サーフィン初心者が最も習得が難しいのがテイクオフだろう。でも、コツさえつかめばテイクオフなんて簡単簡単。
最短でサーフィン初心者が上達する方法 > サーフィンの難関テイクオフのコツを大公開
テイクオフとは | テイクオフのコツ | テイクオフのコツをアニメで掴む | テイクオフの動作
テイクオフとは

テイクオフとは、サーフボードの上に立つ動作の事を指します。
これも慣れですが、まぁ〜〜〜なかなか慣れるまでは難しい。フラフラですよね。
安定しないサーフボードの上に立つんですから、難しいに決まってます。


テイクオフのコツ

サーフィン初心者には難しいテイクオフですが、これにはコツがあります。
それは、素早い動作です。
そんな事は分かってる、、、という声が聞こえてきそうですが、あえてもう一度言います。「素早い動作がテイクオフのコツ」です。
素早い動作が出来ないとテイクオフの成功は難しいです。
次の項目でテイクオフまでを順序立ててご説明します。


テイクオフのコツをアニメで掴む
沖から波がやってきました
沖から波がやってきてパドルを開始する初心者サーファー

沖から波がやってきたので、そろそろパドルを開始します。
サーフィン初心者は、十分余裕を持ってパドルを開始するようにしましょう。
と言うのも、初心者の間はパドルをしてもなかなか前に進まず、進んでもスピードが出るまで時間がかかるからです。
たまに中級者がパドルを開始してからパドルを始め出す初心者がいますが、あれは無駄です。
サーフィン初心者は、海を良く見てウネリが来る事を誰よりも早く気付きパドルを開始するようにしましょう。



沖から波がやってきました
パドルを早めに開始したのでスピードが出てます

海岸に近付いてきたウネリは、少しずつ大きくなってそろそろ割れそうです。
早めにパドルを開始したので少しだけ前に進み、スピードも少しだけついてますね。
あと一息です。



ウネリが割れそうです
ウネリが波へと変わりそうな雰囲気です

少しずつウネリの形が変わってきて、角度が鋭角になってきました。
そろそろ割れそうです。ここで一気にパドルを加速させたいところですが、サーフィン初心者には無理な話ですので、早めのパドル開始で対応しましょう。
後もう少しの辛抱です。



ハイ、ココです、ココでテイクオフです
ハイ、ココです、ココでテイクオフです

ウネリが近づいてきてサーフボードの下まで潜り込んできました。
まさにこの時です。この状態の時にサーフボードが「ススーーー」と動き出す瞬間が訪れます。
その時を見逃さず、「スタッ」と立ち上がるのです。
これで完璧にマスターですね。
後は、練習あるのみです。
音でいえば、「ススーーー」「スタッ」です。


テイクオフの動作

テイクオフの動作や仕方ですが。。。はっきり言って「これが正解」というのは無いのです。
サーファーによって違いますから。基本的な動作というのはありますが・・・テイクオフの要は、いかに早く立つかですから、人それぞれ違いがあります。
やりやすいようにテイクオフをしましょう。肝心なのは慣れると言うことです。
で、テイクオフのコツは、「素早く立つ」。これさえ忘れなければ、何の問題もありません。
テイクオフは難しいですが、ただ、どんなサーフィンの動作よりもありがたい点があります。
それは、陸上トレーニングで上達が可能だということです。
何も海の上で練習しなくても、陸上で暇な時にテイクオフのトレーニングをすればいいのですよ。こんなにありがたい事はない。
陸上トレーニングで「素早く立つ」練習をして、海での本番を迎えれば、すぐにテイクオフはマスター出来ます。
そして、「素早く立つ」と同時の思いだすべきなのが「ススーーー」「スタッ」です。


次のコンテンツはドルフィンスルーが出来て半人前