初心者でもわかるようにサーフィン用語について解説します
最短でサーフィン初心者が上達する方法を教えます!サーフボード、サーフィン用品用語を知ること、波を見る目、イメージトレーニング、パドル、テイクオフ、ドルフィンスルー、アップスの9ステップで教えます。
最短でサーフィン初心者が上達する方法 > 初心者はサーフィン用語を覚えよう
パドル(パドリング) | テイクオフ | ウェットスーツ | リーシュコード | ピーク
パドル(パドリング)

パドルは、パドリングとも呼ばれている、サーフィンの動作の一種ですが、めちゃくちゃ重要です。
動作としては、水泳のクロールと一緒です。クロールをサーフボードの上で行うと「パドル」となります。
なんだ簡単じゃん。思った、あなた、、、本当に簡単でしょうか?
結論から申しますと、ひじょ〜〜〜に簡単です。ただし、一言付け加えるとするなら、「慣れればね」。
そうです、慣れれば簡単なパドルですが、初心者だと、これが難しいんです。
まず、不慣れなサーフボードの上に体を預けないといけない。これからして難しい。
初心者だと、サーフボードに乗った瞬間にフラフラしてしまいます。バランスを上手く保てないんですね。でも、これも慣れです。サーフボードによって重心は変わってきますので、上手い具合にバランスが取れる場所はどこかな???と探していると、いつの間にか安定するようになります。
ある程度サーフボードが安定したら、次にパドルの動作に入りますが・・・この続きは違うページで丁寧に解説します。


テイクオフ

初心者サーファーからのサーフィンの質問で圧倒的に多いのが、「テイクオフ」です。
テイクオフとは、サーフボードの上に立って、波乗りをスタートする動作です。
これが出来ないとサーフィンが始まらない。
テイクオフについては、別ページで詳細に解説していきます。


ウェットスーツ

日本で波乗りするときに必要なサーフィン用の洋服です。洋服が無いと裸で波乗りする羽目になります。さすがに、それは無謀というか法に触れそうです。
海水の温度や、風の有無や強弱などによって、洋服の選択をします。ウェットスーツの選択です。夏なら海水温も高くて温かいので薄着でいいわけです。地域にもよりますが、ウェットスーツではなく、海水パンツのみでも可能です。ですが、寒がりな方は、海水パンツだけでは、寒すぎて海から逃げ出したくなります。そういう方は、半袖の洋服を着ます。ウェットスーツの半袖は、上半身と下半身が半袖短パンが繋がってる洋服。オーバーオールみたいな。


リーシュコード

サーフボードと身体をつなぐ命綱。これなくて海に入ってはいけません。ルール違反です。特に、初心者の方は、これを徹底してください。守れない方は、サーフィンをすぐに止めるように。

リーシュコードに関する、さらに詳しい情報は
リーシュコードとはにて、記載しています。


ピーク

定義は難しいのですが、
波が一番よく割れる場所のこと。そして、ピークに一番近いサーファーが、波に乗れるというルールがあります。これが、波に乗るときに最も守らなければならないルールです。一つの波に乗れるのは、一人のサーファーだけです。そして、ピークに一番近いサーファーがその波に乗れるのです。これは、ルールです。覚えておきましょう。


次のコンテンツはサーフィンは海で遊ぶスポーツだから海を知る