日別アーカイブ: 2018年12月8日

捨てたいけど捨てれない!不要パソコンの処分の方法!

ゴミはゴミ箱へ。と簡単に言うが、捨てることが出来ないものもある。その代表例が

家電

ゴミ集積所にもっていこうものなら、地域住民からの苦情に合うのは確実で村八分、もちろん、ゴミ収集車さんも持って帰ってくれない。
手っ取り早いのは、地域を巡回している「回収業者」

怪しい

聞いた話だと、回収業者に家電を引き取ってもらおうと、車を呼びとめて、車に積んだら、法外な料金を請求された、と聞いた。回収業者は巡回しながら

「無料でお引き取りします」

と、謳ってたはずだけど。よくよく聞いてみると、回収は無料だけど、「作業料は別」だとか。お金がかかるなら断ると、今度は「家電を降ろすのにお金がかかる」、と。
すべてが全部、こんな悪徳業者ばかりではないだろうけど。近寄らないほうが賢明。

日本経済新聞の一面に

パソコンを無料で回収します。全国の自治体と提携

と、デカデカと宣伝文句が並べられていた。でも、なんだか怪しい。調べてみると

全く問題なし

回収しているのは、上場企業の子会社で。親会社はリサイクル業者。かなりの大手。これは、安心できる。しかも、全国の自治体と提携しているので、会社も保証されてる。100%、安全か?というと、そこまでは言い切れないが、地域を車で巡回している回収業者と比べると

100倍マシ

回収してもらうのは

パソコン
タブレット
携帯電話
ビデオデッキ
各種ケーブル
リモコン

下記へ飛んで

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

申し込みボタンをクリック

最初に郵便番号を入力。もし、回収できない場合は、ココで判定されます。

必要項目を入力。入力はそんなに難しくない。
パソコン ○点
携帯 ○点
その他家電 ○点
を入力し、個人情報を入力すればオッケー。

所要時間は5分もかからない。

ただし、ここで考えるべきは、パソコン内のデータをどうするか?

消去してもらう(3000円/1台)
自分で消去する(無料)
データをバックアップ&消去してもらう(15800円/1台)

ここで金がかかるんかぃ~

でも、大丈夫。自分で消去すればいいのだ。もしくは、重要なデータなんて何もないからそのままでいいぞ。という方は、自分で消去を選ぼう。

個人情報を入力して、サイト下部の次へをクリック。

料金の確認をして、サイト下部の「申し込み」をクリック。

後は、段ボールに不要家電を詰めるだけ。
大きさは3辺140cm以内、重さが20kg未満。

下記に詳しく掲載されています

DESTROYでシステムディスク(OSのHDD)内のデータを完全消去する方法

同じやり方で1時間半かかりました。

ちなみに、回収してもらおうと思っていたパソコンが2台ありました。1台はデスクトップ、1台はノートパソコン。どちらもかなりの年代物。使わなくなって10年ほど経過。かなりの旧盤です。
デスクトップを起動させて、ドライブを開こうと思ったけど、開かない。これでは、データの消去ができない。ノートパソコンは、無事に消去が完了。

パソコンのデータ消去ソフト「destroy」での終了画面

やってみましたが、かなり簡単でした。たとえ、間違っていたとしても、何度もやってみたらいいのだ。時間はかかるけど。

パソコンの回収を頼んでみたが、頼む自体は5分ほど。ただ、データの消去に時間が1時間半ほどかかる。

料金は、管理人の場合は、

無料

でした。お住まいの地域によっては料金が発生する可能性があります。申し込み画面に記載されますので、ご確認ください。

不要家電を入れる段ボールが無い場合は、購入することも可能です。

家電でも、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどは回収してもらえません。そもそも、これらの家電は20kg以上でしょうしね。

無料で回収してもらえる段ボールの大きさは、3辺140cm以内、重さは、20kg未満です。段ボールが二個になる場合は、有料で回収してもらえます。

そろそろ大掃除の季節。不要になって、倉庫やタンス、押し入れに眠っている、家電やケーブル類などがあったら、早めに処分して大掃除の手間を無くす。