島根」カテゴリーアーカイブ

夕焼けに染まるプーケットの海

2018年秋サーフトリップ 36日目から39日目まで

スーパー台風で爆裂した次の日の朝一は、木崎浜からスタート。
素晴らしい波。綺麗なウネリがビーチに押し寄せてる。いい場所を選んで、選んで、選んで。。。でも、イマイチ、いい場所が見つからない。見る目が無いのか?見たとおりイマイチなのか?でも、ウネリは綺麗に入ってきてるのです。

とりあえず、入水。
してみたが、見た目通りイマイチ。タルイ波で、テイクオフが進まない。綺麗なウネリだけに、「なんだよ~」と心の中で叫んでしまう。
4時間ほど入っていたが、ウネリの割には、いい波に出会えなかった。地形が悪いのか?ウネリの向きが悪いのか?ただ単に力量不足なのか???

北上してみる。北上しながら、波チェック。どこもイマイチ。でも、ウネリは綺麗に入ってきてる。
結局、オクラが浜に戻ってきてしまった。
お倉が浜も素晴らしいウネリが入ってきてる。でも、ダンパーで厳しいみたい。もちろん、入水。
入ってしばらくは、ダンパーで早い波だったけど、1時間ほどでいい波が割れだした。特にレフトの波がよく、かなり形のいい波が割れてる。やっぱり、お倉が浜はいい波だ。

迷ったが、ココで宮崎を離れることに。日本海にウネリが入ってきてる。島根と鳥取で波乗りが出来そうなコンディション。これを逃すといつ帰れるかわからない。ということで、サーフトリップ終了が見えてきた。

朝一、朝二は、お倉が浜で入水。
最終日にして、イマイチなお倉が浜の波に出会ってしまった。タルイし、風が入ってるし、おまけに前乗りが標準のサーファーがいるし。そのおかげで、心残りなく宮崎を離れることが出来る。

昼ごろに島根に到着。北西風が強めに吹いていたので交わすポイント「石見津田」。駅の近く。
サーファーは、5人ほど入水。でも、ほとんど乗れてない。テイクオフのみ。後はダラダラの厳しそうな波。

他も見たけど。どこもイマイチ。

方針を転換して、観光してみた。出雲大社。何度も前を通ったことはあったけど、行ったのは初めて。縁結びが有名すぎて、足が向かなかった。
何が凄かったって、参道に植えられてる杉の木の大きさに驚かされた。建物は、お金があれば立派なものを建てることはできるけど、立派な木に育てることは、長い年月と手入れが必要で、それに目を奪われました。

素晴らしい

本殿の式年遷宮が去年?一昨年?に終わって、後はモロモロの入用があるようで、寄進しようと受付所に行きました。そこは、お守りも販売しているところで、先客がお守りを買っている。「交通安全を2つ、事業繁栄を3つ、いや、4つ、それから、、、、、、」。どれだけ買うんだよ。それ以前に紙に書いて渡せよ。受付の人も対応しづらいだろ。10分ほど待たされたところで、ギブアップ。お賽銭にその分のお金を入れておきました。

久しぶりに気づいていない馬鹿を見たぜ。

朝一は鳥取で。風がオフ予想だったので、日の出からポイントチェック。

その前に、東郷温泉によって、温泉卵を作りました。前日に卵はゲット済み。80度の温泉に25分ほどで出来上がり。殻を割ると、半熟~もちろん、まいぅ~何もつけなくてもそのままでパクリ。一日で消費しました。食べすぎ???

波チェックしたけど、どこもイマイチ。波がまとまっていない。それでも、風がオフの朝一に入っておかないと。と、まだマシかな?という「船磯」で。
入ってしばらくしてから波がまとまり出し。サイズも、セット胸肩ぐらい。いい感じのウネリは入ってきますが、かなり早いダンパーな波。砂が一か所で溜まっていて。そこで、ドカンと割れちゃう。食らいたくない感じの溜まり方。
それでも、選べばいい波が。
昼にも入水。同じようなコンディションで。日本海にしては遊べたほうかな。

これにて、

2018年秋サーフトリップ終了

無事に帰還

ありがとうございました。