| 初回投稿日:2017年12月11日 |
夕焼けに染まるプーケットの海

マリンドエアーのサーフボードチャージについて

次のサーフトリップについて調べ物

マリンドエアーと聞いて「ピン」と来た方は、海外へ何度かサーフトリップをしたことがある経験者だと思う。
おもに東南アジアの航路を持っている格安航空会社。日本でいえばバニラエアあたり?エアドゥ?後者が妥当かな。
路線はそんなに持っておらず、東南アジアの格安航空会社「エアアジア」には当分は勝てそうにない。3番手あたり?かな。

それでも、コアな路線を持っていたりして、サーファーにとってはありがたい航空会社。

サーファーが海外サーフトリップするさいに必要になる情報にサーフボードチャージに有無がある。また、サーフボードを載せることができるのかという情報も必要だ。その調べ物。

結論

機材によって乗せることができる。
ボーイングなら乗せることができるが、小さな「ATR」だと乗せることができない。32kgまで。サイズは277cmまで。乗せる料金は有料。1個につき65リンギット。約2000円。

ところで、「ATR」ってなんだ???聞いたことが無い。プロペラ機か?相当にコアな路線だろうな。50人乗りとか。。。

とりあえず、路線によっては乗せることができるみたいで一安心だ。