寒い日本で波乗りするか?暖かい南国へ脱出するか?
サーフィンゲート | サイトマップ | 用品用語

2016年11月の波乗り日記


台風シーズンも終わりかな
そろそろ冬支度が進みウェットもフルスーツが必要
寒さに弱い管理人は南国への脱出を考えています

ホーム | サーフトリップ情報 | 波情報検索 | 波乗り日記
サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 2016年11月の波乗り日記

2016年11月の日記

平成28年11月26日

いい波〜

サーファーが少ない海で満喫じゃ

鳥取の白兎で波写真

波が残るのか?と前日に不安になったが、波高予想を見ると朝は十分に波が残る感じ。しかも、オフショア。行くしかないでしょ。

土曜日はサーファーが多い鳥取ですが、今日は意外に少ない。波予想では波が残りそうになかったので、波がある四国へ行ったのだろう。波予想サイトしか見たいサーファーさん、予想は自分で立てないといい波に当たらないよ。ゲヘヘ〜

朝は、いろいろ見たが、泊で入水。サイズはかなり残っていて、セット胸。近い場所からのウネリだったのでバラけ気味。波数が多い。オフショアだけど、まだまとまってないね。
インサイド寄りの波は早くて面白い。ただ、ちょっと浅い場所があってゲットがハード。朝からお疲れ。

昼からは、朝に見ていい感じだったポイントへ。これが、ばっちり当たり。いい波〜ただ、カレントが強い。乗って戻ってくるのがかなりしんどい。みんな、はぁはぁ言いながら戻ってくる。おじさんサーファーには厳しいコンディション。でも、かなりいい波だからなんとか戻ってくる。
しかも、仲間の三人で貸切。こんなことは、混雑の少ない平日の鳥取といえど、なかなか無いこと。最高〜
最後は、太ももが笑うぐらいまで乗り倒して終了。いい波でした。そして、お疲れ。更に、波に感謝。


平成28年11月13日

北陸サーフトリップへ行ってきました

富山で初サーフィン

一日目
今回の北陸サーフトリップの目的は、能登半島の先っぽと富山での波乗り。ポイントの開拓が主目的。ついでにいい波に乗れれば万々歳。ってな感じで自宅を出発。
自宅を出るまでは、迷いに迷い。今年一番の寒気が迫っている北陸。雪が降るんじゃないか?波はあそこに入ってくるのか?

自宅を出て最初のサーフポイントは、高浜など福井の下のほう。距離的には近いところにあるし、高速なら1時間半ほどで来ることができます。ですが、入ったことはありません。サーファーが多いらしいので今まで遠慮してました。今回は、波が入ってきてません。なのでスルーをして、能登半島を目指して更に北上。

福井の三国ポイントはジャンク

越前海岸沿いは、晴れた日には最高に気持ちいい。今日はあいにくの曇り空。気分は半減。でも、海沿いの道路は走っていて飽きることがないので大好きです。
自宅から車を走らせること、7時間。福井の三国ポイントに到着。写真の通り荒れています。そんな中でサーファーを発見。波はいまいちですが、うまいこと乗っています。時間もすでに5時であたりは暗くなっているので入りませんでしたが。昼に着いてても入ってませんね。

粟津温泉源泉かけ流しの宿「かめたに」の浴槽

三国で波を見ていると急激に体が冷えてきた。明日はかなりの寒気が降りてくるらしい。その前触れか?
寒かったので温泉にでも入って体を温めたかった。楽天トラベルで近くの温泉旅館を探して宿泊。粟津温泉にある「源泉かけ流しの宿かめたに」。
施設や部屋などはどうでもよく、温泉、しかも源泉かけ流しに入れるのが決め手。素泊まりで安かったしね。
温泉は最高でした。24時間入れるみたいですね。

二日目
朝風呂に入って出発。目指すは、石川の滝ビーチ。のと里山街道のパーキングで海をチェック。真っ白でした。さすがに今年一番の寒気。風が強くて冷たい。車から降りるのが嫌になるほど。
滝ビーチをチェックしましたが、波数が多くてサイズも大きすぎ。端っこでロングボーダーが入ってましたが、入る意味はあるのか?まさに修行のような???

能登半島の先っぽで波乗り

場所は明かしませんが、能登半島の先っぽへ。当初からの目的地でもある場所に到着。車が数台ほど。
石川ナンバーの車にサーファーがいたのでお伺いを立てると「問題ないですよ」と。着替えてたら、空から小さな固い粒が落ちてくる。「氷あられ」というものらしい。海で波待ちしているときにも降ってきて、何気に痛い。風が強いのでそのせいでもある。パシパシパシ。
オフショアが強めに吹いてて面はきれい。きれいにウネリが入ってくるが、インサイドでドカンと割れる波が多い。小さな川があるので、雨の後など洲ができたときにはかなりいい波になるような気がする。
セットで肩ぐらい。腹胸サイズ。ファンサイズ。水温はまだ高めでドルフィンしてもまったく問題ない。
下はビーチ。完全な砂。
ココを目的にトリップに行くことはないだろうけど、トリップの流れでここへ来るのはありだな。サーファーも少ないしね。ただ、サーフショップの方の話では、「カレントが強烈で流されてもしらないよ。気違いしか入らない」と言われました。場所は明かしませんが。

和倉温泉のおくだやの浴槽

能登半島を南下して中間ぐらい?和倉温泉にある「おくだや」に宿泊。ココは源泉かけ流しのあるお宿。温泉好きしか泊ってはいけません。施設はかなりボロボロですから。
和倉温泉は、かなり塩辛い泉質です。効能はいいのですが、高温すぎで源泉で入れるところ数が限られています。高温なので温泉卵を作ることができます。街中には足湯や温泉卵を作る場所もあります。次に行く機会があれば、卵持参ですね。

三日目
朝起きて波情報をネットでチェック。とりあえず、石川のビーチをチェックに。波数が多くて入る気になりません。波を交わすところでこれなので他はチェックする必要なしだね。
今回の目的でもある富山を波チェックに。

富山の松太枝浜海水浴場の波

松太枝浜海水浴場。「まつだえはま」と呼びます。
誰も入っていない。セット、胸ぐらい。ドン深?きれいに入ってくるが、ワイドにドカンと割れてしまう。入っても消化不良だね。

岩瀬浜海水浴場へ。ココは、10名ほどのサーファーが入っていた。ただ、波はいまいち。きれいに入ってくるが、フェースはあるんですが、たるいのか?いまいち楽しそうじゃない。ということでパス。

さらに東へと移動するか?石川に戻るか?迷ったが、風が北東に変わっていて、波が落ち着いてシェープされているに違いない、と考えて石川に戻ることに。目指すは滝ビーチ。ココもまだ入ったことはない。この狙いが的中。めちゃくちゃいい波でした。
サーファー7人ほど少ない。サイズは、セット肩。テイクオフは掘れているが、そのあとは早い波ではなく、いい感じで続いていく。バリ島でいえば「トロトロ」のような波。まさにリーフのようにきれいな波でした。
サーフショップのオーナーの話では、朝からいい波だったそうです。今日の朝は、違うポイントをチェックして、滝ビーチはスルー。この決断が間違いでしたね。夕方にいい波をいただいたので結果オーライ???

滝ビーチの近くの宿へ。民宿 海遊舎。
素泊まり3000円で、近くにある「ユーフォリア千里浜」の入浴券がもらえるし、無料のコーヒーやお茶、紅茶など。お得感は半端ないですね。

羽咋市の「ぼうぼう」でタラの白子の酢の物

民宿 海遊舎から歩いて近くにあるサーフショップ「Zone Surf」さんがあります。ワックス購入のついでに、波情報をゲット。いろいろ教えていただけました。あざす〜
更に歩いて魚料理や「ぼうぼう」へ。隣で魚屋さんをしているのでネタが新鮮です。お刺身の盛り合わせに生ビール。定番でスタート。
ショーケースに並んでいたタラの白子がおいしそうだったので、酢の物で。他にも焼きと天ぷらができるようだ。これが、まじで旨い。これには日本酒だ。しかも燗で。石川の地酒「遊穂」の純米酒を熱燗で。これが抜群に合う。寒くなってきたこの季節には日本酒の燗が最高です。
羽咋市名物「イカ団子」とホタルイカの一夜干しを追加オーダー。ホタルイカは固形燃料で軽く炙っていただく。これも旨い。もちろん、日本酒にぴったり。明日の波乗りのために、ここらでストップ。

四日目
今日は、今回のトリップで一番波が良くなると予想していた日。ウキウキしながら海に到着しましたが、そこで待ち受けていたのは、セット腹ぐらいのダラダラでワイドで楽しくなさそうな波でした。ほんと、目が点になるとこはこのことだな。マジですか?信じられない〜
とりあえず、入りましたが、いまいち〜早々に上がりました。

トリップの締めはお土産タイム。富山の魚がほしかったので「道の駅氷見へ」。ついでに近くの松太枝浜海水浴場を波チェック。サーファーが数名。遊べなくはないので、初富山サーフィンを。
初めてなのでそれなりに満喫。ココは海がきれいなのがいい。波がなければもっときれいだろうね。

富山で波乗りした後に道の駅氷見でお買いもの。氷見ブリをゲット。ホタルイカの一夜干しも。
こうなれば欲しくなるのは日本酒。帰りの道中で酒屋を探すが見つからない。最後の手段はグーグルマップ。すると、近くに酒蔵が。それがなんと、「天狗舞」でおなじみの車多酒造。前から飲みたいとは思っていたが、こんな偶然。奇跡?純米酒を二本ゲット。正月用に取っておきたいけど、無理だろうな。

福井の三国海水浴場の夕日

さらに車を走らせ、南下して福井の三国に到着。案の定というか、当然というか、波はありませんでした。
更に南下して車を爆走させて自宅に到着したのが11時過ぎ。富山を出てから約10時間。約400km。なんせすべて一般道ですから。高速は寝てしまうから厳禁なんです。
今回もいい旅行で無事に健康体で帰ってくることができました。もろもろありがとうございました。次もいい旅行でありますよに。


平成28年11月4日

サイズ不足

夜中にでるのが億劫になるはずやで

車の温度表示が5度

家を出たらめちゃ寒い。車の温度計を見たら「5℃」って。そりゃ寒いはずですわ。もう冬ですなぁ〜そろそろ冬眠に入りそうです。

日本海を低気圧が通過。そのウネリを狙って鳥取へ。前回に良かった「泊」目当てで。ですが、サイズ不足でした。波高は同じぐらいなんですが、ウネリの強さが違うのかな。前回は遠くからの北東ウネリ、今回は近くからの北西うねり。波長なども関係しているのでしょうか。とりあえず、サイズ不足で断念。

良さそうだった「白兎」で一ラウンド。見た目よりパワフルな波。テイクオフが厳しく。割れずらく、そして一気に掘れる。油断してたら何回もパーリングしてしまった。かっこ悪〜〜〜
セット胸。見た目よりも張ってくる波。きれいに割れて遊べる波でした。

他も見たが昼からも白兎で入水。
サイズダウンながら遊べる波でした。たまのセット腹。
でも、波待ちが長くて寒かった〜ほんとうに冬が来たようです。そろそろ5mmかな?今年は3mmの活躍する期間が短すぎる。一気に冬に突入したイメージです。


平成28年11月1日

そろそろセミドライが必要か?

ウェットの衣替え

日曜日に鳥取で波乗り。最近の日本海は高気圧が張り出して北寄りのウネリが入りやすいようです。

さて、問題はウェットスーツ。10月末でセミドライはないよね???ということで、3mmジャージを選択。もしかして暑い?
そんな心配は無用でした。ちょうどいい。ちょっと動かないと寒いぐらい。冬の訪れを感じさせるような波乗りでした。

朝はウネリが大きくビーチはほぼクローズ。西部のリーフへ移動。鳥取の端?あたりをチョイス。セット胸ぐらい。風の影響もなく面はきれい。ただ、ウネリの向きなのか波が続かない。たるいセクションがあったり。また、日曜日だったのでサーファーで大渋滞。疲れますね〜

昼からはビーチへ移動。いろいろ見たが泊で手を打つ。見た目はたるそうだったが、入ってみるとなかなかいい波。テイクオフから張ってくる。ココはビーチですか?というぐらいきれいなウネリにきれいなフェース。今日もありがとうございました。

サーフィンゲート > サーフィン日記を掲載してます〜 > 2016年11月の波乗り日記