日別アーカイブ: 2019年7月18日

梅雨の宮崎でサーフィン三昧!

梅雨時は波が無い、なんて誰が言ったのか?
経験的に波が無いのは事実。でも、miyazakiならあるんじゃ無いの?ということでやってきました。miyazakiへ。

ありました。結果的には。あるにはあるけど、今年はたまたまだったようで。現在、滞在、二週間ほどですが、ほぼ毎日のように波乗りができてます。来てよかった。

地元、サーフショップ「オンザビーチ」の店長の話だと、「梅雨時は波が無いけど、今年はあるね。例年は波がないけど、風が合う」だそうです。

今年は、波があって、風も合う、なので最高なサーフトリップ。ラッキー。

意外だったのが、サーファーの多さ。滞在が「民宿金が浜」なので、入る海もメインは、金が浜。毎年のように秋に来ているけど、朝一などサーファーがほとんど居ない金が浜。なのに、梅雨時の金が浜は朝一から微妙に混雑。15人ほど。これぐらいで混雑というのだから、いつもの宮崎はすいている証拠。

朝一は風がほとんど吹かないので面が綺麗。昼にオンショアが吹き始め、面が荒れるけど、贅沢を言わなければ問題なし。夕方は、5時過ぎ頃から風がやんできて、6時半頃にほぼ無風に。朝一と夕方が風が合うのだけど、夕方の金が浜はローカルが多い。本当に多い。秋に海に入ってても、これだけの多さのローカルとみたことが無かったので、ちょっとビックリ。海水温が影響しているのか?
これだけローカルが多いと、全くといっていいほど、波は余ってない。特に、南側はローカルポイントと言ってもいいぐらい。昨日は、20人ほどのローカルが入ってて。多かったぁ~。
日没まで粘って、ローカルが上がってから何本かいただいたけど、これだと、日没前に海に入ったらよかったよ。

梅雨時の宮崎のサーフトリップ。今回が初めてだったけど。次回もあるかと言えば、無しだね。サーファーが多いし、雨が多いし。やっぱり来るなら、秋の台風シーズンだね。サーファーも少ないだろうし、いろんなポイントで入れるし。

でも、波がよかったら、その時は。。。

波高0.6でも、潮回りによってはサイズのある金が浜