ご飯に載せただけのシンプルな料理です。
お好みで目玉焼きをトッピング。
これがなかなかいけてる料理でして、ほぼ毎日これを食ってます。
さて、夜飯は何を食べようかな???


平成20年09月15日
プーケット島観光

今日も擦り傷の影響でサーフィンはお休みです。
午前中は、宿でぼーーーっと過ごしてましたが、これではダメだと思い、プーケット観光に出かけました。
といってもバイクでのプチツーリングです。
前にプーケットに来た際も訪れたのですが、プーケット島の南にある岬に出かけました。
山の高台に展望台がありプーケットの素晴らしい景色を堪能できます。
更に南に下り、最南端にあるサーフィンポイントのナイハンビーチに行きました。
今日もサイズダウンのプーケット島なので、ナイハンビーチでもサイズはセット腿ぐらいの厳しいコンディションです。
更に南へ下り、最南端にある岬に行きました。
これも山の高台に展望台がありプーケット島の海を堪能できます。
さらにモニュメントもあり、英語とタイ語で書かれていたため詳細は分かりませんが、タイのなんとかと言う人がプーケット島を発見して・・・、みたいな事が書かれてありました。
バイクを走らせながら、サーフィンが出来そうな場所を探したんですが、ナイハンビーチ以外は、難しそうです。
ビーチ名が分かりませんでしたが、唯一、波が爆裂したときにのみサーフィンが出来そうな場所を一箇所発見しました。
波が爆裂したら訪れたいと思います。


平成20年09月14日
やっぱり気になる波情報

今日は、とりあえずサーフィンはお休みです。
前の日記でも書いたとおり、バイクで転倒して擦り傷だらけだからです。
でも、やっぱり波情報が気になります。
どうせ入れないんだから、波情報を知ったところでどうしようもないんですが、それでも気になる。
馬鹿サーファーですね。
どうせ海にも入れないんだから、プーケット島の北部まで波情報を仕入れに行こうと考えました。
まず、いつも入っているカタビーチへ行くと、昨日までの頭前後ある波がまるっきり姿を消していました。
一気にサイズダウンが進んだようです。
カタビーチでこのサイズだと、北部のほうもたかだ知れてるわけですが、初志貫徹することにしました。
北へ向けてバイクを走らせること約三十分、目的のリーフポイントへ到着しました。
ほぼ波が無い状態でノーサーフです。
日本人サーファーの話によると、カタビーチでも最高の波の日だった十日が最高に良かったそうです。
やっぱり無風でセット頭前後の時が良さげですね。
更に北部へバイクを走らせ、ビーチのポイントを見て回りましたが、どこもしょぼしょぼでした。
やはりサイズが足りないようです。
サイズが小さい時は、カタビーチが一番マシそうです。
サイズアップすると北部のビーチポイントのほうがまとまりがあるのかな???
機会があれば、それぞれのポイントでサーフィンしたいですね。
予断ですが、プーケットにサーフトリップに来られる方にお願いがあります。
是非、ワックスを持ってきていただきたい。
それも、スティッキーバンプスのトロピカルを。
無理なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願いいたします。
受け渡し方法は、僕はほとんどカタビーチに入ってます。
見た目は、ビラボンの薄い茶色の長袖タッパを来た坊主頭が俺です。
見た目の黒さや顔などはタイ人に見えますが・・・。
プーケットにサーフトリップに来られる際には、是非ワックスをお願いします。


平成20年09月14日
PHARMACY

タイトルの綴りは、多分こうだろうと思って書きましたので、間違ってても指摘しないでね。
昨日のバイク転倒から一夜明けました。
もちろん治るわけも無く、日本から持ってきた治療薬を塗って治そうと思ってました。
が、消毒液は一年前に期限切れ、化膿止めは二年前に期限切れ。
つたない記憶を辿れば、確か前にプーケットに来たときもこの治療セットを持ってきたような・・・。
そりゃーーー期限切れになるのは当たり前ですよ。
なので、治療薬を買いに薬屋に行きました。
看板を頼りにバイクを走らせること数分で薬屋に到着。
店内に入り、治療薬を物色したんですが、なんせタイ語はもちろん、英語も出来ないもんですから、何を書いるのかさっぱり分からない。
そうこうしている内に店員がタイ語で話しかけてきました。
傷を見せるとバンドエイドを提示してきたので、クリームを塗る動作をすると、治療薬を提示してくれました。
レジでお金を払おうとすると、なにやら英語で言ってきます。
多分、治療薬を塗る前に消毒しないといけないが、消毒薬は持っているのか?と。
持ってないと言うと、消毒薬+コットンを持ってきました。
更に、ウォータープルーフのバンドエイドがあるが、いらないのか?
ばい菌を殺す飲み薬があるが、買うか?と立て続けにセールストークを畳み掛けてきます。
飲み薬以外は、全て買いました。
しめて1500円。
んーーー微妙な値段です。
宿に戻り、先ほど購入した治療薬を使いながら気がついたのですが、若干体がおかしいような。
俺はアレルギー持ちなので食べないほうがいい食品を口にすると、寒気というか痙攣というか・・・口で言い表せないなんともいえない感覚を覚えます。
その時の症状がたまに出るんですよ。
もしかして、破傷風???
まさかねーーー。
飲み薬も買ったらよかったよ。


平成20年09月13日
波も悪けりゃ・・・

朝から体がかなりだるい。
連日のそこそこの大きな波のおかげで、体が悲鳴を上げています。
重たい体をようやく動かせる状態になったので、目が覚めてから二時間後の朝の八時。
恒例の波チェックです。
潮が上げ過ぎていてイマイチです。
とりあえず朝飯を食うためにレストランに入りました。
入って数分で強烈な雨と風に襲われました。
この雨と風のおかげで今日の気分は一気にブルーに。
小雨になったのを見計らい宿に戻りました。
海にいく気にもならずパソコンでゲームをしているといつの間にか昼過ぎです。
外を見やるとなかなかの快晴です。
これは海に行かないともったいないですよね。
という事で、海に向かいました。
サイズはセット頭半、オンショアのチョッピーコンディションです。
二本ほどデカ波に乗れたぐらいであとはしょぼしょぼ。
ダメですねーーー。
早々に切り上げて買い物に行くことにしました。
用意をしバイクを走らせていると、急に犬に追いかけられました。
この犬がものすごいスピードで追いかけてくるもんだから、俺もバイクをフルスロットルで振り切ろうと躍起になってしまいました。
気づいたらカーブに差し掛かり、対向車線にはバイクと車です。
スピードが出ているもんだから曲がりきれずに転倒してしまいました。
いやーーーあんなに派手に転んだのは初めてです。
おかげで左足、左腕が擦り傷だらけになりました。
という事で当分の間は海に行けそうにありません。
サーフトリップに来て、怪我で海に入れないなんて、なんとも情けない話ですわ。


平成20年09月12日
プーケット最高ーーー

本日は晴天なり。
これぞ南国というような透き通るブルーの空が広がりました。
サイズはセット頭ぐらいでほぼ無風状態。
ナイスなコンディションです。
朝の八時から昼飯休憩小一時間を挟み夕方の六時まで海に入ってました。
今日は風が無かったこともあり、面が綺麗かったです。
いいライディングも数本あったのでご機嫌さんです。
という事で夕食は、いつものタイ食堂ではなく、ちょっとしたレストランに行きました。
久しぶりにピザとか洋食を食いたかったしね。
まぁ、そこそこ美味かったし、値段もビール+ピザで1000円ぐらいで手頃な値段でした。
次は、ステーキを食いたいと思います。
やっぱりガッツリと肉系を食して、パワーを手に入れプーケットサーフトリップを乗り切ります。


平成20年09月11日
今日こそはガッツリサーフィンしてやるぞーーー

昨日がダメダメだったので、今日こそはガッツリサーフィンをしてやろうと考えました。
朝から日課になりつつある波チェックに出かけました。
そして、日課になりつつあるビーチでの散歩をしながら波の状況を確認です。
良くは無いが悪くも無い感じです。
早速着替えて入水です。
朝の七時半から昼の十二時ぐらいまで入ってました。
足腰がヘロヘロです。
朝飯を食わずにサーフィンをしたのでお腹がペコペコなので昼飯はガッツリ食ってやりました。
案の定、お腹がパンパンになり、若干気持ち悪いです。
昼から再度波チェックに出かけましたが、イマイチな感じです。
それでも、何本かはそれなりなライディングが出来たので、そこそこ満足です。
若干サイズが大きいのとインサイドダンパーが気になりますが、最近のプーケット島は満喫サーフィンの日が多いです。
さて、この波がどこまで続くでしょうか???
夕方の状況だと明日はまだまだサイズが残りそうですが、風が弱くなってきている気がするので、そろそろ波も落ち着いてきそうな予感です。
とりあえず明日もガッツリサーフィンしてやります。


平成20年09月10日
今日はダメダメな一日

朝一で波チェックをすると、イマイチな波のようです。
まぁ、入ってみないことには判断出来ないので、とりあえず入水しました。
やっぱり見た目通りダメダメです。
早々に切り上げ飯休憩などで時間を過ごし、再び波チェックに行きました。
朝と変わらずダメそうです。
でも、入ってみないとなんとも言えないので、入水です。
期待を裏切らないまるでダメなサーフィンでした。
それにしても、雨模様が六日間も続いています。
気分が萎えますわ。
やっぱり快晴の元でサーフィンがしたいね。
まぁ、明日も雨だろうけど・・・。


平成20年09月09日
やっぱり海に入らないとサーフィンは語れない

分かっている事だけど、海に入って実際にサーフィンをしてみないと波の状況は語れない。
波チェックだけじゃなんとも判断のしようがない。
今朝は曇り空模様です。
なんだかどんよりした天気だったので、朝からゲームをしてしまいました。
いいところで急に停電です。
しょうがないから波チェックに行こうとすると宿の主人に午後の五時まで停電だからと言われました。
分かってるんだったら先に言ってよ。
波チェックをすると、良くは無い。
なんとかかんとかサーフィンの形は保てそうだったので、海に入ることにしました。
入水後、一本目でなかなかの波をキャッチ出来ました。
いやーーー入ってみないと分からないもんですね。
若干ダンパー気味の波ですが、そこそこのライディングが出来たので、満足です。
上がりの一本は、なかなかの出来でした。
いやーーー満喫です。
天気も回復してきたので、明日から雨模様という事を聞いたので、買出し&カオマンガイを食いに行きました。
カオマンガイ(蒸し鶏ご飯)、最高に美味いです。
100円で満足できるなんて、なんて安上がりなんでしょうか???
レジでお金を払ったときに従業員がしきりに俺の顔見ながら笑ってます。
毎度の事なので慣れてますが、タイ語が分からないのでなんとも言えませんが、多分、「タイ人みたいな顔をしていたのに日本人だよーーー、ワハハ」ってことなんでしょうね。
慣れっこですから、どうでもいいんですが。
そんだけ大笑いしたんだったら、ちょっとぐらいまけてくれてもいいのにね。


平成20年09月08日
これぞサーフィンですよ

あまり期待せずに朝から波チェックに出かけました。
朝の日課ですな。
ビーチに着いてビックリ。
やって来ましたビックサイズの波が。
セットで頭ぐらいですね。
お世辞にもいい波とは言えませんが、今までがかなりのスモールサイズだったので、ビックウェーブの到来にテンションマックスです。
ですが、ここはちょっと待てとばかりにゆっくり飯を食いつつ、柔軟体操をしつつ、海に出動しました。
やはりいい波ではないが、十分サーフィンが出来る状況です。
朝より若干サイズアップのセット頭半ぐらい。
久しぶりの晴天に気持ちもノリノリです。
がーーーサーフィンを満喫していた時にやってきたのが強烈な風と雨。
なんかいつものパターンになりつつあります。
気分も滅入るので速攻で海から上がりました。
夕方から同じ所で入ったのですが、朝より若干サイズダウン。
が、たまのセットは頭以上です。
そこそこの波でしたが、オンショアで面はイマイチです。
ただ、たまのセットの形のいい波をライディングできたので、かなり満足しました。
さて、明日の波はどんなんかなーーー。


平成20年09月07日
サーフィンツアーのお手伝い

試合に負けたし、カタビーチは大会が続いてるし、という事で常夏屋のサーフィンツアーのお手伝いをする事にしました。
お手伝いといっても出来ることといったらしれてまして、車の運転とサーフィンツアーのお客様のサポート。
サポートといっても何をしたら良いのか分からず、カレントに気をつける事など安全に配慮する事ぐらいかな。
ただ、なんと言っても車の運転が一番の苦痛でした。
慣れない海外での運転でしかもミッション。
エンストしまくりでした。
さて、サーフィンツアーはと言いますと、プーケット島の北部のリーフとビーチを波チェックしましたが、リーフはサイズが足りず、ビーチはサイズは小さいですが、面が綺麗だったので、とりあえず一ラウンド目はビーチに入りました。
しかし、入って小一時間ぐらいしてから強烈なオンショアと豪雨で目を開けれない状態になり波をまともに見る事が出来なくなりました。
んーーーバットコンディションですねーーー。
昼飯休憩を挟み、午後からはカタビーチ+カタノイビーチを波チェック。
やはりサイズが足らずなので、カタビーチで入水しました。
サイズが小さいのでイマイチですね。
サーフィン大会が始まってからのプーケットサーフィンシーンは、非常にバットコンディションです。
予定では、今日で大会が終わるので、明日からに期待したいですね。


平成20年09月06日
プーケットカタビーチサーフィン大会二日目

サーフィン大会には縁が無いと思ってました。
朝起きて、とりあえず波チェックに行くと、常夏屋のスタッフに出会いました。
話していると俺がホテルに帰った直後に中止が決まったそうです。
という事は、まだ大会に参加できるということです。
俄然テンションが上がってきました。
波チェックをすると、昨日より若干サイズアップですが、まだまだ小波です。
普通なら海に入らないのですが、大会前ということもあり、速攻で着替えて海に入りました。
大会は午前十時から昨日の続きからスタートです。
ロングの残り試合を消化し、ショートボードのスタートです。
俺は四試合目の出場です。
波は、潮が上げてきた影響で割れづらい感じです。
結果は、一コケでした。
いやーーー俺の下手さが露呈してしまいましたね。
日本での練習不足もありますが、やはり実力不足でした。
これを糧に精進します。


平成20年09月05日
大会初日は豪雨とともに幕開け

今日から始まるプーケット島最大のサーフィンコンテスト「カタビーチサーフィンコンテスト」は、豪雨とともに幕開けしました。
二回目となるサーフィン大会をかなり楽しみにしてたんですが、雨+サイズなしでテンションが盛り上がりません。
最初は、ロングボードの試合をこなしていたんですが、最後のヒートで豪雨のため、一旦中断しました。
プーケットにおいても珍しいぐらいの豪雨だったようです。
テントの下で待機していたんですが、強烈な横風で体温を奪われました。
なので、試合に出る前にホテルに戻ってきました。
こうして俺の大会記録は不参加という名誉???なものとなりました。
かなり楽しみにしていただけに残念ですね。
思い起こすと俺が始めて出場したサーフィン大会も強烈なチョッピーコンディションでした。
つくづくサーフィン大会に縁がないんだろうなと思います。
というよりプーケットに縁がないのか???


平成20年09月04日
明日は大会だと言うのに・・・

明日から大会が始まるので、がっつり練習したい所ですが、今日は今までで一番波のサイズがなく、ショートには無理なコンディションでした。
常夏屋スタッフ曰く、今日の夜ぐらいからウネリが入り出すらしく、このウネリがなんとか夕方に入らないかなーーーと一縷の望みを胸に波チェックを夕方までしてたんですが、オンショアが強くなるだけで波のサイズは、ヒザ止まり。
大会初日には、腰腹ぐらいのコンディションらしいのでなんとか波乗りが出来そうです。
いやーーーテンションが上がってきました。
二回目の大会です、なんとか上位に入れるように頑張ります。


平成20年09月03日
やっぱりサーフィンでしょ

ニート生活に入る予定だったのですが、やっぱり海が気になります。
強烈な雨模様から一転、かなりの晴天です。
とりあえず、波チェックに行きました。
なんとか入れそうな感じです。
一応サーフィンは出来ましたが、出来ただけで満足には程遠いですね。
予想通り昨日よりサイズダウンです。
なので昼からは、ドライブ(バイク)することにしました。
最初は、昨日の夜に訪れたスーパーマーケットに行って、食材などを調達しようとバイクを走らせました。
四年前の記憶と昨日の記憶を頼りにバイクを運転しましたが、行けども行けども目的地に着きません。
うろ覚えの記憶ほどたちの悪いものはないですね。
結局、スーパーマーケットには行けませんでした。
初っ端から躓いたせいかドライブする気にもならず、再び海へ波チェックに行きました。
カタノイビーチをチェックするとかなりいい感じで波が割れています。
速攻でホテルに戻り用意をし、波乗りへと向かいました。
そこそこいい波にもありつけたので、それなりに満足しました。
明日の夕方からようやくサイズアップの予想です。
そして大会へ突入です。
大会の最終日には、マックス頭ぐらいのサイズになりそうです。
そこまで残れたらいいのですが、まぁ、無理でしょうね。
サーフトリップには、かなり行っている俺ですが、波乗りの腕前はイマイチ、イマニ・・・。
とりあえず、頑張ります。


平成20年09月03日
朝から雨模様のプーケット島です

昨日の夜にプーケットタウンのスーパーに行く道中で、さすがは「雨季」と思わせるほどの強烈な雨が降りました。
予断ですが、最近の日本の豪雨のほうが強烈です。
日本にも雨季が発生するのかな???
さておき、昨日の雨が今朝も続いています。
強烈ではないですが、雨模様です。
早朝に波チェックをしましたが、昨日よりも更にサイズダウンしている感じです。
雨+サイズ無し・・・これじゃー海に入る気にならないですよね。
ということで、今日一日は日本と同様にニート生活に入る予定です。
とこんな事を書いていたら、強烈な雨が降ってきました。
海に入らなくて正解です。


平成20年09月02日
プーケットサーフィン二日目

昨日が小振りのサイズの底だと思ってたんですが、今日のほうが一段とサイズダウンです。
セットでモモぐらいかな?
まぁ、乗るにはかなり力強いパドリングが必要です。
ショートには物足りなくても、ロングにとっては、いい波だったに違いない。
朝一と夕方に入りましたが、どちらとも良く無かったです。
カタビーチでの大会が五日から開催されますが、それまでにスウェルの入る可能性は低いです。
現地在住日本人サーファーによると、六日ぐらいからスウェルが入りだし、いい感じになるんじゃないかなーーーと言うことです。
プーケットに着いてから、いい波とサイズのある波を当てて無いので、そろそろお願いしたいですね。


平成20年09月01日
プーケットサーフィン初日

一日送れた分を取り戻そうと、早朝に目を覚ましたました。
起きて即行で波チェックです。
カタビーチ、カタノイビーチをチェックしましたが、どちらもサイズが小ぶりです。
とりあえず、腹ごしらえをしてから、カタビーチで入水しました。
よくはないです。
かなりのインサイドダンパーです。
かなり長い時間を海に入ってましたが、最後の方に数本、この波にしては合格点を挙げれるような波乗りが出来ました。
夕方もカタビーチで入りましたが、更にサイズダウンでヒザ腰のインサイドダンパー。
ダメですねーーー。
明日に期待です。


サーフィンゲート > 日記 > プーケットサーフィン旅行記